gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「都市の森林」フォーラム(2.7神奈川)

■宮崎県・川崎市連携協定記念イベント
  「都市の森林」フォーラム

 川崎市と宮崎県は互いの持つ資源や特性、強みを活かしながら連携・協力を図り、それぞれの地域の活性化及び持続的成長に向けた取組を推進するため、平成26年11月7日に基本協定を締結しました。
 この度、本協定の取組のひとつである「国産木材等を活用した豊かなまちづくり」の推進に向けた記念イベントとして「都市の森林」フォーラムを開催します。

日時:平成27年2月7日(土) (受付開始 14:30〜)
   第1部 「都市の森林」 フォーラム 15:00〜17:30
   第2部 交流会 (立食) 18:00〜19:30
会場:かながわサイエンスパーク 「ホテルKSP」
概要:参加費無料
主催:
詳細&申込(1月28日まで)
http://www.city.kawasaki.jp/500/page/0000064360.html

<プログラム>
第1部 「都市の森林」 フォーラム
1 主催者挨拶
2 来賓挨拶
 農林水産副大臣 小泉 昭男
 神奈川県環境農政局長 金子 眞理子
3 協定締結記念特別講演
 「なぜ、いま木の建築なのか」
 東京大学名誉教授 有馬 孝禮
4 講演
 1)「(仮)林野庁における
  木材利用促進に向けた取組について」
  林野庁林政部長 牧元 幸司
 2)「木材利用の推進によるまちづくり」
  国土交通省住宅局木造住宅振興室長 内田 純夫
 3)「宮崎スギの大型建築物への利用可能性
  〜グリーン・イノベ-ション〜」
  宮崎県木材利用技術センタ−所長 飯村 豊
 4)「協定締結の概要と
  川崎市木材利用の取組について」
  川崎市まちづくり局総務部企画課長 松元 信一

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『なぜ、いま木の建築なのか』有馬孝禮 著
 木の特性を活かし、環境にやさしい木造とは
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2458-6.htm

広告を非表示にする