gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

住宅産業フォーラム21公開シンポジウム 『次世代へ遺すもの』(2.10大阪)

■住宅産業フォーラム21 平成26年度 公開シンポジウム
 『次世代へ遺すもの』

日時:平成27年2月10日(火)
   13:30〜17:00(シンポジウム)
   17:10〜18:30(交流会)
場所:大阪科学技術センタービル  8階 中・小ホール
   (大阪市西区靭本町1-8-4)
   http://www.ostecroom.com/html/access/access.html
主催:一般財団法人 大阪科学技術センター
定員:150名
費用:シンポジウムは無料、交流会3000円
詳細&申込
http://www.ostec.or.jp/data/news_ostec/jsf21.pdf

 私ども住宅産業フォーラム21は、住宅産業の先進地域である関西を舞台に、産・学・官が集まり、住宅産業のありようについてソフト・ハードの両面から 幅広く討議し、環境に適合する21世紀に相応しい新しい住宅産業像を追及するとともに、その成果を社会一般に広く公開することを目的に平成8年に設立いたしましたが本年度を以て、一旦区切りをつけることとなりました。

 本シンポジウムでは、半世紀にわたる住宅産業を振り返り、「産・学・官」の立場から住宅産業に長年携わられた方々をお招きし、次世代の専門家ならびに住宅業界関係者へ何を引き継いでいくのか、日本の住宅というモノづくり全般に関しての議論を行い、参加者の皆様と一緒に考えたいと思います。

<プログラム>
(1) 基調講演
 「和小屋のフレキシビリティと現代の和小屋」
  東京大学名誉教授   内田 祥哉 氏
(2)パネルディスカッション「次世代へ遺すもの」
  1)パネルディスカッションにあたっての問題提起
  「日本のものづくりについて考えるー建築工事を対象にー」(仮題)
  京都大学大学院工学研究科建築学専攻准教授
  古阪秀三 氏 
2)パネルディスカッション
  コーディネータ:高田光雄氏
(住宅産業フォーラム21 副座長
   /京都大学大学院 工学研究科建築学専攻 教授)
  パネリスト(順不同):
   川崎 直宏氏(市浦ハウジング&プランニング)
   中村孝之氏(積水ハウス
   森晋樹氏(大和ハウス工業
   赤崎盛久氏(住宅産業フォーラム21企画WGリーダー)
(3)交流会(B1階多目的ホール) 

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『近居〜少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか』
(大月敏雄、住総研編著)介護や子育て、「家族が地域に住む」時代へ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1337-5.htm
『住環境マネジメント〜住宅地の価値をつくる』(齊藤広子 著)
 良好な住宅地を持続させるためにすべきこと
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2506-4.htm

広告を非表示にする