gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】デイビッド・シム氏 (Gehl) 「講演会」「国際シンポジウム」( 10/ 9 、埼玉・ 10/10 、東京)

■デイビッド・シム氏(Gehl)講演会および国際シンポジウム

〈デイビッド・シム David Sim〉

ヤン・ゲールが創設した計画事務所ゲール(Gehl)のパートナー、クリエイティブ
・ディレクター。アーバンデザイナー。世界各地で専門家と協働し、ゲールの理
論を応用した都市計画を実践。また、各地で講演や教育活動も行っている。

〇デイビッド・シム氏、講演会
 「人間の街:世界各地におけるヤン・ゲール事務所の活動」

日時:10月9日(月) 18:40~20:00
場所:芝浦工業大学
   大宮キャンパス5号館5階5251教室
   (さいたま市見沼区深作307)
会費:無料、予約不要
主催:芝浦工業大学
※英語による講演、逐次通訳付き


〇国際シンポジウム
 「日本の豊かなパブリックライフ・パブリックスペースづくりに向けて」

日時:10月10日(火) 18:00~20:00
   終了後、懇親会あり
場所:芝浦工業大学
   豊洲キャンパス交流棟501教室
   (江東区豊洲3-7-5)
会費:無料
   ※懇親会は別途4000円
    10/6(金)までに要申込み
定員:180名
主催:芝浦工業大学 協賛:認定NPO法人日本都市計画家協会
申込みはこちら

デイビッド・シム 講演会及びシンポジウム

〈シンポジウムの主な内容〉

・デイビッド・シム氏基調講演
 「Life between buildings in Japan」
 ※英語による講演、逐次通訳付き
・パネルディスカッション
 富田興二さん(国立建築研究所
 秋山仁雄さん(UR都市再生機構東日本都市再生本部)
 中島直人さん(東京大学都市工学科准教授)
 志村秀明さん(芝浦工業大学建築学部教授)
 高松誠治さん(スペースシンタックスジャパン代表)
 三谷繭子さん(Groove Designs代表/ソトノバ副編集長)
 司会進行:鈴木俊治(芝浦工業大学環境システム学科教授)

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『都市経営時代のアーバンデザイン』
西村幸夫 編、中島直人・坂本英之 他著
B5判・224頁・本体3700円+税
都市生活の舞台づくりへ、深化する13都市

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】第 115 回豊中まちづくり・フォーラム「楽しく歩く町」(9/26、大阪)

 

■第115回 豊中まちづくり・フォーラム
 「楽しく歩く町」

いつの間にか私たちは町を歩く楽しみを失ってしまいました。車に便利な町。それが当たり前になってしまいました。「これはいかん!」。ヨーロッパの町を歩くとそのことに気付かされます。私が住んでいる豊中市寺内でも、「何かが間違っている」。何時もそう思います。豊中だけでなく、日本中が、何か間違ってる・・・?!という問題提起です。

日時:9月26日(火) 18:30~
場所:ホテル・アイボリー [楓の間]
講師:井口勝文 氏(INOPLΛS都市建築デザイン研究所主宰)
会費:1000円
詳細&申込み

www.tmconet.com

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
~脱・近代都市計画をめざす景観概念の再構築~
『生活景 身近な景観価値の発見とまちづくり』
 社団法人日本建築学会 編
 A5判・288頁・本体3100円+税(定価3348円)
 http://bit.ly/2hhUNGd

広告を非表示にする

【イベント案内】第 46 回『都市問題』公開講座「自治体の『人手不足』をどう乗り越えるか」(9/30 、東京)

■公財)後藤・安田記念京都市研究所
 第46回『都市問題』公開講座
 「自治体の『人手不足』をどう乗り越えるか」

日時:2017年9月30日(土) 13:30~16:30(開場13:00)
場所:日本プレスセンター 10階ホール
   東京都千代田区内幸町2-2-1
会費:無料(要事前申込み)
詳細&申込み ※9月28日(木)まで。満席になり次第終了。

www.timr.or.jp

自治体の人手不足をテーマに、地方公務員制度や非正規雇用に詳しい専門家、東日本大震災の町長といった方々をお招きしての基調講演とパネルディスカッション。

〈主な登壇者〉
・基調講演
 西尾隆 氏(国際基督教大学教養学部教授)
・パネルディスカッション
 上林陽治 氏(公益財団法人地方自治総合研究所研究員)
 平野公三 氏(岩手県大槌町長)
 山本悟司 氏(京都府建設交通部長)
 渡辺寛人 氏(NPO法人POSSE事務局長)
 西村美香 氏(成蹊大学法学部教授)<司会>

