gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

CSIS シンポジウム 201 3 「空間社会経済的な視点からの震災と復興」(7.29東京)

CSISシンポジウム2013
 空間社会経済的な視点からの震災と復興

日時:平成25年7月29日(月)13:00-17:50
   (18:00より、懇談会を予定)
場所:東京大学 生産技術研究所 An棟 2F コンベンションホール
   (住所:東京都目黒区駒場4-6-1)
主催:東京大学 空間情報科学研究センター(CSIS
費用:一般公開・無料(申し込み不要)
   ただし、懇談会への参加費は、飲料費として1000円を頂戴いたします。
定員:250名
詳細
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/research_activities/symposium/2013/

<ねらい>
2013年のCSISシンポジウムでは,主に経済学や工学などの専門家の方々にご登壇いただき,特に社会経済的な視点に重点を置いて,震災と復興の問題を考えていく。具体的なトピックは,震災にそなえた土地利用,サプライチェーン,物流,交通のあり方,過去の震災被害に関するデータの防災対策への活用方法,土地や建物の震災リスクを適切に反映させる不動産評価のあり方などである。

<プログラム>
司会   高橋孝明(東京大学空間情報科学研究センター)
開会挨拶 浅見泰司(東京大学空間情報科学研究センター)
1.震災とサプライチェーン,物流,公共交通,土地利用
  震災とサプライチェーンの寸断・復旧,および企業移転
 中島賢太郎(東北大学大学院経済学研究科 准教授)
  施設配置モデルによる三陸沿岸における水産加工・流通施設の最適配置
 渡部大輔東京海洋大学海洋工学部 准教授)
  震災復興まちづくりと地域モビリティ 〜岩手,福島の事例を中心に〜
   吉田 樹(福島大学経済経営学類 准教授)
  東日本震災被災地の土地利用変遷
 茅根 創(東京大学大学院理学系研究科 教授)
   栗栖晋二(東京大学大学院理学系研究科)
2.復興支援調査アーカイブ
  東日本大震災津波被災市街地復興支援調査アーカイブ
 西沢 明(東京大学空間情報科学研究センター 特任教授)
3.震災リスクと不動産評価
   地震発生リスクと住宅価格:家計パネル調査による分析
   隅田和人(東洋大学経済学部 准教授)
   プロスペクト理論からみる地震リスク回避行動
   山鹿久木(関西学院大学経済学部 教授)
   タイトル未定
   目黒公郎(東京大学生産技術研究所 教授)
閉会挨拶 浅見 泰司(東京大学空間情報科学研究センター)
懇談会 (1階のイタリア料理のレストラン "capo pellicano" )

                                                                                                                                  • -

○吉田樹さんの本
『生活支援の地域公共交通
  〜路線バス・コミュニティバス・STサービス・デマンド型交通』
 (秋山哲男・吉田 樹 編著) 第35回交通図書賞受賞!
  地域に効率よく提供するための計画の考え方を紹介
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2455-5.htm

広告を非表示にする