gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会(海外)フランスの地方都市交通 40 年― 197 0 年代の改革に着目して―( 2/4  東京)

■比較住宅都市研究会(海外)
  フランスの地方都市交通40年―1970年代の改革に着目して―

日時:2016年2月4日(木)19時00分〜21時00分
報告者:西田敬氏(都市再生機構、日本路面電車同好会)
会場:首都大学東京同窓会 八雲クラブ ニュー渋谷コーポラス10階 1001号室
  http://www.comp.tmu.ac.jp/dousoukai/activity/club/index.html
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

要旨:
 フランスの地方都市における公共交通は、事業権委託制度に基づき民間運輸事業
が大きな役割を果たしてきた。しかしながら,1970年代の経営改革を契機として,交
通税による財政補助,地方自治体による関与が始まり、国による法制度の対応,地方
分権政策の推進を経て、地方自治体の責務が位置づけられ,現在の枠組みが確立し
た。その過程において、公共交通における民間運輸事業者は、独自の地位を保ちなが
らもその役割は変質していった。わが国に対する示唆として、公共交通の経営環境は
フランスの1970年代に類似点があり,地方自治体の責務及び国の適切な関与の必要性
を明らかにしたい。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
ストラスブールのまちづくり トラムとにぎわいの地方都市』
ヴァンソン藤井由美 著
「都市交通政策のパイオニア」の素顔に迫る
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2518-7.htm
LRTと持続可能なまちづくり  都市アメニティの向上と環境負荷の低減をめざして』
青山吉隆・小谷通泰 編著
なぜ今LRTなのか?効果と課題を徹底検証
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-4082-1.htm

広告を非表示にする