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
~小さく賢く進化するエアランゲンのつくり方~
『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか』
 高松平藏 著
 四六判・188頁・本体1900円+税(定価2052円)
 

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】比較住宅都市研究会「ロサンゼルス市のミックスト・インカム住宅」(9 /29 、東京)

■比較住宅都市研究会
 「ロサンゼルス市のミックスト・インカム住宅」

ミックスト・インカム住宅の供給は、近年アメリカが力を入れている住宅政策の1つであるが、日本においてはほとんどなじみのないものである。そこでロサンゼルス市ダウンタウンのミックスト・インカム住宅の事例を報告していただき、議論する。

日時:2017年9月29日(金) 18:30~20:30
場所:首都大学東京同窓会 八雲クラブ
   ニュー渋谷コーポラス10階 1001号室
   渋谷区宇田川町12-3
講師:渡邊詞男氏(メタボルテックスアーキテクツ代表)
会費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)学生500円
詳細&申込
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

〈講師のプロフィール〉
1968年福岡県生まれ。1994年早稲田大学大学院修士課程修了後、山下設計、南カリフォルニア建築学校(SCI-Arc)大学院修了、コープ・ヒンメルブラウ、早稲田大学大学院博士後期課程を経る。2011年「ロサンゼルス市におけるMixed-income Housingの開発事業」で博士(工学)を取得。2013年メタボルテックスアーキテクツ設立。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
~疲弊した中小都市を活き活きと甦らせる方法~
『衰退を克服した アメリカ中小都市のまちづくり』
 服部圭郎 著
 A5変判・208頁・本体2200円+税(定価2376円)
 http://bit.ly/2xghyRl

広告を非表示にする

【新刊&イベント案内】『団地図解』出版記念トーク(10.26東京、10.27京都)

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/2274.jpg

『団地図解』出版記念トーク in 東京&京都

団地は山を真平らにして標準設計の建物を南向きに機械的に並べただけ…と思ったら大間違い。本書『団地図解』は地形から造成、配置・ランドスケープ、住棟、間取りを串刺しに読み解くことで団地の設計思考を明らかにしました。

著者の篠沢健太氏、吉永健一氏に加え、東京イベントではゲストにランドスケープアーキテクトの石川初氏と写真家の大山顕氏をお招きし、さらにワイドに・さらにディープに団地を読み解きます。
翌日の京都イベントでは、関西を代表する団地の聖地「千里ニュータウン」にスポットを当て、UR都市機構にて団地の設計に携わった武田重昭氏をゲストにお迎えします。
ふるってご参加ください!

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1710_danchi_1/title.gif

━東京イベント
「白熱討論!団地読み解きLIVE」

日 時:2017年10月26日(木)19:00~21:00(18:30開場)
会 場:建築書店 Archi Books(東京都港区芝5-26-20 建築会館内)
定 員:40名
参加費:1000円(※本書を当日購入or持参の方は500円)
登壇者:石川初、大山顕、篠沢健太、吉永健一
主 催:学芸出版社
協 力:建築書店 Archi Books
↓詳細・お申込はこちら!

www.gakugei-pub.jp

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1710_danchi_2/title.gif

━京都イベント
「知られざる千里ニュータウン。そのつくり方を読み解く」

日 時:2017年10月27日(金)19:00~21:00(18:30開場)
会 場:学芸出版社3階ホール(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
定 員:40名
参加費:1000円(※本書を当日購入or持参の方は500円)
登壇者:武田重昭、篠沢健太、吉永健一
主 催:学芸出版社
↓詳細・お申込はこちら!

『団地図解』出版記念トーク in 京都

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎関連書籍

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/2274.jpg

『団地図解 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考』

篠沢健太・吉永健一 著
<あなたも知らない団地の読み解き方教えます>
★ご予約はこちらから!→ http://amzn.asia/eLjcbW1
★弊社書籍ページ|

bit.ly


「紙面見本」「目次」「著者紹介」「はじめに」「おわりに」を試し読みできます!

