読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】北海道自治体学会シンポジウム『持続可能な地域社会の創造とは』 (5. 27 北海道)

■北海道自治体学会 2017年度政策シンポジウム
 『持続可能な地域社会の創造とは』

日時:2017年5月27日(土) 11:00~17:00
  ※総会 10:00~10:45(会員のみ)
  ※参加者交流会 17:30~19:30(要申込み)
場所:北海道大学 人文・社会科学総合研究教育棟
   W203号室
   札幌市北区北9条西7丁目
定員:200名
費用:1000円
   学生無料
   終了後の交流会は別途3500円
締切:5月10日(水)まで
   定員に達し次第締め切ります。
申込&詳細

jititai.net


<概要>
都市計画・環境計画の分野で、住民参加型・環境保全型のまちづくりに長年取り組んでこられた、福井県立大学学長の進士五十八先生から基調講演をいただくほか、分野別の分科会をとおして、持続可能な地域社会の創造にどのように取り組んで行くか、その方策について考えます。

<主なプログラム>
・11:00~12:00 研究会報告
 集落研究会、議会技術研究会、ジェンダー研究会が取り組む活動について
・12:50~14:30
 「(仮)農山漁村と都市の多面的共生と再生について」
 講師:進士五十八 氏(福井県立大学学長、自治体学会顧問)
・14:45~16:15 分科会
 3つのテーマの分科会で、議論を行います。
 1)農山漁村と都市との交流
 2)住民主導のコミュニティ再生
 3)住民が政策を作る道~条例制定とその後の展開~
・17:30~19:30 参加者交流会

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム』 

都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム

都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム

  • 作者: 原科幸彦,小泉秀樹,姥浦道生,村山顕人,片山健介,柴田裕希,多島良,松行美帆子,風見正三,村山武彦
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2015/06/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

原科幸彦・小泉秀樹 編著
総合的、長期的地域づくりの不可欠な手法

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】4.27@気仙沼『ポートランド・メイカーズ』著者・山崎満広さん講演会

まちづくり勉強会「ポートランドに学ぶ都市再生のヒント」
ポートランド・メイカーズ』著者・山崎満広さん登壇

━趣旨
気仙沼市では、復興事業の着実な進捗と合わせ、市民が各種活動に積極的に参画いただく「市民が主役のまちづくり」に取り組んでいます。昨年8月には、「日本で一番住みたいまち」を標榜する市のまちづくりの参考とするため、全米で「最も住みたいまち」に選ばれているアメリカのポートランド市などを視察しました。
このたび、そのポートランド市から計画的な街の開発のキーマンとして活躍されている山崎満広さんを講師に迎え、「ポートランドに学ぶ都市再生のヒント」をテーマとした勉強会を開催します。

━概要
日 時:2017年4月27日(木)15:00~17:30
会 場:気仙沼中央公民館(気仙沼市魚市場前1-1)
定 員:100名(参加費無料・要申込)
講 師:山崎満広(ポートランド市開発局 国際事業開発オフィサー)
詳細・申込み:気仙沼市震災復興・企画部
http://www.kesennuma.miyagi.jp/sec/s019/020/020/020/140/20170322145427.html

◎山崎さんの新刊が今月発売!
ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方』山崎満広 編著

ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方

ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方

  • 作者: 山崎満広,ジョン・ジェイ,南トーマス哲也,田村なを子,富田ケン,マーク・ステル,リック・タロジー
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/04/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

https://www.amazon.co.jp/dp/4761526424

◎昨年出版され、好評5刷の前著
ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』山崎満広 著 

ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる

ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる

 

 https://www.amazon.co.jp/dp/4761526238

広告を非表示にする

【イベント案内】第4回これからの地域づくりセミナー 「若者の夢」と「仕事」と「場所」づくり( 5.1 7 大阪)

■第4回 これからの地域づくりセミナーのご案内
 「若者の夢」と「仕事」と「場所」づくり

日時:平成29年5月17日(水) 午後6時30分~午後8時30分
場所:地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所
詳細&申込
http://www.arpak.co.jp/whats/whats_top.html#whats20170517

