gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【新刊&イベント案内】『団地図解』出版記念イベント!( 10/ 26 @東京、 10/27 @京都)

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1710_danchi_1/title.gif

■『団地図解』出版記念イベント!
 東京・京都の2ヶ所で開催します。申し込み受付中!

~東京編~

「白熱討論!団地読み解きLIVE」

日時:10月26日(木) 19:00~21:00(開場18:30)
場所:建築書店 Archi Books
   (〒108-8414 東京都港区芝5-26-20)
会費:1000円
   ※本書を当日購入orご持参の方は500円
定員:40名
主催:学芸出版社
詳細&申込み

bit.ly

〈ゲスト〉※敬称略
石川初  慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科/環境情報学部教授
大山顕  フォトグラファー/ライター
篠沢健太 工学院大学建築学部まちづくり学科教授
吉永健一 吉永建築デザインスタジオ、団地不動産代表

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1710_danchi_2/hp_banner.gif

~京都編~

「知られざる千里ニュータウン。そのつくり方を読み解く」

日時:10月27日(金) 19:00~21:00(開場18:30)
場所:学芸出版社3階ホール
   (〒600-8216 京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
会費:1000円
   ※本書を当日購入orご持参の方は500円
定員:40名
主催:学芸出版社
詳細&申込み
http://bit.ly/2wIEwfC

〈ゲスト〉※敬称略
武田重昭 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科助教
篠沢健太
吉永健一

◎10月発売!
『団地図解 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考』
篠沢健太・吉永健一 著
B5変判・140頁・本体3600円+税
あなたも知らない団地の読み解き方教えます

★紙面見本、はじめに、おわりに、を試し読みできます!
弊社の書籍ページ⇒

bit.ly

★ご予約はこちらから!
Amazon商品ページ⇒http://amzn.to/2x97NEm

広告を非表示にする

【イベント案内】京都出店応援ナビ「物件見学会 in 北野商店街」( 9/30 、京都)

http://www.dan-dan.com/kyotopro/wp-content/uploads/2017/08/cropped-%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E7%94%BB%E5%83%8F-1.jpg

■京都出店応援ナビ
 第一弾「物件見学会in北野商店街」

日時:2017年9月30日(土)
   15:00~17:00(受付14:30~)
場所:佛教大学コミュニティキャンパス北野「ゆいま~る」
   (京都市上京区一条通七本松西入東町35-4)
   ※会場へは公共交通機関を御利用ください
会費:無料
定員:先着15名(要事前申込み)
主催:京都市
詳細&申込み ※申込み締切は9/29(金)

[第1弾]物件見学会in北野商店街のお知らせ! – 「京都出店応援ナビ」~ひと・まち・商い縁結び~

京都市内への新規出店を応援する「京都出店応援ナビ」。その一環として、オーナー側と出店希望者側双方の改装費の一部を補助する補助制度を創設しました。今回、補助制度の説明とともに、京都市上京区の北野商店街で空き店舗を内覧できる「物件見学会」「ミニ講演会」を開催いたします。商店街内物件のリノベーションにご関心のある皆様の、ご参加をお待ち申し上げます。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『不動産の価値はコミュニティで決まる』
甲斐徹郎 著
A5判・160頁・本体1900円+税
持続的に価値を伸ばす新しい不動産の営み方

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】第 57 回ひめじまちづくり喫茶「そうだ、『イケフェス大阪』へ行こう!」(9/27 、姫路)

■第57回ひめじまちづくり喫茶
 「そうだ、『イケフェス大阪』へ行こう!
 ~日本最大の建築公開イベント
   『生きた建築ミュージアムフェスティバル 大阪』のつくり方~」

日時:9月27日(水)
   18:30~20:30
場所:納屋工房
   (姫路市本町68大手前第一ビル4階)
講師:若井冨美代さん
   (大阪市都市整備局企画部まちづくり事業企画担当課長)
会費:1000円、懇親会は別途1,000円
   ※要事前申込み
詳細&申込み
http://bit.ly/2yBgW6E

今年で4回目を迎える「イケフェス大阪」に創設期から関わっていらっしゃる大阪市職員の若井冨美代さんをゲストにをお迎えし、建物オーナーや大学・行政関係者のボランタリーな関わりが支えるイベントのお話をうかがいます。多くのみなさまのおこしをお待ちしています。

