gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

新刊発売!『地域がグローバルに生きるには』帯野久美子 著

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/5527.jpg

『地域がグローバルに生きるには 地方創生と大学教育』

帯野久美子(株式会社インターアクト・ジャパン代表取締役和歌山大学元副学長) 著

四六判・200頁
定価 本体1800円+税

<世界に地域の魅力を発信する人材の育て方>
グローバル人材に重要なのは英語力だけではなく、その育成は都市部のトップ大学だけが担うべきものでもない。国内外での豊富なビジネス経験を基に、地方大学の副学長として東南アジアでの海外教育プログラムを実践してきた著者が、地域独自の魅力を世界に発信できる人材を育むために、各地の大学が持つべき視点を提言する。

━目次
1章 ビジネスから大学に
2章 タイプログラムをつくる
3章 学生はどこで成長したのか?
4章 ASEAN道場で学生を鍛える
5章 和歌山大学版「グローバル教養教育」とは?
6章 グローバルな世界を生き抜く英語力とは?
7章 グローバル人材の要件と社会の条件
8章 グローバル化と地方創生
9章 グローバルを生きる地域力

弊社書籍ページ|

bit.ly


★「目次」「はじめに」「おわりに」を試し読みできます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週金曜日です★刊行記念セミナー@東京

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1708local-university/event-banner.gif

「地方と世界をつなぐ人材の育て方」
帯野久美子氏(著者)、大西隆氏ご登壇

日 時:2017年8月25日(金)18:45~20:45頃(18:20開場)
場 所:ちよだプラットフォームスクウェア(本館)会議室505+506
    (最寄駅:東京メトロ東西線竹橋駅
会 費:1.1,000円(テキストなし ※テキストをご持参の場合は無料で聴講いただけます)
    2.1,800円(テキスト付き)
お申込み・詳細はこちら↓
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1708local-university/index.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】西荻映像祭 2017 ─不可分な労働と表現─( 8/23-27 、東京)

http://teratotera.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/07/170806web1-1024x640.jpg

西荻映像祭2017 ─不可分な労働と表現─

日時:2017年8月23日(土)~27日(日)
   ※時間は店舗により異なります
場所:JR中央線西荻窪駅周辺の複数店舗
詳細はコチラ↓
http://teratotera.jp/events/nishiogi_17/

西荻窪には異彩を放つ個人経営の店が多く、個性ひしめくJR中央線沿線の中でも、独特なポジションを保っています。
それら店舗と気鋭のアーティストをマッチングして、働くことと表現することの分かち難い関係をテーマに、各店舗で映像を展示します

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
”建築・まちづくりにアートをどう採り込むか”
『空間づくりにアートを活かす ともにつくるプラスアートの試み』
池村明生 著/株式会社環境計画研究所 企画
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2388-3.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】第 8 回パブリック・アライアンス・トーク「 570 兆円の公的不動産を楽しく、稼いで社会を変える!」( 8/25 、東京)

第8回 パブリック・アライアンス・トーク
 570兆円の公的不動産を楽しく、稼いで社会を変える!

日時:2017年8月25日(金) 19:00~21:00
場所:TRUNK開業準備室
   〒107-0061東京都港区北青山3-5-12 青山クリスタルビルB1/B2
会費:3000円(税込)
定員:100名
主催:パブリックアライアンス運営事務局
詳細&申込

public-alliance.jp

全国には約570兆円の公的不動産があると言われています。今後の人口縮小社会では、その多くが遊休化する状況が迫っており、この膨大な公的不動産を活用する、新たな仕組みの構築が急務です。しかし、日本では、公的不動産の活用に関して、都市経営分野に実績のある民間企業の参入がまだまだ進んでいない現状があります。
今回は代表の林千晶氏を迎えこれからの公的不動産の在り方をソフト面から広げ、ハードの在り方、地方プロジェクトを進める上で実際にある問題点を伺い、いつもの登壇者と共にこうあるべき、さらに見えてくる新しい公的不動産活用の未来像を言及していきます。

