gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】日本不動産学会 2017 年度春季全国大会シンポジウム「水害リスクと不動産」( 6/1 、東京)

日本不動産学会 2017年度春季全国大会シンポジウム
 「水害リスクと不動産」

日時:2017年6月1日(木)13:00~15:45
場所:すまい・るホール
   東京都文京区後楽1-4-10 住宅金融支援機構本店1階
費用:無料
定員:200名(申込先着順)
詳細&申込
http://www.jares.or.jp/events/2017.06.01_sympo.html

<開催概要>

<趣旨>
地球温暖化が進行する中で、近年、かつては経験したことのないような局地的集中豪雨やゲリラ豪雨など異常な降雨現象が観察されるようになってきた。
平成27年9月に発生した関東・東北豪雨では、24時間雨量が500ミリを超えており、鬼怒川が決壊した結果、死者2名、負傷者40名以上の人的被害のほか、全半壊家屋5000棟以上という甚大な被害を受けたことは記憶に新しい。
そこで本シンポジウムでは、水害リスクが上昇している中で、浸水被害に対する住宅・家屋といった不動産の安全をどのように確保することが望ましいか、可能性と具体的な対策を議論したい。

<プログラム>
・基調講演
  福岡捷二(中央大学研究開発機構 教授、国土交通省社会資本整備審議会 前会長)
・パネルディスカッション
 パネリスト:
  安藤至大 氏(日本大学大学院総合科学研究院准教授、(公社)日本不動産学会理事)
  磯村篤範 氏(島根大学法務研究科 教授)
  姥浦道生 氏(東北大学大学院工学研究科 准教授)
  川島宏一 氏(筑波大学システム情報系社会工学域 教授)
 コーディネーター:
  中井検裕 氏(東京工業大学環境・社会理工学院建築学系 教授、(公社)日本不動産学会常務理事)

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『歴史に学ぶ 減災の知恵 建築・町並みはこうして生き延びてきた』
大窪健之 著
震災後の今こそ、災害を受け流す知恵に学ぶ
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2532-3.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】にいがた美しいまちなみフォーラム 2017 ( 5/28 、新潟)

■にいがた美しいまちなみフォーラム2017

毎年、景観の日に合わせて、新潟県と県内まちなみ団体との共催で行っているイベントです。
今年は、世界文化遺産を目指す佐渡金銀山の構成要素にもなっている「鉱山都市相川」が会場です。
メインイベントのシンポジウムの他、前日にはまちあるきもあります。この機会に是非、お越し下さい。

日時:2017年5月28日(日) 10:00~14:00
会場:あいかわ開発総合センター(新潟県佐渡市相川栄町1)
定員:200人 ※5/12まで
費用:無料
詳細&申込
http://www.pref.niigata.lg.jp/toshiseisaku/1356863348134.html

<プログラム>
○基調講演 10:00~
 『コミュニティデザイン~人をつなぎ地域をつくる~』
 講師:山崎亮 氏(studio-L代表)
○パネルディスカッション 12:30~
 『地域のつながりがつくるまちづくり』
 コーディネーター:渡邉誠介 氏(長岡造形大学 教授)
 コメンテーター: 山崎亮 氏(基調講演者)
 パネリスト:小林祐玄 氏(NPO法人 相川京町町並み保存センター 理事長)、
 金子一雄 氏(笹川の景観を守る会 会長)、関原剛 氏(NPO法人 かみえちご山里ファン倶楽部 専務理事)
○県内各地の取り組み報告 13:40~

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『まちづくりの仕事ガイドブック まちの未来をつくる63の働き方』
饗庭伸 小泉瑛一 山崎亮 編著

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【NEWS】関テレ・フジテレビ系列(全国放送)「セブンルール」(5/16放送)に著者出演!当社のシェアオフィスでも収録

■関テレ・フジテレビ系列(全国放送)「セブンルール」に著者出演

youtu.be

『まちづくりの仕事ガイドブック』に「街に寄り添い、お金を生むまちづくり」を寄稿いただいた岸本千佳さん(addSPICE・京都移住計画)がドキュメンタリー番組に出演されます。
岸本さんは当社1階のシェアオフィスを仕事場にされており、そこでのインタビューも収録されています。

