gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

近未来の都市計画教科書制作 ミニ・ワークショップ(第2回)

◎近未来の都市計画教科書制作 ミニ・ワークショップ(第2回)
 「都市空間の秩序」嘉名光市
 「生活・行動の特性」林田大作

○趣旨

都市計画学会関西支部では20周年を迎える今秋に向けて、新しい時代の都市計画教科書を制作している。

本著では、都市計画の構造転換を「造る都市計画から成るまちづくり」への転換と捉え、論を展開する。近代都市計画はどちらかといえば「金」や「権力」を使って都市を造ってきた。これには一定のパワーが必要であった。しかし、人口減少時代を迎えるこれからは、省資源・省エネルギーで都市計画を行っていく必要がある。地域に存在する資源を活用し、資源の関係性を紡いでいくことで「自ずと成らしめる」まちづくり、へと舵を切っていくことが大切である。

本書の内容を検証するための第1回ミニ・ワークショップでは「今までのまちづくり論と大して変わらない」「成るというなら、ロードサイドの風景も成ったものではないのか」と言った厳しいご意見もいただいた。伝えることの難しさを実感しつつ、これを糧として教科書を仕上げていきたい。

今回は都市空間の秩序をどう読み取るか、生活や行動の特性が都市空間にどう反映していくのかを報告する。

皆様の忌憚のないご意見をお願いします。

新しい都市計画教程研究会・久隆浩

○日時:2011年5月11日(水)18:15開場 18:30〜20:10
○参加費:無料
○場所:大阪産業大学梅田サテライト LECTURE A
    大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19F
○定員:25名(先着順)

○プログラム
 嘉名光市「都市空間の秩序」+討論
 林田大作「生活・行動の特性」+討論

○詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1104hisa/index.htm

○共催:都市計画学会関西支部「新しい都市計画教程研究会」・学芸出版社

◇関連セミナー5/17「建築・都市計画の新しい職能像を考える
  〜「まちづくり市民事業」と「都市をつくる仕事」〜
    川原晋・山崎義人・武田重昭氏
 http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1105kawa/index.htm

◇おすすめの一冊『アグリコミュニティビジネス
農山村こそ、宝の山。つながれば見える持続可能な未来
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/syohyo/index.htm

広告を非表示にする