gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】『マスタープランは必要か?~日本型のプレイス・ベースト・プランニングを考える~』( 9/21 、東大本郷)

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=960x10000:format=png/path/s9712ee2cb616e067/image/ib0cbd8c4e011a2dc/version/1476426684/image.png

JSURPまちづくりカレッジ2016『人口減少社会を読む2』特別企画
 『マスタープランは必要か?
 ~日本型のプレイス・ベースト・プランニングを考える~』

日時:2017年9月21日(木) 18:00~20:30
場所:東京大学本郷キャンパス工学部14号館141講義室
会費:1000円(資料代)
主催:認定NPO法人日本都市計画家協会
詳細&申込

2017/09/21まちづくりカレッジ2016『人口減少社会を読む2』特別企画のご案内 - 日本都市計画家協会

本格的な人口減少社会が到来し、都市は発展から成熟の時代へ。地域を衰退させず持続させるための、今までにはないタイプの計画策定が求められています。
このような中、アメリカでは「プレイス・ベースト・プランニング」という新たな計画手法が注目されています。日本とは少し背景が違いますが、都市成熟の時代における、都市計画のあり方や視点を大きく見直すべき時期に来ていると考えられます。
このような問題認識から、このセッションでは、これからのマスタープランのあり方について、事例を通じて考えたいと思います。

〈主なプログラム〉
・これからのマスタープランに求められる要素(仮説)
・計画理論の変遷とプレイス・ベースト・プランニング
 ─フリント、ヤングスタウンなど
・近年のマスタープラン事例紹介
 ─名古屋市草加市平塚市横浜市(次世代郊外まちづくり)など

〈報告・討論者〉※敬称略
・小泉秀樹(JSURP/東京大学都市工学科教授)
・村山顕人(東京大学都市工学科准教授)
高鍋剛(JSURP/都市環境研究所・主任研究員)

◎関連書籍
☆新刊☆
『都市縮小時代の土地利用計画 多様な都市空間創出へ向けた課題と対応策』
日本建築学会 編
空地、空家を制御し、むしろ活かす為の方策

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

【イベント案内】第2回京都府公民連携プラットフォーム( 8/8 、京都)

http://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/images/kaizyou.jpg

第2回京都府公民連携プラットフォーム

日時:2017年8月8日(火) 13:30~17:00(受付13:00~)
   懇親会 17:30~18:30
場所:久御山町中央公民館 5階コンベンションホール
   京都府久世郡久御山町島田ミスノ38番地
会費:無料(懇親会1000円)
定員:70名
詳細&申込
http://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/platform.html

今年度、第2回目となります今回のプラットフォームでは、他の地域でPFI事業に参画した地域事業者の方にお越しいただき事例研究を行います。また、久御山町中央公民館の公民連携の可能性について意見交換を実施します。

〈主なプログラム〉
・事例報告、勉強会「地域事業者のPFI参画について」
 平田裕之氏(平田建築設計株式会社代表取締役
 松浦真明氏(鈴与建設株式会社取締役)

・具体案件を対象とした意見交換会久御山町中央公民館 公民連携の可能性について」
 コーディネーター:藤木秀明氏(大和大学政治経済学部専任講師)
久御山町中央公民館について、ホールを含めた公民館施設の効率的効果的運営や、中央公民館の建替・改修を行う場合の機能付加などについて意見交換を行います。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『ドイツ・縮小時代の都市デザイン』
服部圭郎 著
人口減少社会を生き抜くドイツの姿勢と政策

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

新刊発売!『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』

『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』

book.gakugei-pub.co.jp

モクチン企画/連勇太朗・川瀬英嗣 著

A5判・192頁
定価 本体2200円+税

木造賃貸アパート(モクチン)は戦後大量に建てられたが、今老朽化と空き家化が著しい。建築系スタートアップ・モクチン企画はその再生をミッションに、シンプルな改修アイデア・モクチンレシピを家主や不動産業者に提供する。街から孤立した無数のモクチンを変えることで豊かな生活環境、都市と人のつながりをとり戻す試み。

