読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

マイファーム著者が「カンブリア宮殿」にご出演(11/19)

メディア情報

『マイファーム 荒地からの挑戦』著者・西辻一真氏が、村上龍さんの「カンブリア宮殿」に出演されます

見放された耕作放棄地を、市民のレンタル農園にするというアイデアで、社会課題を解決しながら、新たなビジネスとして展開している、西辻一真さん。

当社では、いち早く彼を応援をしており、2012年には、その単著『マイファーム 荒地からの挑戦』を上梓いただきました。

このたび、村上龍さんの人気経済番組「カンブリア宮殿に」出演されることが、決まりました。

カンブリア宮殿

「今レンタル農園で野菜を作る人が増えている。そんなレンタル農園の民間最大手がマイファーム。農園数は全国で100カ所以上。実は、全ての農園が、以前は耕作放棄地だった。農家の高齢化で社会問題になっている耕作放棄地を蘇らせ、農業の再生につなげることが狙いだ。「野菜作りが大好き」という社長の西辻が創業したマイファームの事業は、農業学校や青果店運営にまで広がっている。若き農業ベンチャーの情熱に迫る。」 (http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/next/) より引用

現在の仕事に着目いただくとともに、ビジネス初動期の物語である
本書をぜひご覧ください。

  • マイファーム 荒地からの挑戦:農と人をつなぐビジネスで社会を変える
  • 西辻一真
  • 四六判・192頁・本体1600円+税
  • 発行日:2012/05
  • 詳細ページ //www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1306-1.htm
  • もくじより

【1章 荒地から】
 野菜ではなく「仕組み」づくりにたどりつく  子供ながらに考えた、母との野菜づくり なぜ、畑は荒れているの? ・・・
【2章 開墾へ】 
 株式会社で社会の課題を解決をする  何のための、誰のための会社か  2年おきの目標設定〜まずは体験農園を成功させよう〜  ところが、協力してくれる農家がいなかった ・・・
【3章 種を蒔く】 
 困難を乗り越える仲間との出会い  強力な味方現る  根回し大作戦  初めての開墾は地面がズブズブ  合言葉は「自産自消」・・・
【4章 芽吹き】
 広がる農のチカラ、育つコミュニティ  農園ラッシュ  体験農園の増加が、地域活性化の起爆剤に  ・・・
【5章 実り】
 農と人がつながり始めた  食の安全と闘うための「自産自消」  興味のない人を巻き込むには  ・・・
【6章 収穫そして新たな荒地へ】 
 自産自消の社会に向けて  次へ進むための社内統制  「安定企業」という誤解は困る  チャンスがあるなら農水省にも物申す  日本の農業は「技術」で勝負 攻めて、攻めて、攻めろ  目標と野望・・・

広告を非表示にする