gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】ソトノバ table#20 「これからの日本のストリートの未来をつくろう!」( 9.23 、東京)

http://sotonoba.place/wp-content/uploads/2017/09/sotonobateble20cover.png

■ソトノバtable#20
 ストリートウィーク特別企画!
 「これからの日本のストリートの未来をつくろう!」

道路に関する法制度の緩和により、国内でも人のアクティビティを中心とした道路空間活用が盛んになるなか、ソフト面での利活用のみならず道路空間の再配分による豊かな歩行空間の確保を進める事例も増えてきています。
モータリゼーションの時代から人中心の時代を迎えているストリート。その歴史のふりかえりと国内外各地での事例からこれからの日本のストリートの未来を考える一日にしましょう!

日時:2017年9月23日(土) 13:30~19:30
会場:東京都目黒区目黒2-11-3印刷工場1階
会費:3100円(学生割引あり)
主催:ソトノバ、ストリートウィーク実行委員会
詳細&申込

sotonoba.place

〈主なタイムライン〉
○セッション1:日本のストリートの系譜~ストリートの歴史と法制度を知る~
 1)日本のストリートをふりかえる
   三浦詩乃(横浜国立大学助教、ソトノバライター)
 2)まちづくりと街路の新たな展開
   渡邉浩司氏(国土交通省都市局 街路交通施設課長)
○セッション2:活用事例から考える日本のストリートのこれから
 1)ロンドンのストリート・マーケットからみる日本のストリートのこれから
   鈴木美央氏(Yanasegawa ink代表、ソトノバ・コラムニスト)
 2)遊びをキーワードにしたストリート活用の可能性
   ―Playbourhood Street Tokyo~とうきょうご近所みちあそび―
   嶋村仁志氏(一般社団法人TOKYO PLAY 代表理事
 3)韓国ソウル市初のトランジットモール(延世路)と地方都市・宇部のストリートの実践活動
   宋俊煥氏(山口大学大学院創成科学研究科・助教

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──出会いの場としての道と空地の再生を訴える
『都市の自由空間 街路から広がるまちづくり』
鳴海邦碩 著
四六判・240頁・本体2000円+税(定価2160円)

都市の自由空間

広告を非表示にする

【イベント案内】「観光地経営の核となる“ DMO ”を知る」 in ツーリズム EXPO ( 9/23 、東京)

https://www.mpd.ac.jp/wp-content/uploads/2017/09/dmoseminar20170923.jpg

■「観光地経営の核となる“DMO”を知る」 in ツーリズムEXPO

地方創生の議論から生まれた「日本版DMO」は、注目を集め期待もされていますが、誤解や混乱も見受けられます。本セミナーでは、DMCとDMOの違い、観光まちづくり系の事業主体とDMOの違い等について、整理してご説明致します。また、DMO形成の過程で悩みを抱える背景にある財源の問題、さらに人材育成・確保の課題など、みなさんとともに考えます。

日時:9月23日(土) 13:30~16:30
場所:ツーリズムEXPOジャパン
   東京ビッグサイト セミナールーム10(東1ホール前)
   〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11-1

https://www.mpd.ac.jp/wp-content/uploads/2015/11/732a897d93185229fc67ed45dd6febc7.jpg
講師:大社充(DMO推進機構・代表理事事業構想大学院大学客員教授
会費:1000円
   ※ツーリズムEXPOへの入場料として別途1200円が必要です。
詳細&申込

bit.ly

★大社 充氏の著書★
~顧客志向で行き詰まりを打ち破る実践の手引~
『地域プラットフォームによる観光まちづくり』
 大社充 著
 A5判・240頁・本体2600円+税
bit.ly

~ニューツーリズムに地域が取り組むための本~
『体験交流型ツーリズムの手法 地域資源を活かす着地型観光』
 大社充 著
 四六判・192頁・本体1600円+税(定価1728円)

