gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

リオ +20 :持続可能な社会にむけた技術戦略・第1回『郊外戸建て住宅地の持続と再生』(11.7)

◎平成24年度大阪大学社会人教育講座
 リオ+20:持続可能な社会にむけた技術戦略・第1回
 「郊外戸建て住宅地の持続と再生」

講師:澤木昌典 教授(環境・エネルギー工学専攻)

1970年代を中心に民間分譲事業者によって開発された多くの郊外戸建て住宅地では、居住者の高齢化が一気に進みつつあり、住宅・土地資産の次世代への継承ならびに住宅地としての持続可能性に懸念が生じつつある。本講では、そうした郊外戸建て住宅地の数例を調査した結果をもとに、郊外戸建て住宅地の持続に向けた課題や方策について紹介する。

日時:11月7日(水)18:00-19:20
場所:大阪大学中之島センター 講義室702
主催:大阪大学大学院工学研究科
詳細:参加申し込み
http://www.fa-mlo.com/seminar.html

※本講座は、「リオ+20:持続可能な社会にむけた技術戦略」と題した全8回講座のうちの1講座となります。全体のご案内は下記のとおりです。


================================================
 平成24年度 大阪大学社会人教育講座
  リオ+20
     持続可能な社会にむけた技術戦略
================================================

今年度、地球サミットリオデジャネイロ、1992)より数えて20年。今後のさらなる展開をふまえて技術戦略を主に以下の4分野について解説します。
 1)都市計画系
 2)環境現象系
 3)システム・リスクマネジメント・政策科学系
 4)防災・減災

================================================

日時:2012年11月 7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)
   各日とも18:00-19:20、19:40-21:00
   ※全8回講座となります
場所:大阪大学中之島センター7階 講義室702

【プログラム】
①11/7(水)18:00-
  澤木昌典 教授(環境・エネルギー工学専攻)
  『郊外戸建て住宅地の持続と再生』
②11/7(水)19:40-
  加賀有津子 教授(ビジネスエンジニアリング専攻)
  『ICT(情報通信技術)を利用したエリアデザインマネジメント』
③11/14(水)18:00-
  赤松史光 教授(機械工学専攻)
  『木質バイオマスガス化発電―産学官連携によるバイオマス
   エネルギーの有効利用への取り組み―』
④11/14(水)19:40-
  近藤 明 教授(環境・エネルギー工学専攻)
  『数値シミュレーションによる地域環境の再現と将来評価』
⑤11/ 21(水)18:00-
  松井孝典 教授(環境・エネルギー工学専攻)
  『生物多様性保全および生態系サービスの持続的利用に関する
   論理構造と対応動向』
⑥11/ 21(水):19:40-
  東海明宏 教授(環境・エネルギー工学専攻)
  『サプライチェインを環境適合にするリスク評価・管理技術』
⑦11/28(水):18:00-
  青木伸一 教授(地球総合工学専攻)
  『災害の時代を乗り切るために
    −沿岸防災から社会のあり方を考える―』
⑧11/28(水):19:40-
  鎌田敏郎 教授(地球総合工学専攻)
  『最新技術による社会基盤(コンクリート)構造物の長寿命化戦略』

○澤木さんの本
『都市のリ・デザイン―持続と再生のまちづくり』
http://amzn.to/T3d3vo

                                                                                                                                  • -

『過疎地域の戦略 新たな地域社会づくりの仕組みと技術』
http://bit.ly/RjQin9

広告を非表示にする