放送日時:5月16日(火) 23:00~23:30

www.ktv.jp


~岸本さんの著作~
『まちづくりの仕事ガイドブック~まちの未来をつくる63の働き方』
饗庭伸 編著 山崎亮 編著 小泉瑛一 編著
デザイナーから公務員、起業のススメまで!
「街に寄り添い、お金を生むまちづくり」をご寄稿いただきました。

book.gakugei-pub.co.jp


●シェアオフィスのお問合せはこちら
info@gakugei-pub.jp (担当:井口夏実)
※現在シェアオフィスは実験段階です。ご興味のある方はご一報ください。

●3階で貸し会場も行っています。
京都駅間近!詳細は下記

www.gakugei-pub.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】都市住宅学会市民フォーラム「資産としてのマンションの課題」( 5/31 、東京)

■都市住宅学会市民フォーラム
 「資産としてのマンションの課題」

日時:2017年5月31日(水) 14:45~16:45
場所:すまい・るホール
   東京都文京区後楽1-4-10 住宅金融支援機構本店1階
   http://www.jhf.go.jp/about/tenpo/honten.html
公開形式:一般公開・無料
定員:200名(申込先着順)
申込&詳細
http://www.uhs.gr.jp/170531_2017forum.pdf

<内容>
 マンションのストック戸数は約623万戸(平成27年度末国土交通省推計)あり、築後年数の経過したマンションも多数ある。
一方で、老朽化により建替えられるマンションは少数であり、現行の法制度下では、適切に維持管理していくことが重要といえる。そのためには区分所有者が管理組合が行う維持管理・修繕に同意することが必要である。
区分所有者にとってマンションを資産として適切に評価されることが同意するうえで重要なインセンティブとなる。
そこで、最近行われた法整備等の話題を中心に、資産としてのマンションの課題について議論する。

<プログラムと登壇者>
〈コーディネータ〉
 福井秀夫(政策研究大学院大学 教授)
〈パネリスト〉50音順
・大西倫加((株)さくら事務所代表取締役社長)
 「ホームインスペクションの現状と展望」
・城野敏江(住宅金融支援機構まちづくり業務部長)
 「住宅金融支援機構における取組」
・富田 裕(弁護士・TMI総合法律事務所 カウンセル)
 「区分所有建物の瑕疵担保責任について」
中川雅之日本大学経済学部教授)
 「法整備等の経済学的な評価」
・真鍋 純 (仮)(国土交通省住宅局住宅生産課長)
 「インスペクションの普及と宅建業法改正について」


●学芸出版社の本
『マンション管理評価読本 価値を上げる管理の常識』
谷口浩司 編著
生活の質を高め、中古価格を上げる方法
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2528-6.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】「京都府公民連携プラットフォーム設立記念フォーラム」( 5/30 、京都)

■「京都府公民連携プラットフォーム設立記念フォーラム」

日時:2017年5月30日(火) 14:00~17:00(受付 13:00~)
   懇親会 17:30~19:30
場所:都府職員研修・研究支援センター2階 大研修室
詳細&申込
http://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/platform.html

京都府公民連携プラットフォーム」は、府内自治体の公共施設の民間活用や、民間の施設・資金・ノウハウを活用した公共サービスの提供など、ファシリティマネジメントの視点から多様な公民連携を推進するための『産・官・学・金』の対話の場です。

<主な内容>
・事例報告・勉強会
 (1)道の駅「ようか但馬蔵(たじまのくら)」
 藤原淳二 氏 兵庫県養父市産業環境部商工観光課主幹

 (2)道の駅「京 丹波町 味夢(あじむ)の里」
 中村昭夫 氏 京丹波町 総務課新庁舎建設室主任

 (3)市町におけるPFI/PPP事業取組の課題と活路
  インタビュアー:菱木智一 京都府総務部府有資産活用課長

・具体案件を対象とした意見交換会
 「京都スタジアム(仮称)への運営権制度(コンセッション)導入について」
 コーディネーター:
  青山公三 氏 京都府立大学京都地域未来創造センター副センター長
  藤木秀明 氏 大和大学政治経済学部専任講師


