gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「思考と技術と対話の学校」 6 月開校・説明会開催(5.18東京)

◎「思考と技術と対話の学校」6月開校・説明会開催
 アートプロジェクトを動かす人のためのプログラム始動!

日時:2014年5月18日(日)14:00〜15:30(開場13:30)
場所:東京文化発信プロジェクトROOM302
 (東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
料金:無料
定員:先着50名程度(事前申込不要)
主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室
  (公益財団法人東京都歴史文化財団
説明会詳細&申込
http://www.tarl.jp/cat_voice/8652.html
「思考と技術と対話の学校」HP
http://www.tarl.jp/cat_lesson/313.html

社会のさまざまな場面で立ち上がっている、アートプロジェクトの現場。そこでは今ある行政や経済の枠組みとは別の発想で、地域で起こっていることに向き合い、何ができるかを考え、企画をかたちにする力が求められています。
社会的な課題を「思考」すること、現場をつくるための「技術」を知ること、問題意識を共有する人たちと出会い「対話」をすること――。
「思考と技術と対話の学校」は、アートプロジェクトを動かす人がこれらの力を見につけるための学校です。
説明会では、プログラム内容やこの学校のさまざまな特徴について、詳しくご紹介します。
お気軽にご来場ください!

「思考と技術と対話の学校」
(2014年6月〜2015年2月 不定期日曜開催)
ゲスト(予定):
アサダワタル(日常編集家)、芦立さやか(HAPSディレクター)、大木彩子(アートフロントギャラリー)、大澤苑美(八戸市まちづくり文化スポーツ観光部 芸術環境創造専門員)、鈴木拓(boxes inc. 代表)、中村茜(株式会社PRECOG代表取締役NPO法人ドリフターズ・インターナショナル理事)、長島確(ドラマトゥルク/翻訳家)、林曉甫(プロデューサー/林曉甫事務所 代表)、松尾真由子(Breaker Project 事務局長)、吉田有里(アートコーディネーター)ほか

                                                                                                                                          • -

○関連書籍
文化政策の展開   アーツ・マネジメントと創造都市』(野田邦弘 著)
近藤 誠一 前文化庁長官 推薦!
包括的かつ具体的で読みやすい文化政策論。文化政策や現場の専門家必読の書
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2570-5.htm

広告を非表示にする