gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

シリーズセミナー「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護りぬく」第一回「樹木災害と文化財防災」( 3/6  京都)

■シリーズセミナー「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護りぬく」
 第一回「樹木災害と文化財防災」
                  
日時:2016年3月6日(日) 午後1時〜4時頃(開場午後0時30分)
会場:ヒコバエノ家(京都市上京区上立売通浄福寺西入姥ケ東西町632番地、角地、東隣青空駐車場)
会費:1000円(資料付、会員800円、学生無料)、終了後の懇親会300円(学生無料)
詳細&申し込み:
http://bit.ly/1RFt4qA

関西木造住文化研究会は、これまで京町家をモデルに伝統木造住宅の伝統文化を活かした防災性能の向上や再評価を目指して様々な活動を続けてきました。
本セミナーでは、これまでの研究成果をふまえて、歴史的まちなみの伝統的木造建造物を、
木造伝統文化・伝統意匠を活かした手法で様々な災害から護り、被害を軽減するための課題と対策をさまざまな視点から学び、考えます。
お気軽にご参加下さい。

プログラム
1:はじめに
会場建物見学「伝統の自然材料と伝統構法の知恵を活かした耐震改修の要点を学ぶ基礎編」(30分)
田村佳英(KARTH防火・耐震研究チーム)、宮下憲次(元数寄屋研究所心傳庵大工)
2:講義「樹木災害と文化財防災」(1時間半程度)
小玉 泰義(岡山県農林水産総合センター森林研究所木材加工研究室)
意見交換(45分程度)

講師 小玉泰義氏のプロフィール
京都府立大学農学部林学科卒業、島根県立工業技術センター、岡山県林業試験場を経て、現職。
主な業務(専門)は、木材の強度・材質とその非破壊検査。博士(工学)、技術士(林産)。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『減災と市民ネットワーク 安全・安心まちづくりのヒューマンウエア』
三舩 康道 著
住民・企業・行政の連携で災害に備えよう
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2537-8.htm
『歴史に学ぶ 減災の知恵 建築・町並みはこうして生き延びてきた』
大窪 健之 著
震災後の今こそ、災害を受け流す知恵に学ぶ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2532-3.htm

広告を非表示にする