<著者による内容紹介動画>
モクチン企画の連勇太朗氏、川瀬英嗣氏が本書の内容を動画で紹介されています。是非ご覧ください!

www.youtube.com

---
★出版記念トークイベント「まちと建築の新しいメソッド」★
━東京編・7/29(土)<今週末です!>
詳細|http://real.tsite.jp/futakotamagawa/event/2017/07/post-414.html

日 時:2017年7月29日(土)15:00~17:00(開場14:45)
会 場:二子玉川 蔦屋家電 2F ダイニング
ご登壇:連勇太朗さん、西沢大良さん
定 員:60名
お申込方法:下記URLより書籍付きイベント参加券をお求めください。お電話でも承ります。

store.shopping.yahoo.co.jp


主催・お問い合わせ:二子玉川 蔦屋家電(03-5491-8550)

━京都編・8/4(金)
日 時:2017年8月4日(金)19:00~21:00(開場18:30)
会 場:学芸出版社3階ホール
ご登壇:連勇太朗さん、家成俊勝さん
定 員:60名程度
会 費:1.書籍『モクチンメソッド』を購入される方:2400円(本代込み)
    2.書籍『モクチンメソッド』ご持参の方:無料
    3.聴講のみの方:1000円
↓お申込み・詳細はこちら!

www.gakugei-pub.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●学芸出版社 おすすめの1冊
『場のデザインを仕事にする』
中村真広×村上浩輝×ツクルバ 著|

bit.ly

★太刀川瑛弼さん(NOSIGNER代表)に書評をいただきました!★
書評「建築を越境する挑戦者たち」
”…僕たちもまた新しい運動をツクルぞ!という気持ちを起こさせる、清々しい本でした。…”
全文はこちら→ 

www.japandesign.ne.jp


(デザイン情報サイト「JDN」おすすめ書籍コーナー)

広告を非表示にする

【イベント案内】劇場ツアー「徹底解説!ロームシアター京都建築ツアー」( 8/7 ~8 、京都)

http://rohmtheatrekyoto.jp/wp-content/uploads/97b25195b51a046ef8954152e886224c.jpg

劇場ツアー
 徹底解説!ロームシアター京都建築ツアー

日時:2017年8月7日(月)  19:30~21:30
        8日(火) 14:00~16:00
場所:ロームシアター京都
会費:1000円(資料込)
主 催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
詳細&申込

rohmtheatrekyoto.jp


※各回定員に達し次第、〆切とさせていただきます
※未就学児不可
※本人のみ申込可

戦後モダニズム建築の傑作と評価された京都会館、その建築を保存改修したロームシアター京都は、「元設計者の前川國男との時間を超えた対話を通し、建築が市民の憩いや集いのスペースとして地域を活性化させた、建築を超えた力を持ったプロジェクト」として高く評価されています。
そこで今回の建築ツアーは、元設計者・前川國男による建築の特徴と当時の検討の数々、改修設計者・香山壽夫による保存改修の内容と新旧の調和、そして、モダニズム建築・ホールを中心とした公共文化施設をどのように再生したのか、この3つのテーマを紐解きながら、建築に詳しくない方も楽しめるよう、設計を担当した香山壽夫建築研究所のスタッフ(下川太一)と劇場スタッフ((公財)京都市音楽芸術文化振興財団 ロームシアター京都 管理課長 宮崎刀史紀)が、皆様をご案内致します。

◎関連書籍

前川國男氏を含め、14人の作家の代表作や、その生き方と発想の源を紹介します!
『近代日本の作家たち 建築をめぐる空間表現』
黒田智子 編
作家の生き方・理念・作品で読む近代建築史
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2379-4.htm
☆★全国の書店にて好評発売中★☆