まちの中で「働き」「住む」場所とつながりを作りながら「より良い暮らし」や「若者の夢」を実現していく視点からアプローチするまちづくりについて学び、語り合いたいと思います。
ゲストスピーカーの神戸R不動産の小泉氏は「WORK+STAY」のプログラムを通じて神戸で働き暮らすきっかけづくりに取り組んでいます。
株式会社めいの扇沢氏はシェアハウス「めいちゃんち」や「REDIY」の運営を通じて「仕事と家族の充実」を目指した取組を実践しています。
お二人の取組内容をご報告いただいた上で、仕事づくりや夢の実現がまちの中で起こることで、まちや社会にどんな変化が生まれるのか、また、まちづくりの中で「仕事」や「若者の夢」をどのように捉えて結びつけていくべきかということを考えたいと思います。

<話題提供>
小泉寛明 Lusie Inc. 代表取締役
扇沢友樹 株式会社めい代表取締役

 

●学芸出版社の本
『地域×クリエイティブ×仕事 淡路島発ローカルをデザインする』

地域×クリエイティブ×仕事:淡路島発ローカルをデザインする

地域×クリエイティブ×仕事:淡路島発ローカルをデザインする

  • 作者: 服部滋樹,江副直樹,平松克啓,茂木綾子,やまぐちくにこ,西村佳哲,青木将幸,堀田裕介,中脇健児,鬼本英太郎,藤澤晶子,淡路はたらくカタチ研究島(淡路地域雇用創造推進協議会)
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2016/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

服部滋樹、江副直樹、平松克啓、茂木綾子、やまぐちくにこ 編著
西村佳哲、青木将幸 他 著
淡路はたらくカタチ研究島(淡路地域雇用創造推進協議会) 監修
人と仕事を創る地域ブランディングの教科書

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】日本学術会議主催公開シンポジウム 「まちおこしの現場から明日を考える - 若手・中堅研究者の提言 - 」(5 .13 東京)

日本学術会議主催公開シンポジウム
 「まちおこしの現場から明日を考える -若手・中堅研究者の提言-」

日時:2017年5月13日(土) 14:00~17:30
会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地34号)
主催:日本学術会議 土木工学・建築学委員会
地方創生のための国土・まちづくり分科会
費用:無料
定員:100 名
詳細
http://www.yoneda-masako.com/170513chihou.pdf

<開催趣旨>
 本ワークショップでは、まちおこしに取り組む若手・中堅研究者に、現場の取組み、課題、提案を発表していただく。地方創生のためには、地方の主体的な取組みを支援するとともに、様々な分野の交流により、鍵となるコンセプトを見出す必要がある。発表をもとに、会場の一般参加者や当分科会の委員とともに、将来の方向について議論したい。

<主なプログラム>
・オープニング
・WS1「まちおこしの現場から明日を考える」
 コーディネータ 園田眞理子
 発表1:辺境におけるまちおこしの現場から(仮)
    徳田光弘(下記、世界の地域創生の著者です)
 発表2:水・食料・エネルギーの自給循環と環境収容力(仮)
    笠松浩樹
・WS2「まちづくりの現場から明日を考える」
 コーディネータ 林良嗣
 発表3:橋と景観とまちづくり(仮)
    久保田善明
 発表4:地域公共交通の活性化が地域の活性化を促すために
    加藤博和
 発表5:地域自律型の次世代型・水インフラシステム(仮)
    牛島健

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本《5月末発売予定》
『世界の地方創生 辺境のスタートアップたち』

世界の地方創生: 辺境のスタートアップたち

世界の地方創生: 辺境のスタートアップたち

  • 作者: 松永安光,徳田光弘,漆原弘,鷹野敦,中橋恵,鈴木裕一,宮部浩幸
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/05/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

松永安光、徳田光弘、漆原弘 著
Amazon予約
https://www.amazon.co.jp/dp/4761526459/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_T6x9ybXA7NJQZ

広告を非表示にする

【新刊案内】『サステイナブル都市の輸出 戦略と展望』<東大まちづくり大学院シリーズ>

<東大まちづくり大学院シリーズ>
サステイナブル都市の輸出 戦略と展望』

サステイナブル都市の輸出: 戦略と展望 (東大まちづくり大学院シリーズ)

サステイナブル都市の輸出: 戦略と展望 (東大まちづくり大学院シリーズ)

  • 作者: 和泉洋人,城所哲夫,瀬田史彦,野田由美子,岸井隆幸,野城智也,加藤浩徳,森口祐一,滝沢智,石井亮,田中準也,森川真樹,安藤尚一,櫃本礼二,信時正人,橋本徹,松村茂久,原田昇
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

