読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

2月15日(土)NHKの[ETV特集]に、著者・西辻一真さんが出演されます!

〈転載・転送歓迎〉

◎NHKの[ETV特集]に、著者・西辻一真さんが出演されます!
 「農の夢よ、よみがえれ
  〜若きビジネスマンと被災農家の1050日〜」

▼番組HP
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/0215.html

2014年2月15日(土)夜11時〜
※再放送:2月22日(土)午前0時45分〜(金曜日深夜)

 東日本大震災からまもなく3年。津波の被害を受けた農地で、いち早く農業復興の道筋をつけた人たちがいる。宮城県亘理町のイチゴ専業農家が集まった「農事組合法人・マイファーム亘理」だ。津波の大波をかぶり、ビニールハウスや水路が流され、荒れ果ててしまった農地。京都の農業ベンチャー代表・西辻一真さんと被災農家が手を携え、イチゴのかわりに露地で育つトマト栽培に立ち上がった。そして震災1年目で、塩害農地で見事トマトを実らせる。
 その後も、西辻さんと農事組合法人に結集した農家たちに、波瀾万丈の展開が待ち受ける。中心メンバーの一人が病に倒れ、組合は存亡の危機に。しかし新たな仲間の参加や西辻さんの奮闘もあって、大手食品会社から融資を受け、ケチャップやジュースを作る加工場の新設が決まった。栽培だけでなく加工から販売までを手がける“6次産業化”で、被災農家が自立できる仕組みを立ち上げようとしている。「『復興』とは、『旧に復すること』ではない。被災した土地に新たな地域再生のモデルをつくることだ」。一時は放棄すら考えた被災農地の再生に、一歩一歩前進を続ける。番組では、マイファーム亘理の取り組みに密着、震災直後から3年に及ぶ長期取材を通して「真の復興とは何か」を問う。(番組HPより)


<アンコール放送>-------------------------------------
西辻さんの奮闘ぶりを紹介した2012年10月28日放送の
「被災農家を救え〜若きビジネスマンが挑んだ農業再生550日〜」
をEテレでアンコール放送します。そちらもぜひご覧下さい。

「被災農家を救え 若きビジネスマンが挑んだ農業再生550日」
 2014年2月15日(土) 午後3時〜
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/1028.html

                                                                                                            • -

◎関連書籍
西辻 一真 著 『マイファーム 荒地からの挑戦』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1306-1.htm


//////////////////////////////////////////////////////////////
リツイートするだけで1冊プレゼント!(〜2月28日まで)
名和晃平+SANDWICH著『KOHEI NAWA | SANDWICH』http://bit.ly/1nN3IZF

広告を非表示にする