広告を非表示にする

【NEWS】ソトノバなソト空間・プロジェクト募集!「ソトノバ・アワード」(締切 8/10 )

http://sotonoba.place/wp-content/uploads/2017/07/sotonobaawardcover.png

ソトノバなソト空間・プロジェクト募集!
 ソト空間全般を対象とする日本初の表彰プロジェクト
 「ソトノバ・アワード」

締切:8月10日(木)
詳細&応募はコチラ
sotonoba.place

パブリックスペースの情報について問題意識を感じて始めた、公共空間特化型ウェブマガジン「ソトノバ」。
活動を開始して、1年9ヶ月が経ち、300記事を配信し、各地の実践で、様々なアイデアや実践が繰り広げられてきていることを実感しています。
そこで、近年、パブリックスペース利活用やパブリックライフ(都市生活)、アクティビティが注目される中で、そのクオリティやこれから目指すパブリックライフ、使い方などのこれからのソトやパブリックスペースの姿を探求する必要を感じています。
今回、ソトノバ・アワードを今年初めて行いますので、ぜひたくさんのプロジェクトやソトの使い方をご応募ください。

◯ソトノバ・アワードとは
ソトノバ・アワードとは、日本初のソト(屋外)空間全般を対象とした表彰プロジェクトです。
日本のソトやパブリックスペースを豊かに楽しく活用するケースが増えている中で、議論に値するもの、一定の成果を挙げたもの、これからの展開が期待されるものなどの事例を表彰するために、ソトノバが創設しました。
2017 年に、第1回として実施いたします。

◯審査員
ソトノバメンバーのほか、ゲスト審査員2名、戦略的パブリックスペース活用学若手奨励特別研究委員会から3名を加え、計17名で審査いたします。
・審査員長
 泉山塁威(ソトノバ編集長/東京大学助教
・ゲスト審査員
 泉英明(ハートビートプラン)
 中島直人(東京大学准教授)
・ソトノバ審査員
 荒井詩穂那(ソトノバ副編集長/首都圏総合計画研究所)
 三谷繭子(ソトノバ副編集長/Groove Designs)
 樋口トモユキ ( ソトノバ副編集長/ローカルメディア)
 他8名
・戦略的パブリックスペース活用学若手奨励特別研究員会(選抜):
 小林遼平(つくば市役所)
 宋俊煥(山口大学大学院創成科学研究科・助教
 林匡宏(株式会社北海道日建設計

〇アワード部門
A.アクション─社会実験・利活用
B.リサーチ─学術研究・調査手法
C.デザイン&ツール─空間・家具・プロダクト設計
D.プロジェクトデザイン─プロセス・仕組み
E.メディア|普及啓発・情報媒体
W.わたしのソトノバ

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』
馬場正尊+OpenA 編著、木下斉 松本理寿輝 他著

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

新刊発売!『一級建築士合格戦略 製図試験のウラ指導 2017年版』

一級建築士合格戦略 製図試験のウラ指導 2017年版』

book.gakugei-pub.co.jp

教育的ウラ指導 編著

A4変判・192頁
定価 本体3600円+税

合格するにはコツがある。近年の試験で特に求められる計画力は、課題文を解くだけでは養われない。本書では、計画力を効率的に養える「フリープランニング練習」を徹底解説。また、合格者の声をもとに実践的なエスキスの進め方を解説し、製図試験対策のノウハウを伝える。H28年度を含む過去14年分の標準解答例も掲載。

<平成29年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題が公表されました>
http://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-seizu.html
今年の課題→「小規模なリゾートホテル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★学科試験おつかれさまでした★
10月8日 製図試験に向けて!○学芸出版社の一級建築士試験対策書籍○

