gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

セミナー「横浜みなとみらい21にみるプロジェクト・マネジメント」(7.30、京都)

〈転載・転送歓迎〉

横浜みなとみらい21にみるプロジェクト・マネジメント
  講師:岸田 比呂志 ゲスト:井口勝文

 開発面積186ha。高度成長のまっただ中で構想され、低成長の門口にたった70年代に計画され、バブルとその崩壊のなかで建設が進められた「みなとみらい21」。
 その成功の鍵は、時代の変化に柔軟に対応したマネジメントでした。
 この間、都市計画は、行政から民間へ、事業から戦略へ、インフラから上物へ、プランニングからマネジメントへと大きくシフトしてきています。
 この大きな変化へどう対応すべきか。みなとみらい21のプロジェクトの実際と、私自身も参画したエリアマネジメントの実践をお話しします。
 またゲストに大阪ビジネスパークOBPの開発等に携わられた井口勝文さんをお招きし、会場の皆さまとともに考えたいと思います。(岸田比呂志)

 ---------------------------------------------
 日 時:2013年7月30日(火)18:00開場、18:30〜20:30
 場 所:京都/学芸出版社3階ホール
 会 費:1000円 (定員40名/申し込み先着順)
 懇親会:セミナー終了後、懇親会を予定(実費、3000〜4000円程度)
 主 催:学芸出版社
 ---------------------------------------------
 (詳細&申込)
 http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1307kisi/index.htm

○岸田比呂志さん略歴
1945年千葉県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、東京大学工学部大学院都市工学科修士課程で学ぶが、東大紛争で中退。1969年横浜市役所に入る。土地利用計画、ニュータウン開発、市街地再開発、都市デザインなど街づくりの多分野を経験。都市計画局まちづくり法制等担当理事(都市計画部長兼務)を最後に横浜市退職。2005年から4年間、株式会社横浜みなとみらい21代表取締役専務として、みなとみらい21地区のエリアマネジメントを指揮。2007年より早稲田大学芸術学校で「プロジェクト・マネジメント論」を担当。2009年4月より国際連合大学高等研究所上席客員研究員。技術士(建設部門)。著書に『安全と再生の都市づくり』(共著、学芸出版社、1999)、『都市計画と地方分権』(共著、学芸出版社、2000)、『都市づくり戦略とプロジェクト・マネジメント〜横浜みなとみらい21の挑戦 』(共著、学芸出版社、2009)。

○井口勝文さん略歴
1941年福岡県生まれ。九州大学工学部建築学科卒業、同大学院博士課程修了。フィレンツェ大学留学(イタリア政府給費留学)。(株)竹中工務店、ジャンカルロ・デ・カルロ都市建築設計事務所、(株)環境開発研究所を経て2000年、INOPLΛS都市建築デザイン研究所設立、京都造形芸術大学教授(現在客員教授)。著書に『都市環境デザイン』『都市のデザイン』『フィレンツェの秋』『イタリアの都市から学ぶ日本の小都市の可能性(まちづくり新書008)』など。

○関連図書
『都市づくり戦略とプロジェクト・マネジメント
  〜横浜みなとみらい21の挑戦 』
(岸田比呂志・卯月盛夫著)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2464-7.htm

広告を非表示にする