gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「ストリートデザイン・マネジメント」研究会公開ミニシンポジウム(3 /15  東京)

■「ストリートデザイン・マネジメント」研究会公開ミニシンポジウム
           
日時:2016年3月15日(火)15:00‐18:30
場所:文京区本郷7-3-1東京大学本郷キャンパス14号館1F講義室
会費:無料
詳細&申し込み:
http://bit.ly/1oIq1nZ


「ストリート」は、一般に交通空間として管理されてきましたが、近年、地域生活に欠かせない公共空間としての機能を高める再編や利活用が注目を浴びています。
その際に、地域組織による主体的な計画、柔軟な管理運営(マネジメント)が目指されていますが、
公共空間の「公共性」の概念や地域ガバナンスと照らし合わせた上で、最適な方法論は未だ構築されていません。
こうした問題意識の下、本研究会では昨年度より、都市計画学、土木計画学、建築学の各分野の研究者、実務者が集い、
ストリート空間のデザイン及びマネジメントに関する研究を進めてきました。
本シンポジウムでは、これまでの成果を発表すると共に、今後の研究・実践へとつなげていきたいと考えています。
ご興味がある方の参加をお待ちしております。

【プログラム】
1.セッション1: ストリート空間とデザイン(15:20−16:40)
1)「公共交通を軸としたストリート研究の最新動向」
横浜国立大学大学院 都市イノベーション学府 中村 文彦 教授
2)「トランジットモールの計画とマネジメント−ソウル市延世路」
山口大学 工学部感性デザイン工学科 宋 俊煥 助教
3)「Tactical Urbanismとストリート」
東京大学 大学院工学系研究科都市工学専攻 村山 顕人准教授
4)「インドネシアジョグジャカルタ市マリオボロストリートの賑わい」
東洋大学 国際地域学部国際地域学科 志摩 憲寿准教授
5)「アジアにおけるストリート利活用:福岡市の屋台の実態」
九州大学 大学院人間環境学府 都市共生デザイン専攻 趙 世晨准教授
6)「歩行者主体のメインストリートマネジメントの変遷と課題」
横浜国立大学 大学院都市イノベーション学府 三浦 詩乃助教

2.セッション2:ストリートのマネジメントと組織 (16:50-18:10)
1)「札幌市北3条広場(アカプラ)―官民協働による街路の広場化とその活用について」
株式会社日本設計 廣瀬 健氏
2)「ストリート環境評価手法の構築−建築環境工学・環境心理学の観点から」
お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系 小崎 美希助教
3)「ストリート・コモンズ―新潟県内における雁木空間のマネジメント」
新潟工科大学 建築学科 長 聡子准教授
4)「ストリートを生かした被災地の復興デザイン」
東京大学 大学院工学系研究科都市工学専攻 窪田 亜矢特任教授
5)「街路一体型のストリートマネジメント」
横浜国立大学 大学院都市イノベーション学府 野原 卓准教授

3.総括
東京大学 大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 出口 敦教授

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『アジア・アフリカの都市コミュニティ 「手づくりのまち」の形成論理とエンパワメントの実践』
城所哲夫・志摩憲寿・柏崎梢 編著
<まちづくりのフロンティアは、インフォーマルにあった!>
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2613-9.htm
『中心市街地の再生 メインストリートプログラム』
安達正範・鈴木俊治・中野みどり 著
米国に学ぶ地域資産の活用と経済活性化手法
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2394-8.htm

広告を非表示にする