読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

朝来市地域おこし協力隊を募集( 2 .21まで)

ニュース

朝来市地域おこし協力隊を募集

 朝来市は、先人のたゆまぬ努力と営みによって育てられてきた自然、歴史、伝統、文化などの地域の財産を未来につなぎ、いつまでも住み続けたい、住み続けられるまちづくりを進めています。
 地域に活力を与え、魅力あるまちづくりの実現に意欲的に活動していただける地域おこし協力隊のみなさんを募集します。

地域おこし協力隊員 8名
応募受付期間 平成26年1月27日(月)から平成26年2月21日(金)まで
詳細は
http://www.city.asago.hyogo.jp/0000003228.html

<活動内容及び活動地域>

1)朝来市の観光まちづくりを推進する組織(NPO法人など)の立ち上げや、着地型・価値創造型観光を構築するための観光プログラムの開発(朝来市全域)

2)竹田城跡、生野銀山を中心とした朝来市の観光資源と連携した経済活動が波及するしくみづくり(着地型観光のコーディネート、地元食材を活かした事業の企画・実施、地域資源を活かした起業支援など)(朝来市全域)

3)重要文化的景観を有する生野地域への移住促進や新産業創出など空き家の活用促進活動や移住促進の視点からのイベントの企画運営(旧生野町全域)

4)生野地域の遊休農地を活用した農産物の生産や加工グループと連携した加工品の開発・販売促進または、空き家や地域農産物を活用した飲食店等の起業生野地域(旧生野町

5)奥銀谷地域の空き家を活用し、住民を対象にした日用品等の販売や、生野銀山などへの観光客を対象にした地域の特産品などの土産品を販売する店舗の立ち上げ(奥銀谷地域・旧生野町

6)大蔵地域の遊休農地を活用した水稲栽培及び野菜栽培などによる農業推進や農業を活かした都市との交流事業の企画運営(大蔵地域・旧和田山町

7)竹田地域の土産品の開発・製造と空き家を活用した店舗立ち上げ等、竹田城跡などへの観光客を対象にした土産品を販売するためのしくみづくり(竹田地域・旧和田山町

8)与布土地域の茅葺屋根の古民家を活用した農家レストランのPR活動、地産地消や6次産業化を踏まえたメニュー開発など農家レストランの運営マネジメント(与布土地域・旧山東町

                                                                                                                                          • -

○学芸出版社の本
『僕ら地域おこし協力隊〜未来と社会に夢をもつ』(矢崎栄司 編著)
全国で活躍する隊員の素顔を伝え、協力隊など地域サポーターになりたい人、来てもらいたい地域の疑問に答える初めての本。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1316-0.htm

広告を非表示にする