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】アーキテクトを探せ!Vol.6 「建築×ビジネス」(10/3 、東京)

https://www.opencu.com/wp-content/uploads/2017/09/whereisarchitect-vol6-1200-opg.png

■アーキテクトを探せ!Vol.6
 「建築×ビジネス」
 ツクルバ/中村 真広 × モクチン企画/連 勇太朗 対談

「アーキテクトを探せ!」は、役割が拡大している現在のアーキテクト像を探求するためのインタビュー企画です。
キュレーターには、「モクチンレシピ」を考案し建築や都市デザインを実践するモクチン企画の連勇太朗さん、FabCafeディレクターの岩岡孝太郎を、ゲストには、設計から運営、流通等のさまざまな事業を展開するツクルバの中村真広さんを迎え、事例を中心にその思想や活動の本質を探ります。

日時:10月3日(火) 19:30~21:30
場所:loftwork COOOP 10(渋谷・道玄坂
   東京都渋谷区道玄坂1-22-7 10F
会費:1,500円(領収書発行/ドリンク付き)
   ※書籍付きチケットあり/書籍は当日会場にてお渡しします
定員:30名
出演:中村真広、連勇太朗(敬称略)
詳細&申込み

bit.ly

★ツクルバ&モクチン企画の本★

○ツクルバ/中村 真広さんの著書

~建築と不動産の領域を超え革新的事業を創る~
『場のデザインを仕事にする 建築×不動産×テクノロジーでつくる未来』
 中村真広・村上浩輝・ツクルバ 著
 四六判・208頁・本体1800円+税(定価1944円)
bit.ly

○モクチン企画/連 勇太朗さんの著書

~木賃が変わる、生活が変わる、まちを変える~
『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』
 モクチン企画・連勇太朗・川瀬英嗣 著
 A5判・192頁・本体2200円+税(定価2376円)

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】御堂筋完成 80 周年記念企画、ギンギラ太陽 's 大阪公演「おめでとう 80 周年!御堂筋モノ語り」( 9.22 、大阪)

http://deepna.heteml.jp/kitasemba2017/wp-content/uploads/2012/05/7.jpg

■御堂筋完成80周年記念企画
 北船場茶論 AUTUMN
 ギンギラ太陽's大阪公演
 「おめでとう80周年!御堂筋モノ語り」

船場を舞台に、擬人化された建物たちが次々に登場してしゃべりだす史実に基づいた涙あり笑いありの、8年越しに実現する待望の公演!

日時:9月22日(金) 18:30開演~(開場18:00)
     23日(土) 13:30開演~(開場13:00)
会場:大阪ガスビル3階ホール
   (大阪市中央区平野町4-1-2)
会費:無料(完全申込制)
共催:北船場くらぶ、大阪ガス株式会社、御堂筋まちづくりネットワーク
詳細&申込

kitasemba-salon.com

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──「現在」と「これから」が、この一冊に!
『最新エリアマネジメント 街を運営する民間組織と活動財源』
小林重敬 編著
B5変判・196頁・本体4000円+税(定価4320円)

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】ツクルバ・中村さん×モクチン企画・連さん「アーキテクトを探せ!vol.6〈建築×ビジネス〉」(10.3、東京)

https://www.opencu.com/wp-content/uploads/2017/09/whereisarchitect-vol6-1200-opg.png

アーキテクトを探せ!Vol.6「建築×ビジネス」
ツクルバ/中村真広 × モクチン企画/連勇太朗 対談

<実践者のふたりが描く「建築×ビジネス」によって都市を変革する方法とは!?>
建築家を表す職種「アーキテクト」の役割が拡大しています。2016年に始動したオープンインタビュー企画「アーキテクトを探せ!」は、その拡大した現在のアーキテクト像を探求するための場です。
今回、キュレーターである連勇太朗さんが長年の活動をまとめた書籍『モクチンメソッド』を刊行。時を同じくして、コワーキングスペースの設計・運営等の事業を展開するツクルバの中村真広さんも書籍『場のデザインを仕事にする』を刊行しました。
二人に共通するのは、《建築を中心としたビジネスモデルの発明であり、その先にある都市の変革を構想している》ところ。都市の可能性を模索する人や場作りやそれに関するビジネスに興味あるひとはぜひ、会場まで足を運んでみてください。