『最新エリアマネジメント 街を運営する民間組織と活動財源』
小林 重敬 編著
「現在」と「これから」が、この一冊に

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【新刊イベント案内】『アルスエレクトロニカの挑戦』出版記念イベント(5.28、京都)

『アルスエレクトロニカの挑戦』出版記念イベント

https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18359409_1505016882855547_3465645852354658924_o.jpg?oh=005273b95d143ea7803fe5e261ed7891&oe=59B02C5A

「今、地方都市に必要なクリエイティブ・メソッドとは?─リンツと神山に学ぶ」
鷲尾和彦さん(博報堂クリエイティブ・プロデューサー)、西村佳哲さん(働き方研究家)ご登壇

━趣旨
オーストリアリンツで30年以上続くアートフェスティバル、アルスエレクトロニカ。この祭典を10年にわたり取材し続けてきた鷲尾和彦さんと、ゲストの西村佳哲さんが、地方都市に必要なクリエイティブメソッドについてお話しするトークイベントを開催します。
西村さんは徳島県神山町の移住促進プロジェクトに開始当初から関わってこられました。人口20万人の地方都市、オーストリアリンツの変貌の軌跡、そして神山町の実践を振り返りながら、地方都市だからこそのクリエイティブ思考とは何か、じっくり考えてみる試みです。

━概要
日 時:2017年5月28日(日)14:00~16:00(開場13:30~)
場 所:ロームシアター京都 会議室1
会 費:下記のいずれかをお選びください。
    トークイベント参加のみ→1000円(税込)
    トークイベント+書籍付→2500円(税込)
定 員:先着30名様
主 催:京都岡崎 蔦屋書店
★店頭またはお電話にてお申込みください。(075-754-0008)
↓詳細はこちら

real.tsite.jp

◎関連書籍
『アルスエレクトロニカの挑戦
なぜオーストリアの地方都市で行われるアートフェスティバルに、世界中から人々が集まるのか』
鷲尾和彦 著/アルスエレクトロニカ博報堂 協力

book.gakugei-pub.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●著者TV出演情報★明日です!★
岸本千佳さん(『まちづくりの仕事ガイドブック』著者)が
関テレ・フジテレビ系列(全国放送)「セブンルール」にご出演されます!

岸本さんは当社1階の実験的シェアオフィスを仕事場にされており、
そこでのインタビューの様子も放送されます!

youtu.be

日時:5月16日(火)23:00~23:30
スタジオキャスト:青木崇高本谷有希子 ・YOU ・若林正恭(オードリー)
オフィシャルサイト:http://www.ktv.jp/7rules/

◎関連書籍★好評3刷!★
『まちづくりの仕事ガイドブック まちの未来をつくる63の働き方』
饗庭伸、小泉瑛一、山崎亮 編著

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】第 3 回まちなか広場賞公募開始(締切、 6/23 )

■第3回 まちなか広場賞 公募開始のお知らせ

あなたのまちの「まちなか広場」のすばらしさ!をPRしてみませんか!
整備されたお立場でも、愛用者目線でも、ご応募可能です。
授賞されることにより、地域のトピックスとなりさらなる輪が!よろこびの笑顔が!全国各地で広がっております。

過去2回の様子↓
http://publicplacestudy.org/tag/まちなか広場賞/

応募詳細はこちら↓
https://www.facebook.com/machinakahiroba/

<スケジュール>
5月1日(月)    公募開始
  19日(金)   質問受付締切
  末頃      質問に対する回答表公開

6月23日(金)    応募締切

7月中旬       審査会実施(非公開)

8月1日(火)    審査結果発表(HPにて公開)

9月8日(金)    授賞式(第5回全国まちなか広場研究会:大阪中之島中央公会堂)


■【告知】第5回全国まちなか広場研究会、開催!

