gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

土木計画学ワンディセミナー  No.71 自転車利用環境計画の進展と課題( 1.10 東京)

■土木計画学ワンディセミナー No.71 自転車利用環境計画の進展と課題

日時:平成27年1月10日(土) 10:00−16:45
場所:土木学会講堂 東京都新宿区四谷無番地
主催:土木学会 土木計画学研究委員会 (自転車政策研究小委員会)
費用:土木学会・自転車活用推進研究会会員 3000円 非会員 4000円
   学生 1000円
   テキスト(事例集CD)を含む(事例集のみの販売:2000円)
詳細;参加申込
http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp

<開催目的>
 安全で快適な時点利用環境創出ガイドライン国土交通省・警察庁,2012年11月),自転車利用環境整備のためのキーポイント(道路協会,2013年6月),この指針にしたがった自転車利用環境計画の策定が各自治体で進んでいます.
本セミナーでは,これらの計画事例の紹介と,継続的整備に向けた課題を共有します.なお,土木学会計画学研究委員会の自転車政策研究小委員会(代表:山中英生)において製作した多様な自転車通行空間の事例集(CD-ROM)の増補版をテキストとして配布します.

<プログラム>
午前の部 10:00−12:00
1 ガイドラインにおける自転車ネットワーク計画が目指すもの
  東京工業大学 教授 屋井 鉄雄
2 自転車安全利用条例の策定状況
  岩手県立大学 教授 元田良孝
3 ガイドラインに示された交差点整備の効果計測事例について
  警視庁交通部交通規制課 海老沢 綾一
4 自転車利用環境計画の課題と施策 ―海外との比較―
  三井住友トラスト基礎研究所 研究理事 古倉 宗治
午後の部 13:00−16:30
5 自転車ネットワーク計画の策定状況
  国土技術政策総合研究所 主任研究官 小林 寛
6 自転車利用計画の策定事例の特徴
  進行総括 茨城大学 教授 金 利昭
 1)宮崎市のネットワーク計画の特徴
   東京工業大学 助教 鈴木美緒
 2)金沢市の計画づくりとその成果
   地球の友・金沢   三国成子
 3)堺市の自転車利用環境計画の特徴
   大阪市立大学 准教授 吉田長裕
 4)東京における取り組みとその課題
   自転車活用推進研究会 事務局長 小林成基
7 ミニパネルディスカッション  継続的整備に向けた課題と展望
  進行 徳島大学 教授 山中英生 + 上記発表者による討議

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社:古倉宗治さんの本
『実践する自転車まちづくり   役立つ具体策』
現場で役立つホットで実践的な話題を紹介する
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3212-3.htm
『成功する自転車まちづくり   政策と計画のポイント』
世界の最新政策や科学的データに基づく提言
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2491-3.htm

広告を非表示にする