広告を非表示にする

【NEWS】「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム 2017 年」( 10/2 ~ /16 )

http://www.skzaidan.or.jp/images/top_main2.jpg

■スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム 2017年

本プログラムは、コミュニティスポーツを暮らしの中に位置づけ、地域社会における健康課題の解決や社会参加に困難を抱える人たちの健やかな生活の増進に取り組む活動を応援するものです。

応募期間:2017年10月2日(月)
        ~10月16日(月)必着
助成期間:2018年4月~2019年3月
助成金額:50万円以下もしくは200万円以下
     ※取り組みの視点によって異なります
詳細&申込み

http://www.skzaidan.or.jp/#sport_application

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『スポーツ都市戦略』
原田宗彦
四六判・252頁・本体2300円+税

持続的効果的なスポーツ政策の進め方を説く

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】公開講座「アートプロジェクトをはじめるための技術」(東京、 10/3 )

http://tarl.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/cb80b5bd373039a60c769126252114ad.jpg

公開講座「技術を深める」(全4回)
 第1回「アートプロジェクトをはじめるための技術
 ~アートプロジェクトの運営スキルを身につけよう・事務局ビギナー編~」

現在開講中の連続講座「思考と技術と対話の学校」では、単発で受講可能な公開講座「技術を深める」を10月より行います(全4回)。
「技術を深める」では、アートプロジェクトを"動かす人"を対象に、アートプロジェクトの運営に必要なスキルをミニレクチャーや実践ワークを通して、身につけていきます。第1回は「事務局ビギナー編」として、2016年度に制作した冊子『アートプロジェクトの現場で使える27の技術』を活用しながら、アートプロジェクトの現場で求められる技術について掘り下げていきます。

日時:10月3日(火) 19:00~21:30(18:45開場)
場所:3331 Arts Chiyoda ROOM302
   東京都千代田区外神田6-11-14 3F
会費:1500円(連続講座受講生は500円)
   ※冊子つき
定員:30名(事前申込者優先)
主催:アーツカウンシル東京
   (公益財団法人東京都歴史文化財団
詳細&申込み

tarl.jp

〈主なプログラム〉
・ワークショップ/アイスブレイク「自分の現在地をつかむ」
・ミニレクチャー/『アートプロジェクトの現場で使える27の技術』「はじめる」「うごかす」「ふかめる」「のこす」ダイジェスト
・実践ワーク/「プロジェクトの体制図を書いてみる」「伝わる企画書を書いてみる」「ことばを磨く」「日常的な記録を考える」

ファシリテーター
・坂本有理(アーツカウンシル東京プログラムオフィサー)
・坂田太郎(P3 artand environment リサーチャー/サイト・イン・レジデンス)
及位友美(voids/コーディネーター)

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『アルスエレクトロニカの挑戦』
鷲尾和彦 著、アルスエレクトロニカ博報堂 協力
四六判・256頁・本体2000円+税
工業都市からの変貌と、クリエイティブ戦略

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】ソトノバ table#20 「これからの日本のストリートの未来をつくろう!」( 9.23 、東京)

http://sotonoba.place/wp-content/uploads/2017/09/sotonobateble20cover.png

■ソトノバtable#20
 ストリートウィーク特別企画!
 「これからの日本のストリートの未来をつくろう!」

道路に関する法制度の緩和により、国内でも人のアクティビティを中心とした道路空間活用が盛んになるなか、ソフト面での利活用のみならず道路空間の再配分による豊かな歩行空間の確保を進める事例も増えてきています。
モータリゼーションの時代から人中心の時代を迎えているストリート。その歴史のふりかえりと国内外各地での事例からこれからの日本のストリートの未来を考える一日にしましょう!

日時:2017年9月23日(土) 13:30~19:30
会場:東京都目黒区目黒2-11-3印刷工場1階
会費:3100円(学生割引あり)
主催:ソトノバ、ストリートウィーク実行委員会
詳細&申込

sotonoba.place

〈主なタイムライン〉
○セッション1:日本のストリートの系譜~ストリートの歴史と法制度を知る~
 1)日本のストリートをふりかえる
   三浦詩乃(横浜国立大学助教、ソトノバライター)
 2)まちづくりと街路の新たな展開
   渡邉浩司氏(国土交通省都市局 街路交通施設課長)
○セッション2:活用事例から考える日本のストリートのこれから
 1)ロンドンのストリート・マーケットからみる日本のストリートのこれから
   鈴木美央氏(Yanasegawa ink代表、ソトノバ・コラムニスト)
 2)遊びをキーワードにしたストリート活用の可能性
   ―Playbourhood Street Tokyo~とうきょうご近所みちあそび―
   嶋村仁志氏(一般社団法人TOKYO PLAY 代表理事
 3)韓国ソウル市初のトランジットモール(延世路)と地方都市・宇部のストリートの実践活動
   宋俊煥氏(山口大学大学院創成科学研究科・助教

