gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

学芸セミナー:講座「技術士二次試験論文のツボ」

                                                                                                                              • -

被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
当社では著者の皆さまのご協力のもと復興・復旧関連書籍PDF版の
無料公開を進めております。
http://www.gakugei-pub.jp/higasi/index.htm

                                                                                                                          • -

〈転載・転送歓迎〉

◎趣旨

このたび出版された『聴く!技術士二次試験論文のツボ』の著者が、技術士の4つの部門で一発合格した体験をもとに、技術士を目指した背景、一発合格の具体的な実践方法について、本書に収められなかった内容を中心に解説します。

学習計画立案、技術ノートの作成、論文・口頭試験の対策など、限られた時間でいかに効率的に学習できるか。合格のためのノウハウがつかめます。

学芸出版社編集部

○講師略歴

山 崎 恭司:1969年東京生まれ。中央大学文学部卒業後、営業職として㈱三協精機製作所(現 日本電産サンキョー㈱)入社。その後、山口大学工学部へ学士 入学。卒業後、㈱東京設計事務所入社。2008年(財)下水道新技術推進機構へ出向。2010年復職後、退社。現在、ビジネスマン自立実践会にて技術士受 験指導に携わる。1999年度技術士補(水道部門)および下水道技術検定第1種、2004年度技術士上下水道部門)、2006年度技術士(総合技術監理 部門)にいずれも一発合格。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
○日時:2011年4月23日(土)14:15開場、14:45〜16:45頃
○場所:東京/ちよだプラットフォームスクエア会議室401
http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
○参加費:1000円、定員:45名/申し込み先着順

○講座内容
・なぜ“技術者”になったのか
技術士一発合格受験体験談
・二次試験一発合格の具体的実践法
・総合技術監理部門一発合格の具体的実践法 ほか

○申込み
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1104gijutushi/index.htm

○参考書籍『聴く! 技術士二次試験論文のツボ』(CD付き)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3190-4.htm

広告を非表示にする