gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

都市デザイン交流会フォーラム 2014 「隅田川の景観・歴史的橋梁の文化的価値を考える」(2.22東京)

◎都市デザイン交流会フォーラム2014
 隅田川の景観・歴史的橋梁の文化的価値を考える

日時:2014 年2 月22 日(土)14:00〜17:00
会場:台東区立浅草文化観光センター 5階大会議室
費用:無料(事前申し込み不要)
問合:JUDI 事務局
   東京都北区田端新町 3-14-6 ノザキGビル(〒114-0012 )
詳細
http://bit.ly/1fAIK92
http://www.judi.gr.jp/administration/documents/event-20140222.pdf
当日ネット配信(予定) http://www.youtube.com/watch?v=6vgMYe4PmOY

隅田川周辺が注目されています。2012年のスカイツリー開業以来、多くの人々が訪れるようになり、そして2011年より都・区・沿川地元団体による「隅田川ルネサンス−江戸の華であった隅田川の賑わいを取り戻す−」が始まり、東京ホタル、水辺カフェ・マルシェ等や「あかり」を活用した夜間景観のイメージアップ実験等が進められています。その一方で「東京の著名橋」として愛されている震災復興橋梁群の再塗装が進められつつあります。
 私たち都市デザインに関わる各団体および行政関係者、一般市民との交流会を兼ねて、歴史的橋梁の文化的価値や、変わりつつある隅田川の水辺を再認識するとともに、都市景観の大切な要素でもある橋梁の色彩についても考えていきたいと思います。今回は近々塗り替え工事が予定される「吾妻橋」を中心に、専門家の方々を交えた意見交換会を企画しました。

<プログラム>
講 演 『隅田川に架かる著名橋がつくり出す景観』
    中井 祐  [GSデザイン会議]
報告1 『隅田川ルネサンスの取り組み紹介と水辺活性化への期待 』
    中野 恒明 [ 都市環境デザイン会議]
報告2 『世界の水辺・橋梁』
    小林 正美 [ 都市環境デザイン会議・景観デザイン支援機構]
報告3 『都選定歴史的建造物・隅田川橋梁の塗替えについて』
    谷内 加寿子
パネルディスカッション
『 都市デザイン、建築、土木の専門家による著名橋の色彩についてのディスカッション』
パネラー (五十音順)
 :尾登 誠一  [ 公共の色彩を考える会]
 杉山 朗子  [ 都市環境デザイン会議・景観デザイン支援機構]
 宮沢  功  [ 都市環境デザイン会議・景観デザイン支援機構]
 ㈱ヨシモトポール顧問
 司会進行:吉田 愼悟[都市環境デザイン会議・景観デザイン支援機構]
 ※コメンテーターとして講演・報告の登壇者4 名が加わります。

<見学会>
フォーラム終了後、隅田川沿いの夜の景観等見学会を予定しています。

                                                                                                                                          • -

○学芸出版社の本
『風景の思想』(西村幸夫、中井祐、伊藤毅編)
風景と人の関わりを根源に戻って論じる
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2533-0.htm
『都市環境デザインのすすめ〜人間中心の都市・まちづくりへ』
(中野恒明 著)750枚の図写真で説く再生持続のデザイン
http://gmark.jp/books/search?_charset_=UTF-8&word=%E4%B8%AD%E9%87%8E

広告を非表示にする