〈ガイド役〉
馬場正尊(ばば・まさたか) 公共R不動産/東京R不動産
木下斉(きのした・ひとし) 一般社団法人公民連携事業機構、内閣官房地域活性化伝道師
野尻佳孝(のじり・よしたか) 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ代表取締役会長。

〈ゲスト〉
林千晶(はやし・ちあき)氏 株式会社ロフトワーク 代表取締役

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
”新しいパブリックを切りひらく6人の方法論”
『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』
馬場正尊+OpenA 編著、木下斉 松本理寿輝 他著

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】京都まちづくり学「民泊について」(8/22 京都)

京都まちづくり学
 「民泊について」

日時:8月22日(火) 19:30~20:00
場所:市民大学院 成徳学舎
   (室町高辻西入る 元成徳中学校2階)
講師:京都市保健福祉課 医療衛生センター 課長 市川浩氏他
会費:無料、予約不要
詳細
https://www.facebook.com/groups/444562509070123/?ref=bookmarks

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『DMO 観光地経営のイノベーション
高橋一夫 著
注目の日本版DMOをどう確立・運営するか

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】私の精華小学校写真展2 017 「卒業生や精華小校舎に思いを寄せる人の写真展」(大阪、 8/31 まで)

私の精華小学校写真展2017
 卒業生や精華小校舎に思いを寄せる人の写真展
 ~2014年にその姿を消した大大阪の記憶~

日時:2017年8月1日(火)~31日(木)
   月~金  9:00~20:00
   土・日・祝 9:00~17:00
場所:大阪府中之島図書館
   本館2階 レンタルスペース1
会費:無料
主催:私の精華小学校写真展実行委員会
詳細&申込
https://www.facebook.com/seikasyasinten

~~関連イベント~~
「第大阪の小学校校舎は凄かった!」
日時:8月6日(日) 14:00~15:00(受付13:45~)
場所:レンタルスペース1
会費:500円(要申込・先着順)

「精華小校舎の思い出を語ろう!」
日時:8月6日(日) 15:30~17:00(受付15:15~)
場所:レンタルスペース1
会費:無料(要申込・先着順)

「親子で『大大阪』の建築を知ろう!」
日時:8月20日(日) 14:00~15:30(受付13:45~)
場所:レンタルスペース1
会費:親子一組500円(資料代)
   要申込・先着順

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──風景と人の関わりを根源に戻って論じる
『風景の思想』
西村幸夫・中井祐 編著、伊藤毅

book.gakugei-pub.co.jp

──国内外22事例の企画運営ノウハウと創意工夫
『まちをひらく技術 ─建物・暮らし・なりわい─地域資源の一斉公開』
オープンシティ研究会 岡村祐・野原卓他 著

amzn.asia


9月発売予定!現在アマゾンにて予約受付中!

広告を非表示にする

【イベント案内】新景観政策10年・特別鼎談「京都から考える これからの歴史・文化・創造都市」(京都、9/10 )

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000223/223116/kamogawa.png

新景観政策10年 特別鼎談
 「京都から考える これからの歴史・文化・創造都市」
 鷲田清一氏×門内輝行氏×門川市長によるキックオフ!

日時:2017年9月10日(日) 14:00~17:00(開場13:30)
場所:立命館大学朱雀キャンパス大講義室(ホール)
    (京都市中京区西ノ京朱雀町1)
会費:無料(要事前申込)
定員:450名(先着順)
詳細&申込 ※2017年8月31日まで(木)
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000223116.html

京都市では、50年後、100年後も京都が京都であり続けるため、平成19年9月から、建物の高さ規制やデザイン規制、屋外広告物の規制等を全市的に見直した「新景観政策」を実施しております。
今年度、「新景観政策」の実施から10年を迎えることから、「新景観政策」10周年記念事業として、特別鼎談や連続講座、シンポジウム等の各種事業を実施し、市民の皆様や事業者、関係団体の方々と、政策の趣旨や成果を改めて確認するとともに、時代の変化に応じた今後の政策の展開について議論を深めてまいります。

