gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

地域づくり活動支援体制整備事業実施団体の募集(国交省、 5.12 まで)

◎地域づくり活動支援体制整備事業実施団体の募集

地方部における事業型の地域づくり活動を促進するために、現場の活力や知恵を結集する仕組みとして、地方公共団体、地域金融機関、NPO、民間企業等の地域の多様な主体が連携した常設の地域づくり活動支援体制(地域づくりプラットフォーム)の構築を推進していくこととします。当該事業は、この地域づくり活動支援体制が行う事業型の地域づくり活動への中間支援活動に要する経費を補助するものです。
http://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku04_hh_000062.html

○応募締切:平成26年5月12日(月)18:15必着
○宛先:国土交通省国土政策局地方振興課

○条件
1.主体
(1)地域づくり活動に対する中間支援活動が実施できる以下のような主体から構成される組織であり、少なくとも次の[1]及び[2]に示す主体がそれぞれ1者以上含まれていること。
 [1]地方公共団体(市町村等)
 [2]地域金融機関(地方銀行第二地方銀行、信用金庫、信用組合労働金庫等)
 [3]民間事業者 (地元民間企業、NPO法人、財団・社団法人、漁協、農協、大学等)
 以下略(大都市圏の団体は対象外など)

2.補助対象となる活動
補助対象となる中間支援活動は地域づくり活動の自立・継続に向けた、プランニング、マッチング、マーケティング等のきめ細やかなアドバイス等を実施する活動であり、地域づくり活動に対し、地域づくり活動支援体制の構成主体が連携して行う伴走型の支援(ハンズオン支援)活動とします。
 以下略
4.事業実施期間  平成27年3月2日(月)まで
5.支援額の上限  1件当たり上限350万円
6.選定予定数  8〜10件程度

                                                                                                                                          • -

○関連書籍
『地域プラットフォームによる観光まちづくり
    〜マーケティングの導入と推進体制のマネジメント』(大社充 著)
プラットフォーム型の観光まちづくり組織の顧客志向の取り組みが、従来の観光行政、観光協会の弱点を克服し成果をあげている。本書ではその組織のあり方、実践的なマーケティング手法、地域ぐるみで取り組む推進体制のマネジメントの仕組みを示す。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2546-0.htm

広告を非表示にする