gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

学芸セミナー@京都『高さ制限とまちづくり』大澤昭彦(4.10)

〈転載・転送歓迎〉

◎学芸セミナー@京都『高さ制限とまちづくり』大澤昭彦

 建物の高さは都市のあり方に大きく影響するが、その規制は緩く各地で紛争が続いている。そのため強制力のある高さ制限(高度地区)の指定が増える一方、高さの目安を示す景観計画の活用も広がってきた。
 本セミナーでは、高さ制限の歴史的経緯と上記2手法の運用実態を示し、これからの高さ制限を考える手引きとしてまとめられた『高さ制限とまちづくり』を概説するとともに、京都市で都市計画や景観政策に長く係わってこられた高谷基彦さんをお招きし、都市の価値を高めるための高さ制限のあり方について議論を深めたい。(学芸出版社編集部・前田裕資)

                                                                                    • -

日 時/2014年4月10日(木)18:00開場、18:30〜20:30
会 場/京都・学芸出版社3階
     TEL 075-342-2600
     京都市下京区木津屋橋通西洞院東入
     京都駅より徒歩約5分 お車での来社はご遠慮ください。
会 費/1000円、定員50名(先着順)
交流会/終了後、交流会を予定。参加費1000円

                                                                                    • -

▼ お申込&詳細はこちら
 http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1404takasa/index.htm

○関連書
『高さ制限とまちづくり』
 http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3210-9.htm


○主なプログラム
・高さ制限とまちづくり
 大澤昭彦(東京工業大学大学院総合理工学研究科助教
・コメントと議論
 高谷基彦(京安心すまいセンター長、前京都市都市景観部長)
・会場との質疑&意見交換

○プロフィール
大澤昭彦さん
東京工業大学大学院総合理工学研究科人間環境システム専攻助教。1974年水戸市生まれ。筑波大学第三学群社会工学類卒業、東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了、同大学院社会理工学研究科博士課程修了。博士(工学)。財団法人土地総合研究所を経て、現職。研究分野は都市計画・景観計画。2009年日本都市計画学会論文奨励賞受賞。

高谷基彦さん
京安心すまいセンター長。1952年滋賀県生まれ。1978年京都大学大学院工学研究科修了。同年京都市役所に採用。市街地再開発課、都市計画課、建築指導課などを経て、京都市都市計画局都市景観部景観政策課長、同部長。2013年京都市を退職し現職。著書に『数寄町家』(共著、鹿島出版会)、「時を超え光り輝く京都の景観づくり」(『景観まちづくり最前線』所収、自治体景観政策研究会 編、学芸出版社) 。

/////////////////////////////////////////////////////////////////
【 3月のリツイートキャンペーン 】
 ▼リツイートするだけで、抽選で1冊プレゼント!(〜3月31日まで)
  『創造農村』http://bit.ly/Nqfqvo