一級建築士設計製図試験 ステップで攻略するエスキース
山口達也+製図試験.com 著|http://bit.ly/2sMdLVR
<合格エッセンスをまとめたエスキース指南書>
刊行記念レクチャー:7月26日・27日@東京、7月29日@京都、8月2日@大阪
詳細はこちら→

seizushiken.com

一級建築士受験 合格者たちの勉強法』
教育的ウラ指導 著|

bit.ly

<本番で点数を稼げる上手な勉強法を伝授する>

広告を非表示にする

【イベント案内】PDC夏季シンポジウム「地域経済と公共空間4 ~水辺を使いこなす」( 7/29 、東京)

http://www.pdc-j.org/events/img/event-20170729.jpg

PDC夏季シンポジウム
 「地域経済と公共空間4~水辺を使いこなす」

日時:2017年7月29日(土) 13:30~17:00
会場:日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館3階131教室
会費:会員500円(JUDI会員を含む)/一般1,000円/学生無料
   ※懇親会を予定しています(懇親会費4,000円)
主催:一般社団法人パブリックデザインコンソーシアム(PDC
後援:JUDI、TDA、JLAU、JSCE(景観・デザイン委員会)
詳細&申込
http://www.pdc-j.org/
※本セミナーは「都市計画CPD」の認定プログラム(3単位)です。

〈主なプログラム〉
・講演
 福田勝之氏(国土交通省水管理・国土保全局河川環境課 課長補佐)
・パネルディスカッション
 福田勝之氏
 天野光一氏(日本大学理工学部まちづくり工学科)
 伊藤登氏(プランニングネットワーク)
 岡田一天氏(プランニングネットワーク)

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『都市を変える水辺アクション 実践ガイド』
泉英明 嘉名光市 武田重昭 編著
いま都市の水辺が面白い。多様な展開を紹介

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする

新刊発売!『図解 住まいの寸法』堀野和人・黒田吏香 著

『図解 住まいの寸法 暮らしから考える設計のポイント』

book.gakugei-pub.co.jp

堀野和人・黒田吏香 著
日本建築協会 企画

A5判・200頁
定価 本体2600円+税

<数字の持つ意味がわかる!実務に役立つ1冊>
●玄関の靴箱は4人家族で棚延長10m(50足分)
●洗面室の窓の高さは2.0m超でプライバシーと防犯性向上
●子供室は足掛り+800mmの手すり追加で転落防止 …etc.

住宅の設計には、そこに住む人の暮らしをふまえた寸法への理解が欠かせない。本書では、玄関、階段、トイレ、洗面室など、住まいの13の空間の持つ機能と要素を整理し、そこで行われる生活行為に支障のない、理に適った寸法をわかりやすい2色刷イラストで紹介。寸法という数字の持つ意味を知ることで設計実務に活かせる一冊。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●学芸出版社 おすすめの1冊

http://www.gakugei-pub.jp/top/slide/2272tsukuruba-syohyo.jpg

『場のデザインを仕事にする』
中村真広×村上浩輝×ツクルバ 著|

bit.ly

★太刀川瑛弼さん(NOSIGNER代表)に書評をいただきました!★
書評「建築を越境する挑戦者たち」
“…僕たちもまた新しい運動をツクルぞ!という気持ちを起こさせる、清々しい本でした。…”
全文はこちら→ 

www.japandesign.ne.jp


(デザイン情報サイト「JDN」おすすめ書籍コーナー)

広告を非表示にする

著者による解説動画公開!&『モクチンメソッド』出版記念トークイベント再告知( 7/29 @東京、 8/4 @京都)

『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』著者によるPR動画を公開!

著者であるモクチン企画の連勇太朗氏、川瀬英嗣氏による書籍のPR動画が公開されています。
中身をみながら著者自身による内容の紹介がされています!!
是非ご覧ください!

www.youtube.com

★☆好評発売中☆★
『モクチンメソッド 都市を変える木賃アパート改修戦略』
モクチン企画 連勇太朗 川瀬英嗣 著
木賃が変わる、生活が変わる、まちを変える

book.gakugei-pub.co.jp

↓もっと話が聞きたいと思った方はこちらへ・・・↓

http://www.gakugei-pub.jp/top/slide/5531mokuchin-event.jpg

■出版記念トークイベント!
 「まちと建築の新しいメソッド」

建築系スタートアップ・モクチン企画は、木賃アパートの改修アイデア「モクチンレシピ」を開発し、家主や不動産業者と連携しながら、孤立したアパートと地域を変えてきました。
都市に無数に存在するモクチン(木賃)を変えることで、生活環境を変え、都市とのつながりをとり戻すことをミッションにしています。
part1では建築家の西沢大良氏、part2では建築家の家成俊勝氏を迎え、モクチン企画設立以来の方法論をまとめた本書を手掛かりに、語りつくしていただきます。