今年度は、広場&水辺のすばらしい事例の宝庫!大阪にて、しかも!国指定重要文化財大阪市中央公会堂」をメイン会場に開催いたします。
人気の大阪エリア。ホテルのご予約等お早めによろしくお願いいたします。
7月1日には、こちらでお知らせができるよう準備を進めて参ります。
https://www.facebook.com/machinakahiroba/

○スケジュール
 9月7日(木) 前夜祭
   8日(金) 午前中/第3回まちなか広場賞授賞式
        午後/第5回全国まちなか広場研究会(事例発表+分科会)
        終了後/懇親会
   9日(土) 現地視察(事例発表いただいた施設を中心に実施予定)

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本

にぎわいの場 富山グランドプラザ: 稼働率100%の公共空間のつくり方
 

山下裕子
市民に愛される公共空間の計画から運営まで
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2557-6.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】地域おこし勉強会 201 7 、第 3 回「グローカルな経験交流・まなびあい」( 5/27 、東京)

■地域おこし勉強会2017
 第3回 「グローカルな経験交流・まなびあい」
(一財)国際開発機構(FASID)池部まり さんより

日時:2017年5月27日(土) 13:00~16:00
場所:FASIDセミナールーム
   東京都港区麻布台2-4-5メソニック39MTビル6階
費用:一般…1000円
   法人賛助会員・FASIDフレンズ…500円
講師:島上宗子氏
   一般社団法人あいあいネット副代表理事愛媛大学国際連携推進機構准教授
定員:25名(先着順。定員に達し次第締め切らせていただきます。)
詳細

www.fasid.or.jp

今回(第3回目)は、実践者として長年活動されている島上宗子氏(一般社団法人あいあいネット副代表理事愛媛大学国際連携推進機構准教授)を講師にお迎えし、「グローカルな経験交流・まなびあい」をテーマに、お話ししていただきます。
日本のムラに息づいてきた資源管理と合意形成の仕組みである「入会」(いりあい)と「寄合」(よりあい)は、コミュニティの自治を支える柱であり、昔も今も、ムラでもマチでも、時代や国境を越えて学びあえる価値-暮らしを支え、自治を育む共生の知恵がある、と講師は考えています。
そのきっかけとなった、日本とインドネシアの山村の知恵・知識と経験をつなぐ試み-いりあい交流と、研究者、NGO、地域住民、政府職員など立場を超えてつくりだされたネットワークが生み出したこと、そして、現在進行形の取組みも含めて、以下についてご経験を分析していただきます。
(1)講師が関わっている「グローカルな経験交流・まなびあい」は、何を目指してどのような活動を行ってきたのか。その視点・アプローチなど詳細。
(2)その経験から分かったこと、学んだことは何か。
(3)講師が定義する地域づくり・地域おこしに必要不可欠な要因分析。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本

アグリコミュニティビジネス

アグリコミュニティビジネス

 

大和田順子 著
地域社会と私たちが輝く未来へ、いざ開墾!
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1280-4.htm

広告を非表示にする

【イベント案内】第4回「持続可能な子育て・まちづくり東京井戸端会議(こまち井戸端会議)」( 5/13 、東京)

■第4回「持続可能な子育て・まちづくり東京井戸端会議(こまち井戸端会議)」
 神田万世橋周辺の親子連れまちあるきとクロストーク
 「男女共同参画の現状」

日時:2017年5月13日(土)午後予定
費用:資料代として2000円(学生半額・高校生以下無料/マーチエキュート商品おみやげ付き)
   懇親会…淡路町周辺禁煙店(会費4000円前後予定/学生半額)
定員:30名
主催:環境NGOエコ・クリエーターズ・クラブ
協力:非喫煙者を守る会・東京

詳細&申込(申込締切は5月10日(水)23:00まで!)
http://ecc.jp.net/saito/Information46.html

<概要>
交通の要衝として歴史的価値の高い千代田区神田万世橋駅(現・マーチエキュート万世橋)とその周辺を、親子連れ歓迎のまちあるきをしながら、地域の歴史的資産確認と、子育てしやすいまちづくりや男女共同参画について多方面からゆるく議論します。

