gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

農山漁村を動かす人々、地域組織のこれから(7.15東京)

◎2013年度農村計画委員会春季学術研究会
 「農山漁村を動かす人々、地域組織のこれから」

主催:農村計画委員会 農山村地域組織形成小委員会
日時:2013年7月15日(月・祝) 14:00〜17:00
場所:建築会館・本会308会議室(東京都港区芝5-26-20)
    http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm
定員:30名(申込み先着順)
参加費:会員1,000円、会員外1,500円、学生500円
詳細&申込先(締切: 7月8日)
http://www.aij.or.jp/index/?se=eventlist&ac=view&id=532

 平成の市町村合併を契機に行政のスリム化傾向が続く中、旧町村単位での行政によるきめ細かい公共サービスを行うことは難しい状況になりつつある。さらに、少子高齢化が進む過疎農山漁村地域における集落経営は、存続や活性化のための様々な課題を抱えている。

 一方で、全国各地の農山漁村地域では、地域住民主体の新たな組織が、本来は必要不可欠となるきめ細かい公共サービスニーズの請負や、各集落と行政(広域化した自治体等)等の外部組織との中間調整機能を担うなど、「新たな公」あるいは「小さな役場」的役割を担い活動を始めている。

 本研究会では、農山漁村を運営していく住民主体の地域組織に焦点を当て、全国の様々な事例について参加者と共にセッションし、形成と展開のゆくえをたどっていく。

<プログラム>
・主題解説 : 斎尾 直子(東京工業大学
・話題提供 :
 ①農山漁村を運営していく様々な地域組織、その意義と課題
  : 熊野 稔(徳山工業高等専門学校
 ②農山漁村の地域組織づくり、手法と展開
  : 茅原裕昭(都市農山漁村交流活性化機構)
 ③復興まちづくりを担う組織の形成プロセスと活動展開・発展形態
  : 臂 徹(おらが大槌夢広場事務局長)
4.ポスターセッション「全国の地域組織 多様な活動展開とこれから」
  :参加者募集中
 質疑・討論・意見交換
5.まとめ
  : 三橋伸夫(宇都宮大学
http://www.aij.or.jp/index/?se=eventlist
http://www.aij.or.jp/index/?se=eventlist&ac=view&id=532 &ac=view&id=532

                                                                                                                                      • -

○学芸出版社の本
『過疎地域の戦略〜新たな地域社会づくりの仕組みと技術』
 (谷本圭志、細井由彦編著、鳥取大学過疎プロジェクト著)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2540-8.htm
『「農」と「食」のフロンティア〜中山間地域から元気を学ぶ』
 (関満博著)農山村から始まる自立と産業化の動きを追う
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2500-2.htm

広告を非表示にする