読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

住環境マネジメント〜住宅地の価値をつくる

著者インタビュー

◎齋藤広子さんインタビュー
『住環境マネジメント〜住宅地の価値をつくる』を語る

住宅地も管理が大切。それも造るときから考えて欲しい。管理を充実し、資産価値を守り、住み心地をよくしていくことは、住民はもちろん、デベロッパーやハウスメーカーストックビジネスに取り組むきっかけにもなる。これからは売りっぱなしよりも手離れの悪いビジネスモデルに商機がある、と語られました。

聞き手:前田裕資(編集部)

○齋藤広子さんインタビュー
http://www.gakugei-pub.jp/chosya/024saito/index.htm

■どういう方に読んでいただきたいか

前田:

 このたび『住環境マネジメント』という原稿をお書き頂いて、現在制作中です。3月には出版となりますが、この本ではどういう方に、どういうことをお伝えになりたかったのか、またどういうふうに役立てて頂けるのかを、お話し頂けたらと思います。

齋藤:

 (住宅地では)管理をとても大切にして欲しいんですけど、できてからだけではなく、作るときから管理を考えていただきたいという思いで、マネジメントという言葉を使っています。

 もうひとつ、このマネジメントという言葉に思いを込めたのは経営なんですね。地域のみなさんが、地域が主体になって、地域の価値を上げて欲しい、地域の経営ということでマネジメントという言葉を使っています。

 この本を誰に読んで欲しいかということなんですが、もちろん、都市計画、まちづくりをする実務の方、それから研究者の方ですが、住宅地を作る方にも是非是非読んでいただきたいと思います。

 管理の問題は入居後起こるんですが、その原因はやはり作るときにある。むしろもっともっと初めに作っていただいたら、だんだん価値が上がって、魅力的な住宅地になっていく。そういうところにストックビジネスも生まれてくると思いますので、是非是非、実務の方にも読んでもらいたいと思っています。

■具体的な内容は

前田:

 この本では、アメリカやイギリスのご紹介もしておられますが、向こうでは住宅地をマネジメントするということも、かなりなされているんでしょうか。

齋藤:

 難しい質問ですね。

 日本の問題点を指摘しながら、アメリカ、イギリス、そして日本の先進的な事例を載せて、最後に私が「これから住環境マネジメントはこうしましょうよ」ということを提案させていただいています。

 アメリカでは確かに、この本でも紹介させていただいているようにホームオーナーズアソシエーション(HOA)が住宅地の管理をして、自分たちのまちの資産価値をあげていく。でも資産価値だけではなくて住み心地も住民自体が作っていくという傾向にあります。特に西海岸のほうではそういう住宅地が増えています。

 その背景には、行政にとっても、住民・消費者にとっても、開発事業者にとっても、こういう方法が三者ともにWinであったということがあります。

 日本の社会にとっても、これから高齢化社会とか、財政負担を少なくしていきたいという大きな基盤のなかでは、日本で積極的に取り入れていく方向が良いのではないかと思っています。

 もう一つ取り上げているイギリスは、どちらかというと地主、専門会社がリーダーシップをとってまちの価値をあげていく方法です。これは日本のデベロッパーの新しいビジネスモデルとしてもあり得るんではないか。あるいは、これをもう少し展開していくと、NPOさんの新しい活動にもつなげていけるんではないかと思います。

前田:

 日本でもそういう新しい動きは広がっているんでしょうか。

齋藤:

 住宅地をつくるときに、そういう考え方が広がってきていると思います。

 小さな事例ですが、たとえば新しい住宅地で、集会所をつくってくださいね、と言っても、行政は集会所を「作りなさい」と言いながら、もう引き取りません。そうすると自分たちで集会所を持って自分たちでマネジメントしていく。集会所だけではなくて、街並みを自分たちでマネジメントしていく。そういった資産価値を上げる、そして住み心地をよくしていくという活動、動きは広がりつつあると思います。

 ただ、そのノウハウがみなさんにまだまだ十分伝わっていないし、そうしたノウハウを積み重ねていって、それがうまくできる社会のシステムをつくっていくことが課題だと思います。

■新しいビジネスモデルとしての可能性

前田:

 最初に少しおっしゃいましたが、今までの住宅産業は、なるべく早く売って終わりにしたいというところが多かったんじゃないかと思いますが、こういうマネジメントとなるとかなり長くお付き合いすることになると思います。そういうことに彼らが入ってくる可能性、あるいは入ってきた方が良いよということも、あるのでしょうか。

齋藤:

 この本でいくつかの事例を取り上げさせていただいていますが、そういった住宅地もあります。昔は、住宅地をつくると、合い言葉のように「手離れ良く」と言いましたが、これからの少子高齢化という社会を考えますと、ビジネスモデルとしては「手離れ悪く」ということが重要になってくると思います。

 一度つかんだお客さん、住宅地、やはり信頼を得て買っていただいたわけですから、その信頼をしっかりつなぎ止めて、リフォームや、住宅地の管理、それから賃貸に出す、中古に出すというときにビジネスに繋げていける可能性があるんではないかな、と思います。

前田:

 有り難うございました。

○書籍の詳細『住環境マネジメント〜住宅地の価値をつくる』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2506-4.htm

○ご予約用ページ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/5385/preorder.htm

○関連書『これから価値が上がる住宅地』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-1198-2.htm

〈転載・転送歓迎〉

広告を非表示にする