gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

暮らし産業振興事業シンポジウム リノベーション・コンバージョンで既存ストックに新しい価値を( 3/7  大阪)

■暮らし産業振興事業 シンポジウム
 リノベーション・コンバージョンで既存ストックに新しい価値を
                   
日時:2016年3月7日(月)14:00〜17:15
場所:シティプラザ大阪 2階 旬(大阪市中央区本町橋2−31)
会費:無料
定員:450名
詳細&申し込み:
http://bit.ly/1omXPqT

大阪商工会議所では、既存の建物をリノベーションし、新たな価値や用途をもつ空間を生み出すことで、
様々な産業に刺激を与えようという事業(“暮らし産業振興事業”)に取り組んでいます。
老朽化、遊休化が進む建築ストックを時代の変化、社会のニーズに合わせて活用することは、
今後、魅力あるビジネスとして、ますます注目されると見込まれます。

そこで、中古オフィスビルや倉庫、古民家等にリノベーションやコンバージョンを施して活用し、
「収益をあげている」「地域の活性化に波及効果がある」といった事例をご紹介し、
建物の再生・活用における成功のポイントやビジネスモデル等について考えるシンポジウムを開催します。

物件をお持ちのオーナーや不動産、建築設計・施工など多様な事業者の皆様に、
ビジネスチャンス拡大の参考として頂けると存じますので、是非ご参加下さいますようお願い申し上げます。

○プログラム
1.基調講演
 素敵な暮らしは生活文化と産業経済の土壌
 デザインプロデューサー 大阪芸術大学 教授
 大阪商工会議所 暮らし産業振興事業 顧問 喜多俊之

2.事例紹介1
 空間の用途を拡げる「時代・場所・物事」の編集デザイン
 株式会社インフィクス 代表取締役社長 間宮吉彦氏

3.事例紹介2
  「オフィスには不向き」と言われた“元倉庫”が人気物件になった訳
 イーソーコ株式会社 取締役会長 大谷巌一氏

4.パネルディスカッション
  「遊休不動産の再生と活用〜課題解決策と成功のポイント〜」(仮題)
 <モデレータ>喜多俊之氏、<パネリスト>間宮吉彦氏、大谷厳一氏

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
地場産業+デザイン』
喜多俊之
オリジナルなものづくりで地場産業が変わる
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1256-9.htm
『リノベーションまちづくり 不動産事業でまちを再生する方法』
清水 義次 著
補助金頼みではない自立型まちづくりの全貌
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2575-0.htm

広告を非表示にする