gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

小さな建替え・空き家活用が、まちを再生する( 3/26  大阪)

■小さな建替え・空き家活用が、まちを再生する
〜地域と事業者と大学、みんなで考える生野の明るい未来〜

日時:2016年3月26日(土)19時〜21時
場所:生野区役所 6階大会議室
会費:無料(定員100名)
詳細&申し込み:
http://www.city.osaka.lg.jp/ikuno/page/0000343834.html

大阪市内でも最も空き家の多い区のひとつである生野区
幅の狭い道が多く、老朽した住宅の建替えが進まないために、
防災性や地域活力が低下していく恐れもあります。
一方、区内には、まちへの愛着が深く、実行力の高い地域団体、
長屋を魅力的に再生した事例、意欲的で個性的な事業者とそのアイデアなど、
数多くの“資源”があります。
生野で動き出している取組みをご紹介しつつ、
さまざまなアイデアをプロフェッショナルたちが持ち寄り、
生野の未来について考えます。

◎パネリスト(敬称略、五十音順)
北 圭司(NPOライフデザイン 代表)
小池 志保子(大阪市立大学 准教授)
米田 淳(大阪府不動産コンサルティング協会 副会長)
宮部 浩幸(近畿大学 准教授)
山田 岳人(株式会社大都 代表取締役

◎プログラム
1、地域主体の仕組みづくり
2、空き家リノベーションコンクール
3、建替えのすゝめ
4、須栄広長屋・オープンナガヤ大阪
5、DIYムーヴメントの可能性
6、新しい価値をつくるリノベーション
7、みんなで生野の明るい未来を考える

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
☆3月下旬刊行予定☆
『不動産の価値はコミュニティで決まる 土地活用のリノベーション』
甲斐 徹郎 著
持続的に価値を伸ばす新しい不動産の営み方
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1358-0.htm
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
馬場正尊/Open A 著
退屈な公共空間を面白くするアイデアブック
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm

広告を非表示にする