gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

学芸セミナー「産業観光の手法−企業と地域をどう活性化するか−」丁野 朗(2.17、京都)

◎学芸セミナー@京都(2015.2.17)

「産業観光の手法−企業と地域をどう活性化するか−」
                講師:丁野 朗

                                                                                            • -

日 時:2015年2月17日(火)
    14時00分開場、14時30分開演〜16時30分頃まで
場 所:京 都/学芸出版社3階
    http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/index.htm
費 用:1000円、定員50名(先着順)
    『産業観光の手法』ご持参の方、会場でお買い上げの方は500円

                                                                                            • -

詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1502sang/index.htm

<趣旨>
 産業観光が注目されています。 企業主催の先端工場見学や町場の工房体験、世界遺産となった石見銀山富岡製糸場をはじめとした近代化遺産探訪、工場夜景見学等、産業観光には、カウントできるものだけでも年間7000万人が訪れています。それにも拘わらず適当な手引書がありません。そこで産業観光推進会議では10年以上にわたる研究・調査を踏まえ、その産業観光の実態を明らかにし、活性化に繋がる企画・運営手法をまとめた『産業観光の手法』を上梓しました。
 今回はそのまとめ役をされた丁野朗さんにおいでいただき、産業観光の現状と考え方、本書では触れられなかった京都の産業観光についてお話を伺います。

〇関連書籍
『産業観光の手法』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2582-8.htm

○丁野 朗 さん
(公社)日本観光振興協会常務理事・総合調査研究所長
1973年 同志社大学卒業。マーケティング環境政策シンクタンク勤務、余暇開発センター(主任研究員などを歴任)では「ハッピーマンデー制度」やサマータイム・バカンス制度などの提唱と実現化事業の推進、産業遺産活用・産業観光などの地域活性化事業 、『レジャー白書』の編集などに携わる。その後、社会経済生産性本部日本生産性本部観光地域経営フォーラム研究コーディネータを経て、現職
2013年4月〜 多摩大学大学院経営情報学研究科客員教授、法政大学キャリアデザイン学部東洋大学大学院国際地域研究科客員教授を歴任

                                                                                                        • -

1月のリツイートキャンペーンはこちら!
『スマート・テロワール』松尾雅彦著
下記リンクをリツイートするだけで、書籍を抽選で1名様に1冊プレゼント!
http://bit.ly/1xPKiv6

広告を非表示にする