〈主なプログラム〉
・基調講演
 鷲田清一氏(京都市立芸術大学学長)
・基調報告
 門内輝行氏(大阪芸術大学教授,京都大学名誉教授)
・鼎談
 鷲田清一氏×門内輝行氏×門川大作京都市長

〈各種記念事業〉
・京都景観賞建築部門の募集 ※締切、9月30日
 http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000222769.html
・連続講座
・平成29年度 京都市景観市民会議
・総括シンポジウム
・レポートの発行

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──基本から実践まで。行動するためのテキスト
『市民のための景観まちづくりガイド』
藤本英子 著

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】久御山町まちづくり・地方創生セミナー( 8/21 、京都)

久御山町まちづくり・地方創生セミナー
  ~新しい時代に向けて久御山町のまちづくりを考えよう~

日時:2017年8月21日(月) 19:00~20:30(受付18:30~)
場所:久御山町役場 5階コンベンションホール
   (京都府久世郡久御山町島田ミスノ38番地)
主催:久御山町、株式会社京都銀行
対象:主に久御山町内の事業者、在住者 等
定員:先着100名
会費:無料
詳細&申込
http://www.town.kumiyama.lg.jp/cmsfiles/contents/0000002/2362/semina-chirashi.pdf

〈主なプログラム〉
・講演
「今後の久御山町のまちづくりの方向性」
 講師:久御山町長 信貴康孝
「20年後を見据えた久御山町のまちづくり -大きく変動する社会に久御山町はどう対応するか-」
 講師:龍谷大学政策学研究科教授、京都府立大学京都地域未来創造センター統括マネージャー 青山公三氏
「歴史・緑を活かした地域の魅力創造」
 講師:京都大学大学院工学研究科准教授 山口敬太氏
・ディスカッション
 「今後の久御山町のまちづくり」
---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──まちづくりの考え方と制度、技術を平易に説く
『市民のためのまちづくり入門』
吉野正治 著
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-1158-3.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】『空き家の手帖』関連イベント「六原空き家ツアー」(9.2、京都)

『空き家の手帖』関連イベント
第2弾「六原空き家ツアー」

━趣旨
1月に実施した前回は予約が2日で埋まる反響をいただいた六原空き家ツアー、第2弾の開催が決定しました。
六原学区は、京都市東山区清水寺と鴨川の間、五条通北に位置します。学区内にはお寺や神社が多く、古い町家が残る地域もあるため、京都らしい町並みを楽しむことができます。
六原学区内の改修済みのお宅を内外から見学したり、お店の方にお話いただいたりして六原や空き家について知識を深めて頂けたらと思います。今回は、前回と同様の2軒の建物に新たな1軒を追加しツアーを行います。

当日は『空き家の手帖』も販売します。空き家問題についてわかりやすくまとめてあるので、興味のある方はぜひ手に取ってみて下さい。
また、今回は新たにツアーの後(12時~13時)専門家による空き家の無料相談会も開催します。ふるってご参加ください。

━概要
日 時:2017年9月2日(土)10:00~12:00 ※雨天決行
定 員:20名
参加費:1000円(税込)
対 象:空き家の活用やリノベーションに興味がある方
集合場所:やすらぎふれあい館(六原自治会館)
京都市東山区五条通大和大路東入5丁目梅林町576番地の5
(京阪清水五条駅 徒歩10分、市バス五条坂下車 徒歩1分)

★申込方法:下記4点を記載したメールを6hara.akiy@gmail.comまでお送り下さい。
1.氏名(代表)
2.参加人数
3.メールアドレス
4.当日連絡がつく電話番号

お問合せ先:京都女子大学 井上えり子研究(Email:6hara.akiy@gmail.com
主催:京都女子大学 井上えり子研究室(上田・片山・山本)
協力:六原まちづくり委員会

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎関連書籍
『空き家の手帖 放っておかないための考え方・使い方』
六原まちづくり委員会・ぽむ企画 著
<片付け・相続・耐震・お金の話と活用の実例>
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1365-8.htm
★「目次」「はじめに」「おわりに」を試し読みできます!

