gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

龍谷大学里山学研究センター シンポジウム 「琵琶湖保全再生と里山・里湖 ―人と水との共生にむけて―」( 3/5  滋賀)

龍谷大学里山学研究センター シンポジウム
 「琵琶湖保全再生と里山・里湖 ―人と水との共生にむけて―」
                
日時:2016年3月5日(土) 13:00〜17:00(開場12:30)
場所:ピアザ淡海 ピアザホール 滋賀県大津市におの浜1−1−20
申し込み不要、入場無料、一般の方歓迎
詳細:http://bit.ly/1KVGyil


龍谷大学里山学研究センターは、「2015年度〜2019年度 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」により新規プロジェクトを立ち上げました。
それとほぼ同時期に国会において「琵琶湖の保全及び再生に関する法律(以下、琵琶湖再生法)」が成立しました。
本シンポジウムでは琵琶湖再生法と新規プロジェクトを基に、琵琶湖のその環境保全・再生政策のあり方について、里山・里湖という観点を含めた様々な視点から議論を行い、人と水との共生にむけて、これから私たちが自然共生型社会を実現するための条件を多くの方と探りたいと思いますので、奮ってご参加ください。

プログラム
第1部 13:00〜15:00
オープニング
滋賀県知事 三日月大造氏からのご挨拶
基調講演
嘉田由紀子氏 (前滋賀県知事、びわこ成蹊スポーツ大学学長)
「文理連携をめざす環境研究者の理想をいかに政策実践にむすびつけたのか?―琵琶湖研究40年・滋賀県知事8年の経験から―」
関連講演
岡田 英基氏 (滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課琵琶湖保全再生室長)「琵琶湖の課題と琵琶湖保全再生法の制定」
里山学研究センターのプロジェクト紹介
「琵琶湖を中心とする循環型自然・社会・文化環境の総合研究―Satoyamaモデルによる地域・環境政策の新展開―」

第2部 15:00〜15:30
ポスターセッション 里山・里湖にかかわる多様な研究・取り組みのポスター展示

第3部 15:30〜17:00
パネルディスカッション「琵琶湖水域圏における人と水との共生に向けて」<パネリスト>
嘉田由紀子氏(びわこ成蹊スポーツ大学学長、前滋賀県知事)
・大崎 康文氏(滋賀県観光交流局副主幹)
・山口美知子氏(東近江市市民環境部森と水政策課課長補佐)
・秋山 道雄氏(滋賀県立大学名誉教授)
・山中 裕樹氏(龍谷大学理工学部)
・村澤真保呂氏(龍谷大学社会学部)

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『自転車コミュニティビジネス  エコに楽しく地域を変える』
近藤 隆二郎 編著 五環生活 著 輪の国びわ湖推進協議会 著
多彩なビジネスの現状と可能性を初めて紹介
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1320-7.htm
『風景の思想』
西村 幸夫 編著 中井 祐 編著 伊藤 毅 編
風景と人の関わりを根源に戻って論じる
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2533-0.htm

広告を非表示にする