〈講師のプロフィール〉
大阪市出身。大阪市立大学生活科学部卒。1991年大阪市入庁。
都市計画部局で都市計画・景観計画等を担当。2004年都市整備局へ異動し、船場HOPEゾーン事業など地域と連携して進めるまちづくりに携わる。「生きた建築ミュージア
ム事業」には2012年の創設期から関わり、現在も具体的な事業実施を担当している。生きた建築ミュージアム大阪実行委員会イケフェス大阪プロジェクトチームメンバー。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/5530.jpg

『まちをひらく技術─建物・暮らし・なりわい─地域資源の一斉公開』
オープンシティ研究会/岡村祐・野原卓・田中暁子 著
A5判・224頁・本体2500円+税
国内外22事例の企画運営ノウハウと創意工夫

bit.ly

広告を非表示にする

新刊発売!『まちをひらく技術』オープンシティ研究会著

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/5530.jpg

■新刊発売!
 『まちをひらく技術 ─建物・暮らし・なりわい─ 地域資源の一斉公開』

 オープンシティ研究会/岡村祐・野原卓・田中暁子 著
 A5判・224頁
 定価 本体2500円+税

──国内外22事例の企画運営ノウハウと創意工夫
建築、庭、工場、スタジオ、文化遺産等、地域資源を一斉公開する試みが広がっている。オーナー・ボランティア・参加者・行政など多様な主体が関わることで、情報発信や集客など観光効果をはじめ、仲間作りやコミュニティ形成につながる地域づくりの手法だ。国内外22事例をもとに取組の背景、ハウツー、創意工夫の内情に迫る。

〈目次〉
I 部 理論編:なぜ、まちをひらくのか
 1章 まちをひらく取組み
 2章 オープンシティ・プログラムとは何か?
 3章 まちづくりの技術としてのオープンシティ・プログラム
 4章 オープンシティ・プログラムの構想・企画・運営

II 部 事例編:各地のオープンシティ・プログラム
 1章 「建築」をひらく
    オープンハウス・ロンドン/オープンハウス・ワールドワイド/生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪
 2章 「暮らし」をひらく
    金澤町家巡遊/五月が丘まるごと展示会/城下町村上 町屋の人形さま巡り・屏風まつり ほか2事例
 3章 「庭」をひらく
    おぶせオープンガーデン/カシニワ/オープンフォレスト in 松戸
 4章 「なりわい」をひらく
    おおたオープンファクトリー/燕三条 工場の祭典/花の超祭典 ほか2事例
 5章 「クリエイティビティ」をひらく
    関内外OPEN!/芸工展谷根千/金沢クリエイティブツーリズム
 6章 「レガシー」をひらく
    欧州遺産の日/足利の文化財一斉公開/ぎょうだ蔵めぐりまちあるき

弊社書籍ページ|

bit.ly


★「目次」「はじめに」「あとがき」を試し読みできます!

広告を非表示にする

【イベント案内】デイビッド・シム氏 (Gehl) 「講演会」「国際シンポジウム」( 10/ 9 、埼玉・ 10/10 、東京)

■デイビッド・シム氏(Gehl)講演会および国際シンポジウム

〈デイビッド・シム David Sim〉

ヤン・ゲールが創設した計画事務所ゲール(Gehl)のパートナー、クリエイティブ
・ディレクター。アーバンデザイナー。世界各地で専門家と協働し、ゲールの理
論を応用した都市計画を実践。また、各地で講演や教育活動も行っている。

〇デイビッド・シム氏、講演会
 「人間の街:世界各地におけるヤン・ゲール事務所の活動」

日時:10月9日(月) 18:40~20:00
場所:芝浦工業大学
   大宮キャンパス5号館5階5251教室
   (さいたま市見沼区深作307)
会費:無料、予約不要
主催:芝浦工業大学
※英語による講演、逐次通訳付き