part1@東京

日時:7月29日(土) 15:00~17:00(開場14:45)
会場:二子玉川 蔦屋家電 2F ダイニング
定員:60名程度
会費:対象書籍『モクチンメソッド』(2,376円税込)または、イベント参加費1080円(税込)をご購入下さい。
   ※蔦屋家電ECサイトでも販売
主催:二子玉川 蔦屋家電 BOOK
詳細&申込

real.tsite.jp

part2@京都

日時:8月4日(金) 19:00~21:00(開場18:30)
会場:学芸出版社3階ホール
定員:60名程度
会費:(1)本を購入される方・・・2,400円(本代込み)
   (2)本ご持参の方・・・無料
   (3)聴講のみの方・・・1000円
詳細&申込

www.gakugei-pub.jp

〈登壇者プロフィール〉

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1708mokuchin/muraji_portrait.jpg

連勇太朗(むらじ・ゆうたろう)

NPO法人モクチン企画代表理事
1987年生まれ。慶應義塾大学大学院特任助教横浜国立大学大学院客員助教。2012年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、2015年同大学大学院後期博士課程単位取得退学。
2012年にモクチン企画を設立、代表理事に就任。Archi-Commons(アーキ・コモンズ)という建築デザインを共有資源化するための方法論を考案し、研究と実践をしている。

http://real.tsite.jp/futakotamagawa/event/nishizawa_taira.jpg

西沢大良(にしざわ・たいら)

※東京イベントで登壇

1964年東京生まれ、建築家。1993年西沢大良建築設計事務所設立。2013年芝浦工業大学建築工学科教授。主な作品は「砥用町林業総合センター」(04年)、「沖縄KOKUEIKAN」(06 年)、「駿府教会」(08年)、「宇都宮のハウス」(09年)、「芝浦まちづくりセンター」(16年)、「今治港再生事業」(進行中)など。主な論文は「現代都市のための9か条」(『新建築』 2011年10月号、2012年5月号)、「群・カタチ・アクティビティ」(『新建築』2001年10月号)。
AR-AWARD最優秀賞(英国)、 ART&FORM最優秀賞(米国)など受賞多数。作品集「西沢大良1994-2004」TOTO出版、「西沢大良2004-2010木造作品集」INAX出版

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1708mokuchin/ienari.jpg

家成俊勝(いえなり・としかつ)

※京都イベントで登壇

建築家・dot architects共同代表。
1974年生まれ。関西大学法学部法律学科卒業。大阪工業技術専門学校夜間部卒業。
専門学校在学より設計活動を開始。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科准教授。大阪工業技術専門学校建築学科2部非常勤講師。

広告を非表示にする

【イベント案内】第 55 回西村幸夫町並み塾 in 小松(7 /29 、石川県)

第55回西村幸夫町並み塾in小松

日時:2017年7月29日(土) 13:30~17:30
場所:絵本館ホール 十九番館
   石川県小松市京町19番地5
会費:無料
詳細&申込

bit.ly

町並み塾は平成16年度より、東京大学西村幸夫教授をホストに、日本各地で町並み保存やまちづくり活動を実践されている方々をゲストにお招きして開催しています。
ゲストのまちづくり活動への取り組みをお聞きし、その情熱やノウハウを共有しこれからのまちづくりに活かしていきたいと考えています。
今回のゲストは、宇陀市において2006年に築170年の町家を購入して入居。2008年の結婚出産を経て現在親子4人で歴史的町並みでの町家暮らしを満喫中の森本陽子(もりもと・ようこ)さんです。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!!!

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『町家再生の論理』
宗田好史 著
町家に新たな価値を見出し高めるまちづくり
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2451-7.htm

広告を非表示にする