読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

『実証・仮設住宅』『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』が不動産協会賞を受賞!

〈転載・転送歓迎〉


◎『実証・仮設住宅』『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
  の2冊が、不動産協会賞を受賞いたしました!

/////////////////////////////////////////////////////////////////

≪第4回『不動産協会賞』受賞作品≫

○ 実証・仮設住宅 東日本大震災の現場から (大水敏弘 著・学芸出版社)
○ RePUBLIC 公共空間のリノベーション (馬場正尊+OpenA 著・学芸出版社)
○「豊かな地域」はどこがちがうのか ― 地域間競争の時代 (根本祐二 著・筑摩書房)

 詳細HP→  http://www.fdk.or.jp/f_etc/

/////////////////////////////////////////////////////////////////
【受賞理由】

○『実証・仮設住宅 東日本大震災の現場から』(大水敏弘 著)
 東日本大震災の被災現場での仮設住宅設置にまつわる諸問題について、住宅の品質、行政の対応、用地の選定、資材の搬入など、実際に現場で起きたことを克明に記録し、課題も示している。
 行政マンとしての実体験を専門的視点から精緻に描いており、迫力がある。仮設住宅が万能であるかについても疑問を呈している。

 ▼書籍の詳しい情報はこちら!
  http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2556-9.htm

○『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』(馬場正尊+OpenA 著)
 公共空間を誰のために、どのように使うのかという視点から、様々なリノベーションの事例を紹介している。写真だけでなく、イラストで描かれているメッセージに よって、その場所のコンセプト、得られる体験等が分かりやすく説明されている。
 また、リノベーションのための規制緩和の具体的方向も示されている。非常に読みやすく、地域の活性化に向け、これから求められる公的不動産の活用というテーマにも合っている。

 ▼書籍の詳しい情報はこちら!
  http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm


○不動産協会賞について
 『不動産協会賞』は、日本経済や国民生活に関する著作物の中から、世の中の多くの方々に読んでいただくことにより、不動産協会が直面する幅広い課題についてご理解をいただくのに資する著作物を表彰するものです。
 著作のジャンルは、「国際競争力を高める都市再生」「良好な住宅ストックの形成」「防災・減災」「環境問題」「持続可能なまちづくり」「コンプライアンス」「法制度」「エネルギー問題」など、幅広い分野の著作物を対象としています。
 
一般社団法人不動産協会について
 一般社団法人不動産協会(理事長:木村惠司 三菱地所会長)は、まちづくりや良質な住宅供給、オフィスビルやショッピングセンターの整備・管理運営を行う不動産事業者の団体です。(会員企業159社)



/////////////////////////////////////////////////////////////////
【 3月のリツイートキャンペーン 】
  ▼リツイートするだけで、抽選で1冊プレゼント!(〜3月31日まで)
  『創造農村』http://bit.ly/Nqfqvo

広告を非表示にする