〇国際シンポジウム
 「日本の豊かなパブリックライフ・パブリックスペースづくりに向けて」

日時:10月10日(火) 18:00~20:00
   終了後、懇親会あり
場所:芝浦工業大学
   豊洲キャンパス交流棟501教室
   (江東区豊洲3-7-5)
会費:無料
   ※懇親会は別途4000円
    10/6(金)までに要申込み
定員:180名
主催:芝浦工業大学 協賛:認定NPO法人日本都市計画家協会
申込みはこちら

デイビッド・シム 講演会及びシンポジウム

〈シンポジウムの主な内容〉

・デイビッド・シム氏基調講演
 「Life between buildings in Japan」
 ※英語による講演、逐次通訳付き
・パネルディスカッション
 富田興二さん(国立建築研究所
 秋山仁雄さん(UR都市再生機構東日本都市再生本部)
 中島直人さん(東京大学都市工学科准教授)
 志村秀明さん(芝浦工業大学建築学部教授)
 高松誠治さん(スペースシンタックスジャパン代表)
 三谷繭子さん(Groove Designs代表/ソトノバ副編集長)
 司会進行:鈴木俊治(芝浦工業大学環境システム学科教授)

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『都市経営時代のアーバンデザイン』
西村幸夫 編、中島直人・坂本英之 他著
B5判・224頁・本体3700円+税
都市生活の舞台づくりへ、深化する13都市

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】第 115 回豊中まちづくり・フォーラム「楽しく歩く町」(9/26、大阪)

 

■第115回 豊中まちづくり・フォーラム
 「楽しく歩く町」

いつの間にか私たちは町を歩く楽しみを失ってしまいました。車に便利な町。それが当たり前になってしまいました。「これはいかん!」。ヨーロッパの町を歩くとそのことに気付かされます。私が住んでいる豊中市寺内でも、「何かが間違っている」。何時もそう思います。豊中だけでなく、日本中が、何か間違ってる・・・?!という問題提起です。

日時:9月26日(火) 18:30~
場所:ホテル・アイボリー [楓の間]
講師:井口勝文 氏(INOPLΛS都市建築デザイン研究所主宰)
会費:1000円
詳細&申込み

www.tmconet.com

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
~脱・近代都市計画をめざす景観概念の再構築~
『生活景 身近な景観価値の発見とまちづくり』
 社団法人日本建築学会 編
 A5判・288頁・本体3100円+税(定価3348円)
 http://bit.ly/2hhUNGd

広告を非表示にする

【イベント案内】第 46 回『都市問題』公開講座「自治体の『人手不足』をどう乗り越えるか」(9/30 、東京)

■公財)後藤・安田記念京都市研究所
 第46回『都市問題』公開講座
 「自治体の『人手不足』をどう乗り越えるか」

日時:2017年9月30日(土) 13:30~16:30(開場13:00)
場所:日本プレスセンター 10階ホール
   東京都千代田区内幸町2-2-1
会費:無料(要事前申込み)
詳細&申込み ※9月28日(木)まで。満席になり次第終了。

www.timr.or.jp

自治体の人手不足をテーマに、地方公務員制度や非正規雇用に詳しい専門家、東日本大震災の町長といった方々をお招きしての基調講演とパネルディスカッション。

〈主な登壇者〉
・基調講演
 西尾隆 氏(国際基督教大学教養学部教授)
・パネルディスカッション
 上林陽治 氏(公益財団法人地方自治総合研究所研究員)
 平野公三 氏(岩手県大槌町長)
 山本悟司 氏(京都府建設交通部長)
 渡辺寛人 氏(NPO法人POSSE事務局長)
 西村美香 氏(成蹊大学法学部教授)<司会>

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
~小さく賢く進化するエアランゲンのつくり方~
『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか』
 高松平藏 著
 四六判・188頁・本体1900円+税(定価2052円)
 

bit.ly

広告を非表示にする

【イベント案内】比較住宅都市研究会「ロサンゼルス市のミックスト・インカム住宅」(9 /29 、東京)

■比較住宅都市研究会
 「ロサンゼルス市のミックスト・インカム住宅」

ミックスト・インカム住宅の供給は、近年アメリカが力を入れている住宅政策の1つであるが、日本においてはほとんどなじみのないものである。そこでロサンゼルス市ダウンタウンのミックスト・インカム住宅の事例を報告していただき、議論する。