━概要
日 時:2017年10月3日(火)19:30~21:30
会 場:loftwork COOOP 10(渋谷・道玄坂
参加費:1500円
定 員:30名
↓詳細・申し込みはこちら!

www.opencu.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎関連書籍
『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』
<木賃が変わる、生活が変わる、まちを変える>
モクチン企画/連勇太朗・川瀬英嗣 著|

bit.ly

【書評をいただきました!】
★旦敬介さん(作家、明治大教授)

bit.ly

(読売新聞書評欄)
★川勝真一さん(建築リサーチャー、RADディレクター)
書評「都市をつくるシステムをサービスによって実装する、新しい建築家像」http://bit.ly/2xaDg6x

---
『場のデザインを仕事にする』
<建築と不動産の領域を超え革新的事業を創る>
中村真広×村上浩輝×ツクルバ 著|

bit.ly

【書評をいただきました!】
★太刀川瑛弼さん(NOSIGNER代表)
書評「建築を越境する挑戦者たち」http://bit.ly/2uxEk5i

広告を非表示にする

【イベント案内】「”行きたくなる建物”の撮り方」写真講座(スマートフォン編)(9 .24 、大阪)

■「”行きたくなる建物”の撮り方」
 写真講座(スマートフォン編)

日時:9月24日(日)  13:00~17:00
場所:《集合場所》関西大学千里山キャンパス 正門前
   12:45に上記の場所に集合
   (日曜日閉門のため、遅刻されると入場出来ません!)
   《開催場所》第4学舎4館4101教室
講師:谷口菜穂子
会費:大阪府ヘリテージマネージャー協議会・大阪府建築士会 会員1000円
   一般2000円、学生500円(資料代)
定員:先着30名
詳細&申込
http://bit.ly/2xMchS6

いま誰もが持っていると言って過言では無いスマホカメラ。このカメラの特徴を理解した上で、写真術の基礎や機能への理解、建物や風景などに特化した構図の取り方を学び、これまでの写真とは一段上がった写真が撮影出来るように目指す講座です。
また、誰もが使えるコミュニケーションツールとして、人に見せるものとしての理解を深め、より多くの人からの共感を得られる写真について考えます。

〈主な内容〉
スマホカメラから紐解くカメラレンズとその特徴やスペック比
・写真の構図概念と具体的な撮り方
・事前に集められた受講生の方らのスマホ写真の批評会
・写真術に欠かせない機能と構造

〈講師プロフィール〉
1971年京都生まれ。関西を中心に活動するコマーシャルフォトグラファー。
商品イメージやライブドキュメント、フード、ポートレイトなど、撮影領域は多岐に渡る。ライフワークとして作品発表、次世代の写真家やクリエイターに向けた写真講義やワークショップも数多く行なっている。
木造建築から近代建築、産業遺構などを被写体として取り上げることが多く、母校で昭和初期建築の全面解体が発表された際「鴨沂高校の校舎を考える会」を立ち上げた。イケフェス2016では、参加のビル8軒を撮影。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社
──美しいまちづくりをさらに進める提言も掲載
『日本の風景計画 都市の景観コントロール 到達点と将来展望』
西村幸夫+町並み研究会 編著
B5変判・200頁・本体4000円+税(定価4320円)
http://bit.ly/2ffc16i