原田昇 監修
和泉洋人・城所哲夫・瀬田史彦 編著

A5判・288頁
定価 本体3600円+税

アジア発展途上諸都市へのインフラ輸出ビジネスが急成長中だ。既にシンガポールや韓国の進出が著しく、日本も開発援助で培った信頼関係、耐震・環境技術等、質の高いインフラ技術を活かした官民連携の整備が急務だ。北九州や横浜等の自治体及び民間の先進事例と共に、政府、行政、研究者、民間の各観点から現状と課題を総括する。

↓HPはこちら

book.gakugei-pub.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎出版記念イベント
東大まちづくり大学院 ウィークエンドセミナー
「日本の都市の競争力強化と都市輸出」

日 時:2017年4月23日(日)13:30~16:15(その後懇談会あり)
場 所:東京大学本郷キャンパス 工学部11号館 1階講堂
主 催:東大まちづくり大学院
詳 細:http://www.due.t.u-tokyo.ac.jp/mps/event.html

広告を非表示にする

【イベント案内】第 5 回パブリックデザインセミナー『生活の中の安全な道路とは-歩車共存は可能か-』(4 .26 東京)

■第5回パブリックデザインセミナー
 セミナーテーマ・安全(全2回)
 『生活の中の安全な道路とは -歩車共存は可能か-』

海外では「シェアド・スペース」という歩車共存の思想も生まれていますが、今回、埼玉大学の久保田先生に、我が国における生活道路の安全とはどのようなものか、最近の状況をもとにご講演をいただきます。

日時:2017年4月26日(水) 18:00~20:00
場所:日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館132号室
費用:PDC会員及びJUDI会員…500円
   一般…1000円
   学生…無料
   終了後の懇親会(予定)は別途3000円
講師:久保田尚氏(埼玉大学教授)
申込:下記メールアドレスに、お名前、ご所属、懇親会参加の有無をご連絡ください。
   info@pdc-j.org

本セミナーは都市計画CPD認定プログラムです(2単位)。
詳細はこちら↓
http://www.pdc-j.org/
http://www.pdc-j.org/events/event-20170426.pdf
---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『駐車場からのまちづくり 都市再生のために』

駐車場からのまちづくり: 都市再生のために

駐車場からのまちづくり: 都市再生のために

  • 作者: 岸井 隆幸,大沢 昌玄,松本篤,半田真理子,松村みち子,中村文彦,日野祐滋,木谷弘司,横浜市都市整備局,松井直人,国際交通安全学会
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2012/04/13
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

公益財団法人国際交通安全学会 編 岸井隆幸、大沢昌玄 他著
密度、配置、デザインの考え方と世界の事例

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】り・らいふ研究会 17 年度第 1 回研究会「生活圏民主主義の可能性」( 5.15 東京)

■ り・らいふ研究会17年度第1回研究会
 「生活圏民主主義の可能性」
 ~新宿区の事前復興まちづくりをめぐって~

日時:5月15日(月) 18:30~20:30
会場:旭化成ファミリーホール
   西新宿1-24-1 エステック情報ビル9F
講師:佐藤滋 氏
費用:一般…1000円
   会員・学生…500円
   賛助会員…無料
詳細&申込
http://www.relife.or.jp/

<概要>
早稲田大学佐藤滋研究室は、平成18年から毎年新宿区と協働して、同区内各地区において「協働復興模擬訓練」を行ってきました。
熊本地震からの復興まちづくりのたどたどしい歩みを見るにつけ、このような取り組みの重要性を痛感します。
「住民主体のまちづくり」が唱えられ始めてから久しいのですが、私たちは同時に、都市における「住民主体」という概念がいかに不確かなものであるかを見てきました。
佐藤滋先生は、ここにどのような展望をお持ちなのでしょうか。
ご講演をお聞きしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
まちづくり市民事業 新しい公共による地域再生

まちづくり市民事業―新しい公共による地域再生

まちづくり市民事業―新しい公共による地域再生

 

佐藤 滋 編著
市民自らが事業を立ち上げ街を再生する方法
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3191-1.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】都市工塾 「日本の商店街の底力を探る」(4 .24 東大本郷)

■都市工塾
 「日本の商店街の底力を探る」
 ~全国100商店街取材を通してみる実態と課題~

日時:2017年4月24日(月) 18:50~20:00(開場18:45)
場所:東京大学本郷キャンパス
   工学部14号館都市工学科141教室
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_15_j.html
費用:無料
申込:不要
講師:三橋重昭 氏(NPO法人まちづくり協会顧問(前理事長)、
   元中小企業診断士、SC経営士)

