gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

『中心市街地活性化のツボ』読者の声①

『中心市街地活性化のツボ』読者の声その?を先日公開しましたが、読者のS様より感想をお寄せいただきました。お許しをいただいて転載いたします。

感想を3つに要約すると、

 ?面白い
 ?わかりやすい
 ?コトをなすための普遍的事実が見える。

です。

?面白い
 事例ベースで書かれています。
 プロジェクトXの様な、人間模様が見えて、物語性があります。
 だから、単純に面白いんだと思います。

?わかりやすい
 序章に、簡単に事例が書いてあり、本の内容をイメージできました。
 第1部で、現状、原因、すべきことがまとめてあったので、この本で展開され
ているロジックを理解できました。
 第2部に事例が書かれてあり、ロジックを頭に入れて読めるので、最初に事例
を読むよりわかりやすいです。
 また、事例を、7つのツボにくくっているのも、わかりやすいポイントです。

?コトをなすための普遍的事実が見える。
 私は、中心市街地の活性化を担っている訳ではないですが、何かコトを成そう
としたときには、目的志向、顧客視点、マーケティングイノベーションが必要
である点、何より人が大切である点が読み取れます。
 プロジェクトXが、普遍的な何かを伝えている様に、この本も普遍的な何かを
伝えてくれていると思いました。

少なくとも、まちなかの復興を考えている人の必読書ですし、そうでない人には、
単純に「コトを成すため」の視点を感じられるという点で、お勧めと思いました。
この様な本を執筆されたことに、感謝いたします。

「コトをなす上での普遍的事実が見える」という、企画する側としてもはっきり意識していなかった点をご指摘いただいてはっとしました。本書の企画時点では必ずしもビジネス書の読者を想定していなかったのですが、「経営のツボ」としても読めるという反応を多くいただいています。著者も本書出版後に「中心市街地活性化のツボに学ぶ経営のツボ」というテーマの講演依頼が来るようになったそうです。

貴重なご感想をお寄せくださったS様、ありがとうございました。

広告を非表示にする