広告を非表示にする

【新刊情報】新刊発売!『集合住宅の騒音防止設計入門』建築音響共同研究機構 編

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/2275.jpg

『集合住宅の騒音防止設計入門』

NPO法人 建築音響共同研究機構 編
安藤啓・中川清・縄岡好人・平松友孝・益田勲・吉村純一・渡邉秀夫・綿谷重規 著

A5判・160頁
定価 本体2400円+税

<ゼネコン出身の音響のプロがノウハウを結集>
年間10万戸が新築されるマンションをはじめとする集合住宅は最も騒音トラブルが発生しやすい。本書は、ゼネコン出身の音響設計のプロが蓄積してきたトラブル事例やノウハウを結集し、交通・生活・設備から発生する各種騒音の原因から、騒音を防止する対策と効果までわかりやすく解説。設計・施工の実務に役立つ入門書。

━目次
<I 部 音の基礎知識>
 1章 音の種類と特性
 2章 材料の音響特性
 3章 遮音性能と評価
<II 部 騒音の発生メカニズムと防止設計>
 4章 屋外騒音の防止設計
 5章 生活騒音の防止設計
 6章 設備騒音の防止設計

弊社書籍ページ|

bit.ly


★「目次」「まえがき」を試し読みできます!

------
★学芸出版社の建築実務書★
『耐震シェルターがわかる本』
前田邦江 著/耐震シェルター普及会 企画
<低コストでできる! 「もしも」の時に命を守る選択>

bit.ly

『図解住まいの寸法 暮らしから考える設計のポイント』
堀野和人・黒田吏香 著
<数字の持つ意味がわかる!実務に役立つ1冊>

bit.ly

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●学芸出版社 おすすめの1冊
『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』
モクチン企画/連勇太朗・川瀬英嗣 著|

bit.ly

★読売新聞書評欄にて、旦敬介さん(作家、明治大教授)に書評をいただきました!★
”…カッコよくなると、一万円高くても人が住みに来るんだなあ。…”
2017年9月10日付「本よみうり堂」http://bit.ly/2h3ATep

★川勝真一さん(建築リサーチャー、RADディレクター)に書評をいただきました!★
書評「都市をつくるシステムをサービスによって実装する、新しい建築家像」
全文はこちら→

【書評】都市をつくるシステムをサービスによって実装する、新しい建築家像(川勝真一)──『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』(モクチン企画/連勇太朗・川�P英嗣 著)

広告を非表示にする

【イベント案内】「アートプロジェクトの今を共有する」第 1 回( 9/15 、東京)

http://tarl.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/OGP_fin.jpg

■アートプロジェクトの今を共有する(全4回)
 第1回「これからの文化施設とアートプロジェクト
 ~まちから得たものをまちへ返す〈太田市美術館・図書館〉の試み~」

日時:9月15日(金) 19:30~21:00(19:15開場)
場所:3331 Arts Chiyoda ROOM302
   (東京都千代田区外神田6-11-14 3F)
会費:無料
定員:30名(事前申込者優先)
詳細&申込

tarl.jp

「思考と技術と対話の学校」では、単発で受講可能な公開講座「アートプロジェクトの今を共有する」を9月より行います(全4回)。
アートプロジェクトの最新事例を知るために、現場最前線で活動するゲストをお呼びして、携わる人たちのネットワークを広げていきます。
第1回は、4月にグランドオープンしたばかりの太田市美術館・図書館(群馬)の立ち上げと展覧会企画等に関わる小金沢智氏にその事例をうかがい、参加者の間で意見交換を行います。
アートプロジェクトの「今」に関心のあるみなさまのご参加をお待ちしています。

〈ゲスト/コーディネーターのプロフィール〉
○ゲスト
 小金沢智 (太田市美術館・図書館学芸員
 1982年、群馬県生まれ。専門は日本近現代美術史。
 世田谷美術館非常勤学芸員を経て、太田市美術館・図書館総合ディレクションをつとめるスパイラル/株式会社ワコールアートセンターのスタッフとして、2015年10月より同館開設準備にたずさわる。2016年4月より現職。
 開館記念展「未来への狼火」、本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり」企画担当。