<クロストーク話題提供予定>
・法律関係者 メインスピーカー
 芹沢眞澄さん 東京弁護士会前副会長/東京弁護士会男女共同参画推進本部
  「男女共同参画の現状について法律の側面から ー子育てしながら働きやすい社会とはー」

・マーチエキュート関係者
 黒越友美さん JR東日本ステーションリテイリング mAAch ecute LIBRARY 店長
  「神田万世橋の歴史・移動輸送の要衝としての万世橋・職場での女性の活躍事例」

 橋正雄さん JR東日本ステーションリテイリング(マーチエキュートの土木方面担当)
  「神田万世橋マーチエキュートへの改装秘話等、改装時の土木的お話」

神田淡路町地域関係者
 三田村美保さん 株式会社NHK出版 まる得マガジン編集部編集長/神田淡路町出身
  「子育てと仕事について&神田淡路町の思い出」


●学芸出版社の本 

まち歩きガイド東京+

まち歩きガイド東京+

 

TEKU・TEKU 編
まちづくり専門家の案内で、街の魅力を体感
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2449-4.htm

広告を非表示にする

【新刊/イベント案内】『世界の地方創生 辺境のスタートアップたち』出版記念イベント(6.6、東京)

『世界の地方創生 辺境のスタートアップたち』出版記念イベント
松永安光氏、漆原弘氏、鈴木裕一氏ご登壇

━概要
日 時:2017年6月6日(火)18:00開場、18:30~20:30頃(その後交流会あり)
場 所:文京区シビックホール3階会議室 http://bunkyocivichall.jp/access
    東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター/TEL: 03-5803-1100
    ※フロア図(図の3F左下にある会議室エリア)
    → http://bunkyocivichall.jp/img/guide_index_img01.gif
会 費:1000円、定員50名(先着順)(交流会は実費です)
★『世界の地方創生』をお持ちの方、会場でお買い上げの方は会費無料
主 催:学芸出版社
↓詳細・お申し込みはこちら
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1706tihousousei/

━趣旨
 世界の山村、農村、旧市街地に、ローカルビジネスに挑む起業家や自治体がいます。自らリスクをおって一歩を踏み出すスタートアップたちの勇気こそが地方創生に求められているのではないでしょうか。
 先進木造、村ぐるみの宿、美酒佳肴、小規模公民連携、美食とラーニング、アートビジネス、森林活用、既存ストック活用など、本書で紹介した事例は辺境といえる小さな村や町、あるいは欧州や国の中心からは外れた都市で、誰かが決断し進めている事業です。
 今回のセミナーではいくつかの典型的な事例をご紹介し、執筆した私たちがもっとも大切だと思うこと、皆さんに伝えたい点は何かを議論し、提言したいと思います。(著者を代表して 松永安光)

<登壇者(予定)>
松永安光(編著者、アルプス地方)/漆原弘(グラスゴー)/鈴木裕一(スペイン・ピレネー

『世界の地方創生 辺境のスタートアップたち』5月末発売予定!
★会場でもお買い求めいただけます★

book.gakugei-pub.co.jp


アマゾン予約はこちら 

世界の地方創生: 辺境のスタートアップたち

世界の地方創生: 辺境のスタートアップたち

  • 作者: 松永安光,徳田光弘,漆原弘,鷹野敦,中橋恵,鈴木裕一,宮部浩幸
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/05/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

◎京都でも出版記念セミナーを行います:5月26日(金)@学芸出版社
詳細はこちら→http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1705sousei/
━━━━━━━━━━━━━━━━━
★第27回 出版社共同企画 「期間限定 謝恩価格本フェア」(4.21~6.21)
楽天ブックス内で開催中。各社対象書籍が半額です!
学芸出版社は「食と農とまちづくり」をテーマに8点出品しています。
http://bit.ly/2p2g8VA

広告を非表示にする