gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

学術会議シンポジウム「神宮の森と東京オリンピック2020を考える」( 2.20 東京)

■学術会議シンポジウム
 「神宮の森と東京オリンピック2020を考える」
   東京の誇りとする珠玉の森とオリンピックの調和をめざして
   水と緑の東京へ[渋谷川玉川上水余水吐けの再生]

日時:平成27年2月20日(金)13:30〜17:00
場所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22?34)
主催:日本学術会議環境学委員会 都市と自然と環境分科会
詳細&申込先
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/206-s-3-2.pdf

<主なプログラム>
第一部:東京の遺産としての神宮の森とオリンピック2020 (13:30-14:55)

 あいさつ
  村上暁信 (筑波大学システム情報系准教授)
 東京オリンピック1964は、何を目指し、何を残したのか。
 池邊このみ (千葉大学大学院園芸学研究科教授)
 明治神宮内苑・外苑の歴史的意義と現代的意義
進士五十八 (東京農業大学名誉教授)
 「水都東京」の構造と課題
池田駿介 (東京工業大学名誉教授)
 東京のサウンドスケープの過去・現在・未来
鳥越けい子 (青山学院大学総合文化政策学部教授)
 新国立競技場(計画案)の緑地・熱・風環境のシミュレーション
高橋桂子(独立行政法人 海洋研究開発機構地球情報基盤センター長)
松田景吾、大西領(独立行政法人 海洋研究開発機構地球情報センター)

第二部:水循環基本法の理念と東京 (15:15-15:35)

 水循環基本法の理念と東京
山田正 (中央大学理工学部教授)

第三部:報告と提案 (15:35-15:55)

 現状報告と神宮の森ヴィジョン
石川幹子 (日本学術会議環境学委員会 都市と自然と環境分科会 委員長)
中央大学理工学部教授、東京大学名誉教授)

第四部 総合討論 (15:55-16:55)

 都市遺産の継承と再生
コーディネーター 進士五十八
パネリスト
池邊このみ、池田駿介、鳥越けい子、村上暁信、
  高橋桂子、山田正、石川幹子

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『ルーラル・ランドスケープ・デザインの手法〜農に学ぶ都市環境づくり』
 (進士五十八・鈴木 誠・一場博幸 編著)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-3038-3.htm
『白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか』
 (蓑原敬藤村龍至、饗庭伸、村上暁信ほか 著)
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2571-2.htm

広告を非表示にする