○コーディネーター
 橋本誠 (アートプロデューサー/一般社団法人ノマドプロダクション 代表理事
 1981年東京都生まれ。
 2005年よりフリーのアートプロデューサーとして活動をはじめる。一般社団法人ノマドプロダクションを設立し、様々なプロジェクトのプロデュースや企画制作を手がけている。TARL(Tokyo Art Research Lab)事務局長。
 主な企画に都市との対話(BankART Studio NYK/2007など。 共著に『キュレーターになる!』(フィルムアート/2009)、『アートプラットフォーム』(美学出版/2010)、『これからのアートマネジメント』(フィルムアート/2011)、『現代アートの本当の学び方』(フィルムアート/2014)など。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──工業都市からの変貌と、クリエイティブ戦略
『アルスエレクトロニカの挑戦』
鷲尾和彦 著、アルスエレクトロニカ博報堂 協力

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

新刊案内|『団地図解』 予約受付中!

http://www.gakugei-pub.jp/top/slide/2274danchi-zukai.jpg

新刊予約受付中!

『団地図解 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考』

 篠沢健太・吉永健一 著
 B5変判・140頁
 定価 本体3600円+税

──あなたも知らない団地の読み解き方教えます
団地はどれも同じ…だなんて大間違い。地形を生かしたランドスケープ、コミュニティに配慮しつつ変化に富む住棟配置、快適さを求め考案された間取りの数々。目を凝らせば、造成から植木一本まで連続した設計思考が行き届き、長い年月をかけ育まれた豊かな住空間に気づくはず。あなたも知らない団地の読み解き方、教えます。

★ご予約はこちらから!→ http://amzn.asia/eLjcbW1
★弊社書籍ページ|

bit.ly

「目次」「著者紹介」「はじめに」「おわりに」を試し読みできます!

~目次~

1章 団地フィールドワーク―現地で見つける団地の計画・設計のツボ
   千里ニュータウン/金沢シーサイドタウン

2章 団地解剖―空間の読み解き方
   地形/造成/配置・ランドスケープ/住棟/間取り
   ★折図 団地巻き物「団地設計思想 昭和30→43」

3章 団地7選:知られざる設計思考の探求
   千里青山台団地/千里津雲台団地/高座台団地・高森台団地/新千里東町団地(公団)/千里高野台住宅/鈴が峰第2住宅/並木1丁目・2丁目団地

4章 団地への証言
   INTERVIEW:中田雅資さんに訊く/団地年表

◎出版記念イベント開催予定!

詳細決まり次第、当メールマガジン、および弊社ホームページなどでお知らせします。

広告を非表示にする

【イベント案内】「民間まちづくり実践セミナー・京都セミナー 2017 」( 9.22 ~ 24 、京都)

http://www3.grips.ac.jp/~up/jinzai/images/nagoya2017-1.JPG

■民間まちづくり実践セミナー 京都セミナー2017

日時:2017年9月22日(金)~24日(日)
場所:公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター
   (ひとまち交流館・京都地下1階)
会費:無料
主催:政策研究大学院大学
詳細&申込 ※申込締切は9/15
http://www3.grips.ac.jp/~up/jinzai/seminar.html

本セミナーは、京都市内にある実際の建物を題材として、現地調査やワークショップを行い、参加者が専門家のアドバイスを受けながら、建物のリノベーションやエリア再生の課題に取り組み、成果を発表する3日間のセミナーです。まちづくりに取り組む大学・地域団体やストック再生に詳しい建築士、不動産業者、行政関係者など、多数皆様の参加をお待ちしています。

〈講演者〉
高田光雄(京都大学名誉教授)
西山広志(NO ARCHITECTS)
内藤英治・中山高樹(日本メインストリートセンター)
赤崎盛久(あきや活用まちづくりセンター)

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──6都市の先駆者が語る、街を変える方法論
『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ
馬場正尊・Open A 編著、明石卓巳・小山隆輝・加藤寛之・豊田雅子・倉石智典・嶋田洋平 著

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする