読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「地域自治のしくみと実践」セミナー参加者の声

イベントレポート

9月8日に学芸セミナー「地域自治のしくみと実践」を開催しました。多くの皆様にご出席いただきありがとうございました。当日のアンケートからご紹介します。

・大変参考になりました。ありがとうございました。
・地域自治協議会は自治会を活性化させるという中川先生のお話が、なるほど、と非常に興味深かったです。
・地域自治の課題(論点)整理に役立ちました。ありがとうございます。
・組織論から入っていった時にいろいろなハレーションを考えると、難しいし、固いシステムに対して、次世代が関心を持って入っていけるのかという点も気になる。乾先生の言う、京都では人づくりからぼちぼちとは共感する。
・興味深いお話ありがとうございました。
・包括地域自治組織を興味深く拝聴しました。組成は何を活動対象とするかによって形としくみが異なると考えますが、そのことがやや分かりにくいものと映りました。
・たいへん参考になりました。
京都市で自治連との付き合いがないので、京都スタイルになれており、自治条例はなかなかなじめません。
・遅ればせながら進みつつある大阪市のまちづくり協議会の難産ぶりについて再考したく参加しました。勉強になりました。
・条例・制度・要綱等は政治・行政・学者のよりどころとなるだけで、決して万能ではない。コミュニティは多様性こそ重要で、取り組みをしばることがあってはならない。行政><住民ではなく、行政=住民ととらえ、行政も一人の住民であることを自覚すること。
・良い点も悪い点も含めて、ありのままの真実を詳細に記載してある点で、大変参考になる本だと考えます。
京都市の取り組みに納得。町内会が弱体化したから別組織(システム)でなく、地域ガバナンスの正統性から、正当性(担保性)をめざすことに期待します。

広告を非表示にする