gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

中村文彦×小泉秀樹対談「コンパクトシティは実現するか?( 1.9 東京)

■Jsurpまちづくりカレッジ「人口減少社会を読む」スピンオフ対談企画
 中村文彦×小泉秀樹対談「コンパクトシティは実現するか?」
           
以下の対談を行います。都市地域の持続可能性アセスメントに関連した内容になるかと思われますので、ご参加ください。

主催:認定NPO法人日本都市計画家協会
日 時:2016年1月9日(土)午後4時〜6時
場 所:東京大学本郷キャンパス 工学部14号館2階 114教室
お申込み:認定NPO法人日本都市計画家協会
        mail:jimukyoku@jsurp.jp
参加費:1500円(どなたでも参加可能です!)
http://bit.ly/1m6oOWQ

今年度、日本都市計画家協会が開催したJSURPまちづくりカレッジ「人口減少社会を読む」では、人口減少に伴って、都市や地域がどのように変わっていくかについて、様々な視点・分野から考えてきました。
 その中で、人口減少社会において「コンパクトシティは実現するのか?」という点について、「都市計画」と「交通」の観点から、講師をお願いしたお二人の対談を聞いてみたい、という声があがりました。
 この企画はそのような受講生のアイデアから生まれました。
 最初は「徹子の部屋」のように中村先生が、小泉先生に質問を投げかけていきます。そしてそのあとは・・・・??
 この企画はどなたでも参加できます。皆さまのご参加をお持ちしております!

対談者
 中村文彦(横浜国立大学理事・副学長)
 小泉秀樹(東京大学大学院都市工学専攻教授)
進行
  高鍋剛(認定NPO日本都市計画家協会)

○関連書
『都市・地域の持続可能性アセスメント  人口減少時代のプランニングシステム』
原科 幸彦 編著 小泉 秀樹 編著
総合的、長期的地域づくりの不可欠な手法
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3218-5.htm


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
毎日新聞、「2015 この3冊」。
 藻谷浩介さんの3冊のうち1冊は『スマート・テロワール』。

 カルビーを育てた名経営者が、畑作+食品加工による農山村からの日本再生を説く。ハイテク工業ではなく農業にこそ成長余力があるとの指摘は、今世紀半ば以降の日本では常識となろう。

○関連書
『スマート・テロワール  農村消滅論からの大転換』
 松尾雅彦 著・浅川芳裕 構成
 米作に拘りすぎなければ農業こそ成長できる
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1344-3.htm

広告を非表示にする