gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会 日本における居住支援型社会的企業の現状と課題( 3.11  東京)

■比較住宅都市研究会 日本における居住支援型社会的企業の現状と課題

日時:2016年3月11日(金)18時30分〜20時30分
報告者:石川久仁子氏(大阪人間科学大学人間科学部社会福祉学科准教授)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

要旨:
 かつて、住まいの問題は一部の地域における特別な課題だと思われていました。し
かし、地域を問わない居住困窮が広がっています。低所得高齢者、精神障害者、DV被
害者、刑余者、児童養護施設を退所した若者など居住困窮におちいる人々の枚挙にい
とまがありません。このような人たちの住宅確保と生活支援、そしてコミュニティ支
援を民間の立場からおこなう居住支援型社会的企業とでもいえる実践が広がっていま
す。報告者が属する日本居住福祉学会関西支部では2012年より居住支援型社会的企業
をテーマとした視察会・セミナーを実施してきました。今回の報告では報告者の研究
のスタート地点となった京都最大の在日コリアン集住地・東九条における3つの居住
支援実践とその限界を紹介したのち、全国に広がる居住支援型社会的企業の現状と課
題について報告し、議論します。

講師のプロフィール:
 1970年、千里ニュータウン生まれ。大阪府立大学社会福祉学部卒、財団法人たんぽ
ぽの家ネットワーキング社会研究所に6年間勤務後、2001年、関西学院大学大学院社
会学研究科に進学。2005年より大阪人間科学大学人間科学部社会福祉学科に着任、地
域福祉・コミュニティワークを担当。東九条釜ヶ崎などのインナーエリアにおける
コミュニティ実践が主たるテーマではあるが、その一方で故郷であるニュータウン
おけるコミュニティ実践にも関心あり。人間福祉学博士。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『近居  少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか』
 大月 敏雄 編著 住総研 編著
介護や子育て、「家族が地域に住む」時代へ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1337-5.htm
『過疎地域の戦略  新たな地域社会づくりの仕組みと技術』
谷本 圭志 編著 細井 由彦 編著 鳥取大学過疎プロジェクト 著
地域社会の仕組みづくりを総合的に提案する
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2540-8.htm

広告を非表示にする