gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

大和田順子さん『アグリ・コミュニティビジネス』を語る

日本にロハスという概念を初めて紹介した大和田順子さん。いま農山村に注目し、そこにロハスな暮らしを見出すとともに、都会とつなぐ活動をしています。都会人は何に惹かれるのか、そして今後の展開を聞きました。

聞き手:中木(編集部)

大和田順子さん
一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス(LBA)共同代表。持続可能なライフスタイルやソーシャルマーケティングの専門家として、有機農産物の普及啓発に注力するとともに、各地の農山村を歩き、農商工連携、都市農山村交流などを通じた地域活性化の研究と実践に携わる。

―このたび『アグリ・コミュニティビジネス』をご執筆いただいた大和田先生にインタビューを行います。大和田先生は、ロハス・ビジネス・アライアンスの代表で、日本にロハスを紹介されました。当初、ロハスは商業的な捉えられ方もされましたが、その本来の意味など、お聞かせいただけますか。

皆さん、こんにちは、大和田順子です。普段は東京に住んでいます。
ロハスは、2002年に日経新聞などで紹介しました。もともとは環境と健康に配慮したライフスタイルを志向するというものでした。
それが日本ではオシャレな雰囲気がひとり歩きし、エコセレブなどと言われたりしましたが、もともと、コロラド州ボルダーという小さなまちに住む人々のライフスタイルそのものがロハスだったんです。例えば、食べるものはオーガニック(有機食材)であったり、健康のために自転車で通勤したり、着るものはオーガニックコットンであったり、ヨガをする、というライフスタイルです。

―今回は「アグリ・コミュニティビジネス」ということですが、そこにはロハスに通じるものがあると思います。それはどんな点でしょうか。

日本でロハスを考えていくときに、最初は都市のロハスな生活を研究していましたが、もともとの原点である日本の有機農業がどうなっているかということに関心が向くようになりました。そこで、各地の農山村や有機農業の現場を歩くようになったわけです。そのなかで、都市と農山村をつなぐ、あるいは交流によって新しい価値観というか、地域づくりが始まっているということを発見しました。

―都市と農山村の交流ということですが、大和田先生は、都会の視点、あるいは女性の視点から農業に向かわれておりますが、地域で活躍する人にむけて、それらの人々をひきつけるポイントはありますか?

(都会人は)疲れている人が多いので、森林セラピーや、田植えをしたり野菜を育てることが本人にとって「癒し」になるといったことが入り口にはありますが、地元の食材を使って、地元のお母さんの料理をいただくうちに、だんだん田舎の持っている技や人間性に惹かれていくわけです。
また、最近は遊休農地が増えています。今はススキなどがボウボウの耕作放棄地になっているところが、昔は綺麗な棚田だったりします。そこに都市の人たちが行って開墾し、もう一度棚田に戻すといったことをします。それを一番喜ぶのは地域のお年寄りだったりするのです。そういう交流の中から、今までにはない温かな気持ちが芽生えてくる。そういう体験をしている都市の人たちが増えているように思います。
都市にいると、人間関係に疎くなったり、仕事のストレスが大きかったり、心の危機があります。一方、農山村では、まだ人と人、人と生き物の絆があります。そういった絆を都会の人は一番求めている気がします。

―「アグリ・コミュニティビジネス」の次の展開をどのように考えていますか?

今回「幸せな社会」というのを副題につけましたが、今、あらためて「幸せってなんだろう」と考える人が増えていると思います。その意味ではもっとローカルにこだわっていくのがいいと思います。
それから、本書には入れられませんでしたが、流域ですね。川の上流の森林から下流の海まで、流域単位で考えるとか、それをつなぐ活動もいくつかあると聞いています。
あるいは島です。完結している島。そういったところの研究も進めながら、さらに新しいサステイナブルな暮らし方や社会を研究していきたいと思っています。

―今日はどうもありがとうございました。

広告を非表示にする