gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

復興デザインフォーラム「縮退の復興デザイン」(2.6、柏)

■復興デザインフォーラム「縮退の復興デザイン」
            
日時:2016/2/6(土曜日)10:00-17:00
場所:東京大学柏キャンパス 新領域環境棟1階 FSホール
   〒277-8568 千葉県柏市柏の葉5-1-5
   http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_01_06_j.html
費用:無料
詳細&申込
http://bin.t.u-tokyo.ac.jp/dss/event_lc_forum2016.html
申込先 imoto[at]arch.t.u-tokyo.ac.jp ([at]を@に変えて送信)
    件名:2月6日フォーラム参加希望
    記入内容:氏名/所属/連絡先アドレス

プログラム
【午前の部】10:00-12:10 減災・復興実践学修了認定審査会
  概要:減災・復興実践学の修了のための審査会を、公開開催します。
  修士研究の成果発表と、社会基盤、都市、建築の分野を
  横断したディスカッションを行います。
10:00 はじめに 羽藤 英二(社会基盤学)
10:10 修士論文発表会
 コーディネータ 井本 佐保里(建築学
 グループ1講評 黒瀬 武史(都市工学)
 グループ2講評 福島 秀哉(社会基盤学)
  グループ3講評 小山 毅(建築学
12:00 全体講評 羽藤×井本×黒瀬×福島×小山
12:10 ポスターセッション / ランチ休憩

【午後の部】13:00-17:00 縮退の復興デザイン
  概要:建設系三専攻+新領域の実務者および研究者をお招きし、
  縮退社会の中でどのような復興デザインが可能か、
  実践に基づいた議論を行います。
13:00 はじめに 原田 昇(都市工学)
13:10 基調講演 内藤 廣(東京大学名誉教授)
14:00 復興デザイン研究体 活動報告
 復興デザイン研究体の活動+南相馬市小高区での取り組み
    窪田 亜矢(都市工学)
 陸前高田市における高齢者施設のデザインと復興
    大月 敏雄(建築学
 海外における巨大水災害
    田島 芳満(社会基盤学)
 広島土砂災害の今〜被災1年半後の現状と課題
    山根 啓典(復建調査設計株式会社)
 火山噴火災害に対する復興デザイン研究の応用
    臼杵 伸浩(アジア航測株式会社)
15:00 パネルディスカッション コーディネータ 本田 利器(新領域)
15:10 実践の経験から
     中井 祐(社会基盤学)×千葉 学(建築学)×出口 敦(新領域)
15:40 各専攻から 大月×田島×窪田 = 建築、土木、都市の限界
15:55 議論 中井×千葉×出口 ×大月×田島×窪田
16:40 コメント 内藤 廣
17:00 閉会

閉会後、簡単な懇親会を予定しています。併せてご参加ください。

                                                                                                                                        • -

◎登壇者の関連書籍
東日本大震災 復興まちづくり最前線
大西 隆 編著 城所 哲夫 編著 瀬田 史彦 編著
窪田亜矢「11章 記憶を活かした風景の再生─大槌町の実践より─」
羽藤英二「12章 復興のモビリティデザイン」
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3202-4.htm

広告を非表示にする