日時:2017年9月29日(金) 18:30~20:30
場所:首都大学東京同窓会 八雲クラブ
   ニュー渋谷コーポラス10階 1001号室
   渋谷区宇田川町12-3
講師:渡邊詞男氏(メタボルテックスアーキテクツ代表)
会費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)学生500円
詳細&申込
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

〈講師のプロフィール〉
1968年福岡県生まれ。1994年早稲田大学大学院修士課程修了後、山下設計、南カリフォルニア建築学校(SCI-Arc)大学院修了、コープ・ヒンメルブラウ、早稲田大学大学院博士後期課程を経る。2011年「ロサンゼルス市におけるMixed-income Housingの開発事業」で博士(工学)を取得。2013年メタボルテックスアーキテクツ設立。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
~疲弊した中小都市を活き活きと甦らせる方法~
『衰退を克服した アメリカ中小都市のまちづくり』
 服部圭郎 著
 A5変判・208頁・本体2200円+税(定価2376円)
 http://bit.ly/2xghyRl

広告を非表示にする

【新刊&イベント案内】『団地図解』出版記念トーク(10.26東京、10.27京都)

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/2274.jpg

『団地図解』出版記念トーク in 東京&京都

団地は山を真平らにして標準設計の建物を南向きに機械的に並べただけ…と思ったら大間違い。本書『団地図解』は地形から造成、配置・ランドスケープ、住棟、間取りを串刺しに読み解くことで団地の設計思考を明らかにしました。

著者の篠沢健太氏、吉永健一氏に加え、東京イベントではゲストにランドスケープアーキテクトの石川初氏と写真家の大山顕氏をお招きし、さらにワイドに・さらにディープに団地を読み解きます。
翌日の京都イベントでは、関西を代表する団地の聖地「千里ニュータウン」にスポットを当て、UR都市機構にて団地の設計に携わった武田重昭氏をゲストにお迎えします。
ふるってご参加ください!

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1710_danchi_1/title.gif

━東京イベント
「白熱討論!団地読み解きLIVE」

日 時:2017年10月26日(木)19:00~21:00(18:30開場)
会 場:建築書店 Archi Books(東京都港区芝5-26-20 建築会館内)
定 員:40名
参加費:1000円(※本書を当日購入or持参の方は500円)
登壇者:石川初、大山顕、篠沢健太、吉永健一
主 催:学芸出版社
協 力:建築書店 Archi Books
↓詳細・お申込はこちら!

www.gakugei-pub.jp

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1710_danchi_2/title.gif

━京都イベント
「知られざる千里ニュータウン。そのつくり方を読み解く」

日 時:2017年10月27日(金)19:00~21:00(18:30開場)
会 場:学芸出版社3階ホール(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
定 員:40名
参加費:1000円(※本書を当日購入or持参の方は500円)
登壇者:武田重昭、篠沢健太、吉永健一
主 催:学芸出版社
↓詳細・お申込はこちら!

『団地図解』出版記念トーク in 京都

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎関連書籍

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/2274.jpg

『団地図解 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考』

篠沢健太・吉永健一 著
<あなたも知らない団地の読み解き方教えます>
★ご予約はこちらから!→ http://amzn.asia/eLjcbW1
★弊社書籍ページ|

bit.ly


「紙面見本」「目次」「著者紹介」「はじめに」「おわりに」を試し読みできます!

広告を非表示にする

【NEWS】「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム 2017 年」( 10/2 ~ /16 )

http://www.skzaidan.or.jp/images/top_main2.jpg

■スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム 2017年

本プログラムは、コミュニティスポーツを暮らしの中に位置づけ、地域社会における健康課題の解決や社会参加に困難を抱える人たちの健やかな生活の増進に取り組む活動を応援するものです。

応募期間:2017年10月2日(月)
        ~10月16日(月)必着
助成期間:2018年4月~2019年3月
助成金額:50万円以下もしくは200万円以下
     ※取り組みの視点によって異なります
詳細&申込み

http://www.skzaidan.or.jp/#sport_application

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『スポーツ都市戦略』
原田宗彦
四六判・252頁・本体2300円+税

持続的効果的なスポーツ政策の進め方を説く

bit.ly

広告を非表示にする