gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

発表!2011年・学芸ベスト10

〈転載・転送歓迎〉

【発表!2011年・学芸ベスト10】

 今年も残すところあとわずかとなりました。この一年、gdと弊社書籍をご愛読いただき、ありがとうございました。
 本日は一年を振り返り、今年最もご好評をいただいた書籍ベスト10を
ご紹介させていただきます(教科書は除く)。
 来年も新しい企画を用意しています。ご期待ください!

①山崎亮 著『コミュニティデザイン』累計2万部突破!
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1286-6.htm

山崎亮さんに圧倒的な注目が集まった一年でした。これをきっかけにまちづくりの仕事は今、新境地を開拓し始めていると言っても過言ではない!来年も益々ご注目ください。

②大和田順子 著『アグリ・コミュニティビジネス
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1280-4.htm

「こんな本待ってました!」とのAmazonレビューの通り、時代の求めた本。人と地域が輝く懐かしい未来のための知恵が満載。

③林直樹・齋藤晋 編著『撤退の農村計画』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2489-0.htm

昨年の後半にTwitter上で大論争を巻き起こし、国会でも取り上げられました。過疎の現実を真摯に直視し、「一選択肢としての計画的な移転」を提案しています。

④蓑原敬 編著『都市計画 根底から見直し新たな挑戦へ』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2501-9.htm

機能不全に陥りつつある都市計画への、第一級の論客による情熱溢れる提言。若手のみならず、都市計画に関わる人必読。

⑤細内信孝 著『新版 コミュニティ・ビジネス
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1277-4.htm

日本のコミュニティ・ビジネスの提唱者による定本の大刷新版。

⑥佐々木一成 著『地域ブランドと魅力あるまちづくり』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2502-6.htm

「特産物・サービス構築」と「地域イメージの構築(まちづくり)」を統合した、地域全体で取り組む総合ブランド戦略を提唱しています。

大西隆 編著
『人口減少時代の都市計画』(東京大学まちづくり大学院シリーズ第3巻)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2503-3.htm

歴史をふりかえり、今すでに始まっている変化、工夫を捉えなおし、市民・民間主導のまちづくりを自治体が支える都市計画のあり方を構想する待望の一冊。

⑧中川幾郎 編著『地域自治のしくみと実践』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2513-2.htm

全国各地で生まれつつある「地域自治システム」をわかりやすく紹介する初の書籍。全国の自治の「現場」から高い評価をいただいています。

⑨植村典人 著『一級建築士試験 構造力学のツボ』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1223-1.htm

2007年の出版以来、定番の地位を築いた「ツボ」シリーズ第一弾。地味ながらランクインです!

⑩荒木正亘・矢ヶ崎善太郎 著『町家棟梁』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1288-0.htm

新聞などでも取り上げられ、町家関係者の必読書となっています。

【読者レビュー“おすすめの1冊”】
『いま、都市をつくる仕事』“今日から実践可能な指針となっている。”
───────評者:東京理科大学非常勤講師/杉崎和久
 http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/syohyo/index.htm

広告を非表示にする