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──出会いの場としての道と空地の再生を訴える
『都市の自由空間 街路から広がるまちづくり』
鳴海邦碩 著
四六判・240頁・本体2000円+税(定価2160円)

都市の自由空間

広告を非表示にする

【イベント案内】「観光地経営の核となる“ DMO ”を知る」 in ツーリズム EXPO ( 9/23 、東京)

https://www.mpd.ac.jp/wp-content/uploads/2017/09/dmoseminar20170923.jpg

■「観光地経営の核となる“DMO”を知る」 in ツーリズムEXPO

地方創生の議論から生まれた「日本版DMO」は、注目を集め期待もされていますが、誤解や混乱も見受けられます。本セミナーでは、DMCとDMOの違い、観光まちづくり系の事業主体とDMOの違い等について、整理してご説明致します。また、DMO形成の過程で悩みを抱える背景にある財源の問題、さらに人材育成・確保の課題など、みなさんとともに考えます。

日時:9月23日(土) 13:30~16:30
場所:ツーリズムEXPOジャパン
   東京ビッグサイト セミナールーム10(東1ホール前)
   〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11-1

https://www.mpd.ac.jp/wp-content/uploads/2015/11/732a897d93185229fc67ed45dd6febc7.jpg
講師:大社充(DMO推進機構・代表理事事業構想大学院大学客員教授
会費:1000円
   ※ツーリズムEXPOへの入場料として別途1200円が必要です。
詳細&申込

bit.ly

★大社 充氏の著書★
~顧客志向で行き詰まりを打ち破る実践の手引~
『地域プラットフォームによる観光まちづくり』
 大社充 著
 A5判・240頁・本体2600円+税
bit.ly

~ニューツーリズムに地域が取り組むための本~
『体験交流型ツーリズムの手法 地域資源を活かす着地型観光』
 大社充 著
 四六判・192頁・本体1600円+税(定価1728円)

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】アーキテクトを探せ!Vol.6 「建築×ビジネス」(10/3 、東京)

https://www.opencu.com/wp-content/uploads/2017/09/whereisarchitect-vol6-1200-opg.png

■アーキテクトを探せ!Vol.6
 「建築×ビジネス」
 ツクルバ/中村 真広 × モクチン企画/連 勇太朗 対談

「アーキテクトを探せ!」は、役割が拡大している現在のアーキテクト像を探求するためのインタビュー企画です。
キュレーターには、「モクチンレシピ」を考案し建築や都市デザインを実践するモクチン企画の連勇太朗さん、FabCafeディレクターの岩岡孝太郎を、ゲストには、設計から運営、流通等のさまざまな事業を展開するツクルバの中村真広さんを迎え、事例を中心にその思想や活動の本質を探ります。

日時:10月3日(火) 19:30~21:30
場所:loftwork COOOP 10(渋谷・道玄坂
   東京都渋谷区道玄坂1-22-7 10F
会費:1,500円(領収書発行/ドリンク付き)
   ※書籍付きチケットあり/書籍は当日会場にてお渡しします
定員:30名
出演:中村真広、連勇太朗(敬称略)
詳細&申込み

bit.ly

★ツクルバ&モクチン企画の本★

○ツクルバ/中村 真広さんの著書

~建築と不動産の領域を超え革新的事業を創る~
『場のデザインを仕事にする 建築×不動産×テクノロジーでつくる未来』
 中村真広・村上浩輝・ツクルバ 著
 四六判・208頁・本体1800円+税(定価1944円)
bit.ly

○モクチン企画/連 勇太朗さんの著書

~木賃が変わる、生活が変わる、まちを変える~
『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』
 モクチン企画・連勇太朗・川瀬英嗣 著
 A5判・192頁・本体2200円+税(定価2376円)

bit.ly

広告を非表示にする