<内容>
地方創生が叫ばれている昨今ですが、かつては町の顔として、地域活性化の担い手あるいは地域コミュニティを形成する場として地域に貢献してきた商店街は、近年、中心市街地の空洞化や経営者の高齢化などにより、その多くは活力を失いつつあります。
こうした状況を踏まえて、今回は、これまで全国大小100の商店街を取材してレポート記事を書いてこられ、日本の商店街事情について詳しい、NPO法人まちづくり協会顧問(前理事長)の三橋さんに、全国の主要商店街の紹介、地域商店街の課題や変容、その将来性、都市計画との関わり合いなどについてお話しいただきます。 なお、三橋さんは、この3月末に、共編著として『地域商業の底力を探る』(白桃書房刊)を出版されました。
---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『よみがえる商店街 5つの賑わい再生力』 

よみがえる商店街―5つの賑わい再生力

よみがえる商店街―5つの賑わい再生力

 

三橋重昭 著
元気な商店街に学ぶ中心市街地活性化の方策
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1262-0.htm

広告を非表示にする

【委員公募】戦略的パブリックスペース活用学[ 若手奨励 ] 特別研究委員会 (~ 4.30 )

■戦略的パブリックスペース活用学[若手奨励]特別研究委員会
 「委員公募」

応募締切:2017年4月30日(日)必着
応募要項&詳細
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2017/17p_kobo.pdf
FB:https://www.facebook.com/StrategicPublicSpaceUtilization/

<委員会概要>
組織名:戦略的パブリックスペース活用学[若手奨励]特別研究委員会
委員長:泉山塁威(東京大学
募集数:若干名
設置期間:2017年4月~2019年3月

<活動目的>
パブリックスペースの整備においては、これまで都市・建築・土木・造園等のそれぞれの分野で研究・実践が実施されてきた。
しかし、近年の規制緩和を踏まえ、道路、河川、公園、駅前広場、空地等の活用において、その制度、 マネジメント体制、仮設空間のデザイン、人のアクティビティデザイン、そしてそれらの人材育成方法等の検討を行い、わが国でのパブリックスペース活用学構築の検討を行うことを目的とする。

-----------------------------------
■『スポーツ都市戦略』『ポートランド』が第7回不動産協会賞
受賞式
記事はこちら

www.re-port.net

広告を非表示にする

【イベント案内】まちの見方を 180 度変えるローカルメディアづくり (4.29 京都)

■まちの見方を180度変えるローカルメディアづくり
~CIRCULATION KYOTO(サーキュレーション キョウト)~

キックオフトークイベント
「新たな京都を発見するローカルメディアのかたち」

日時:2017年4月29日(土)14:00~16:00
会場:ロームシアター京都 パークプラザ3F共通ロビー
   入場無料、予約不要
↓詳細

www.circulation-kyoto.com

ロームシアター京都が京都市文化会館5館と連携し、今年1年に渡り実施する新プロジェクト「CIRCULATION KYOTO(サーキュレーション キョウト)」のキックオフイベントとして、参加クリエイターによる、無料公開トークイベントを実施。
ローカルメディアの最新事例や登壇者の地域の見方、リサーチ方法などを紹介しながら、地域の新たな姿を見つけるローカルメディアの可能性についてお話します。また、プロジェクトの概要も合わせて紹介します。

出演:
 影山裕樹(編集者/千十一編集室、『ローカルメディアのつくりかた』著者)
 加藤賢策(アートディレクター/ラボラトリーズ)
 上條桂子(編集者)
 榊原充大(都市建築等リサーチ/RAD)

<プログラム>
・第一部
プロジェクト・ディレクターの影山裕樹が各地のローカルメディアの最新事例を紹介しながら、地域における情報発信のあり方、「人と人をつなぐ」ローカルメディアのあり方をお話します。
・第二部
参加クリエイターを交えたディスカッションを実施。各登壇者の地域の見方やリサーチの方法を紹介しながら、京都市の周縁から京都の街を見つめ直す本ワークショップの概要や狙い、可能性をお話します。

★影山裕樹さんらが講師となる、
★全5回の「ローカルメディアづくりワークショップ」も参加者募集中です!

-----------------------------------
■関連書籍<好評3刷!>
『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』

影山裕樹 著

ローカルメディアのつくりかた:人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通

ローカルメディアのつくりかた:人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通

 

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする