読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「100%再生可能へ!ドイツの市民エネルギー企業」朝日新聞/読書欄(8.17)

メディア情報

【書評情報】

8/17の朝日新聞/読書欄で、諸富徹先生(京都大学)が「100%再生可能へ!ドイツの市民エネルギー企業」をご紹介くださいました。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11303311.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11303311

◇「無数の小さな主体」が変革担う

 ドイツでは、2013年に総電力消費量のうち、太陽光や風力などの再生可能エネルギー比率が何と、25%を超えた。これは、日本がモデルとした再エネ固定価格買い取り制度が顕著な成功を収めた証しだ。しかし、その成功要因は何か、誰がどのように再エネ拡大を担ったのか、といった点については意外に知られていない。ドイツ・スイス在住の3名の日本人ジャーナリストによる本書は、現地での豊富な調査に基づいて、再エネに取り組む人々を生き生きと描くとともに、その成功を支える組織、制度、そして政策理念を説得的に提示した良書だ。

 評・諸富徹(京都大学教授・経済学)/朝日新聞2014.8.17より抜粋


★この本の詳しい内容は下記に掲載しています。
『100%再生可能へ!ドイツの市民エネルギー企業』
(村上敦、池田憲昭、滝川薫著、2014)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2573-6.htm
ドイツの再生可能エネルギー増産を牽引するのは、地域に密着した企業活動。市民が起こしたエネルギー株式会社、エネルギー組合、自治体のエネルギー公社等、代表的なビジネスモデルを現地のジャーナリストが紹介。

★著者の前著も好評3刷です。
『100%再生可能へ!欧州のエネルギー自立地域』
(滝川薫 編著、村上敦、池田憲昭、田代かおる、近江まどか著、2012)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2530-9.htm
坂本龍一氏推薦!
産業革命以来のエネルギー革命が始まっている。幕末の青年たちがむさぼるように蘭学を学んだように、心ある日本人はこの本から多くを学ぶだろう。100%自然エネルギーによる自給を目指して。」

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
8月のリツイートキャンペーン!
『建築を、ひらく』▽リツイートで抽選で1冊プレゼント!(8月31日まで)
 http://bit.ly/1AQ7uI9

広告を非表示にする