広告を非表示にする

新刊案内|『住み継がれる集落をつくる』

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/5529.jpg

『住み継がれる集落をつくる 交流・移住・通いで生き抜く地域』
 山崎義人 佐久間康富 編著

UIターン、二拠点居住、移住・交流の枠組みづくり、空き家の活用、新たな担い手と地域の関係づくりなど、具体的な方策を示す。

1章 どう住まい、いかに継がれていくべきか
2章 地方移住の構造的な変化
3章 空き家を地域で活かす
4章 地域外との繋がりで保つ
5章 ムラの枠組みをつくりかえる
6章 移住戦略を実行する
7章 住み継がれる集落へ

 

book.gakugei-pub.co.jp


 全国の大型書店でお買い求めください!


◎出版記念イベント◎

http://www.gakugei-pub.jp/top/slide/5529sumitsugu-event.jpg

『住み継がれる集落をつくる』出版記念セミナー 東京編
―誰が住み、どのように継ぐのか?―

〈概要〉
日時:2017年9月6日(水) 18:30~20:30(開場18:00)
会場:ふるさと回帰支援センター
定員:30名程度
会費:1000円
   ※『住み継がれる集落をつくる』ご持参orご購入で会費無料!
   ※交流会(希望者のみ)は実費

www.gakugei-pub.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】『デザインキッチンの新しい選び方』出版記念トーク(8.30、東京・蔦屋家電)

http://www.gakugei-pub.jp/top/slide/2273kitchen-event.jpg

『デザインキッチンの新しい選び方』出版記念
本間美紀×清水克一郎トークイベント

━趣旨
『デザインキッチンの新しい選び方』の出版を記念し、著者の本間美紀さん(キッチンジャーナリスト)と、「予約の取れないオーダーキッチン」として知られるアムスタイル主宰の清水克一郎氏によるトークイベントを開催します。
今、キッチンが面白い! 家を建てたい、リフォームがしたい。その大きなきっかけが、憧れのキッチンという人は増えるばかり。そんな要望に応えるように、デザイン性の高いキッチンの選択肢が広がっています。
食とインテリアをめぐるライフスタイルと連動して進化する日本のキッチン。その最新事情と新しいキッチン選びの考え方を、300件以上のキッチンを取材した本間氏が解説。
ゲストにアムスタイルの清水氏を迎え、リフォームや家づくりを検討中の人はもちろん、キッチン・住宅・インテリア関係のプロの方にも明日から役立つ情報をお話しします。

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/event/2_%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3.jpg

━概要
日 時:2017年8月30日(水)19:00~21:00(開場18:45)
場 所:二子玉川 蔦屋家電 2Fダイニング
  (東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ)
参加費:2種類からお選びいただけます
   (1)対象書籍『デザインキッチンの新しい選び方』をご購入・・・\2,592(税込)
   (2)イベントチケットのみ・・・\1,080(税込)
↓詳細&申込はこちら!

real.tsite.jp

◎関連書籍
『デザインキッチンの新しい選び方 ~設計者・インテリアコーディネーターが知っておきたい』
本間美紀 著
<300件取材し70人のプロに聞いた最新知識>
弊社書籍ページ|

bit.ly


★「目次」「はじめに」「おわりに」を試し読みできます!

━登壇者

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/event/3_%E6%9C%AC%E9%96%93.JPG


・本間美紀/キッチンジャーナリスト。
早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。
独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材、セミナー活動も行う。

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/event/4_%E6%B8%85%E6%B0%B4.jpg

・清水克一郎/アムスタイル主宰。
1961年生まれ。慶應義塾大学中退後、音楽制作などの仕事を経て、1999年、日本で最も極上なキッチンで知られるオーダーキッチンブランド「アムスタイル」を代官山に立ち上げる。
ものとしてだけではなく、依頼主との丁寧なやりとりに定評があり、件数をあまり受けられないため、「予約の取れないキッチン」とも言われる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★学芸出版社の建築実務書★
『図解住まいの寸法 暮らしから考える設計のポイント』
堀野和人・黒田吏香 著
<数字の持つ意味がわかる!実務に役立つ1冊>

bit.ly

広告を非表示にする