gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

自転車はどこを走ればよいの?( 12.17 滋賀・守山)、テレビ東京噂の東京マガジン 8 日 13 時放映「井の頭公園の放置自転車問題」古倉宗治さん出演

テレビ東京噂の東京マガジン
 井の頭公園の放置自転車問題をとりあげます。

・12月8日13時 テレビ東京
 http://www.tbs.co.jp/uwasa/
・解決策の提案は古倉宗治さん
 著書に『成功する自転車まちづくり 政策と計画のポイント』
 http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2491-3.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎輪学2013テーマRoadその1
 「自転車はどこを走ればよいの?−安全な自転車ネットワークを目指そう」

主催:輪の国びわ湖推進協議会
共催:滋賀プラス・サイクル推進協議会
日時:平成25年12月17日(火) 10時〜12時
場所:守山駅前コミュニティーホール第二会議室
  (守山市梅田町2-1-301セルバ守山3階)
※参加費無料・申込み不要
http://d.hatena.ne.jp/gakugei_today/20131205/p3

平成24年11月に警察庁から「安全で快適な自転車通行環境創出ガイドライン」が出され、国交省の動きとも連動しながら、まちのなかで自転車を安全に走行する方針が示されています。全国的にみても、自転車レーンの整備や路面マークといった先進事例が次々に出てきています。また、12月1日から改正道路交通法が施行され、自転車が道路の右側にある路側帯を走ることが禁止されました。
こういった状況の中で、身近なまちで自転車をどのように考えていくか、またどのような施策が可能なのか、などについて学習会を開催いたします。どうぞお気軽にご参加ください。

<内容>
・あいさつ:
  近藤隆二郎(輪の国びわ湖推進協議会会長・滋賀県立大学教授)
・自転車走行空間整備の現状と課題:
  藤本芳一(輪の国びわ湖推進協議会副会長・
       自転車ライフプロジェクト 代表)
・話題提供:
  自治会による路面マーク事例紹介:
      守山市吉身西町自治会
  守山市における自転車専用道整備&マーク:
      川端和行(守山市道路河川課参事)
・質疑・意見交換

                                                                                                                                          • -

◎学芸出版社の関連書籍
『自転車コミュニティビジネス エコに楽しく地域を変える』
近藤隆二郎 編著 五環生活+輪の国びわ湖推進協議会 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1320-7.htm

広告を非表示にする