読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

『現場発!産学官民連携の地域力』を語る(堂野智史さん)

著者インタビュー

『現場発!産学官民連携の地域力』を語る

http://www.gakugei-pub.jp/chosya/020kns/index.htm

関西ネットワークシステム(KNS)編『現場発!産学官民連携の地域力』発行を控えた2月初、本書の22人の執筆者のお一人で、編集委員会メンバーでもある堂野智史さんをメビック扇町にお訪ねし、「産学官民コミュニティ」の意義や、本書にこめる想いについて伺いました。

※関西ネットワークシステムは岩手ネットワークシステムを範として生まれた関西の産官学を超え、業界も超えた交流・連携組織です。

堂野智史さん
1962 年生まれ。財団法人日本システム開発研究所を経て、2003年より財団法人大阪市都市型産業振興センター・メビック扇町所長。メビック扇町では、クリエイターのネットワークづくりや情報発信、販路開拓等に向けたコーディネート活動に活躍する一方、関西ネットワークシステム(KNS)世話人の一人として、フラットな関係性に基づくコミュニティやネットワークづくりに取り組む。共著に『産業再生と大都市』『CAFE─創造都市大阪への序曲』『公設試験研究機関と中小企業』『大阪新生へのビジネス・イノベーション』など。

■INS、KNSなどの「産学官民コミュニティ」ってどんなものですか?

堂野:

INS(岩手ネットワークシステム)、KNS(関西ネットワークシステム)という、産・学・官・民の人達が集まる「場」なんですが、そこでは個人対個人が、フラットな関係性の中で、コミュニケーションを通じて、お互いのモチベーションを上げたり、切磋琢磨したり、また情報を共有したりすることで、コラボレーションなどの動きにつながっていく。そういう場なんですね。

INSのモデルができて既に20数年経つわけですが、そういうフラットなコミュニケーションを展開する場が意外と少ない。いわゆる産学官連携とか、産学連携といった場合に、「産」「学」「官」という「組織」対「組織」の関係になることが多く、「産」「学」「官」それぞれに所属している人々が、組織を背負って関係を持とうとするので、なかなかスムーズな関係性性が築けないというケースが多くて、組織は作ったものの、実際に動かすとなると、大変な苦労が伴うということが度々あるんですね。

それに対して、INSもKNSも、まずは個人対個人の関係性で成り立っていますので、当然意気投合する人もいれば、逆に二度と一緒にやらないという関係もあるものですから、「意気投合する人たちが何かをする」ということでいけば、非常にスムーズにことが運ぶという状況になります。そういうフラットな関係性を持つ「場」、我々はそれを「産学官民コミュニティ」と言っています。こうしたコミュニティが、今INSを起点にして全国に広がりつつあります。

KNSもその一つで、2003年6月に関西で立ち上げたのですが、そこに所属する産学官民それぞれの人達が、いろんな現場で様々な活動をし、互いに切磋琢磨したり、刺激を与え合ったり、モチベーションを高めたり、場合によっては一緒に何かやったりみたいな展開を生んできています。

こういう動きが結局はその地域の活力を生み出すと思います。そういったモチベーションの輪が、今全国的にも広がっており、各地で元気を与え合う関係になってきています。

■本書をまとめるに当たっての狙いは?

堂野:

私も本業では行政の仕事のお手伝いをしているのですが、現場で活動していると、ある程度うまくいった事例に対しては、行政はもちろん、大学の研究者やマスコミなどが注目して、調査や取材などを通じて、様々な形で発信していただきます。それは、非常にありがたいことなのですが、第三者的、客観的に情報を発信するのと、当事者として現場の思いを伝えるのとでは、若干ニュアンスの違うケースもあるんですね。
 我々としては、現場でいろんな思いを持って活動し、でもうまくいかなくて、苦労して、それをどうやって乗り越えようとしているのか、という当事者の思いを書き記すことが大事じゃないかなと考えたわけです。

それで今回、現場の人が、自分の言葉で、その思いとか苦労とか、皆さんに伝えたいことを書こうぜ!ということで、22人が、それぞれの切り口で、思いを書き記したのがこの本です。

現場で同じ思いを持って苦労している仲間が全国にたくさんいますので、是非そういう人と思いを共有できて、またこれからまちづくりとか産業振興に関わる人にとっても何かのヒントになれば、非常にありがたいと思います。

広告を非表示にする