gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

『自治体文化政策』 & 『海外旅行クレーム予防読本』関連イベント( 3/23 、 3/24 @東京)

■(1)『自治体文化政策 まち創生の現場から』出版記念セミナー
 自治体文化政策とオリンピックプログラム −京都市がめざす文化政策− ゲスト:建畠 晢さん

日 時:2016年3月23日(水) 18時00分開場、18時30分〜20時30分頃まで その後交流会あり
場 所:千代田プラットフォームスクエア ルーム401
会 費:1000円、定員30名(先着順)(交流会は実費です)
    『自治体文化政策』ご持参の方、会場でお買い上げの方は会費500円
詳細&申し込み:
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1603hiratake/index.htm

趣 旨
『自治体文化政策 まち創生の現場から』は京都市の行政現場のトップである平竹さんが、
世界の文化政策の流れを紹介しながら、その経験を踏まえ、自治体文化政策の現在のあり方と向かうべき未来を書かれた本です。
地方創生は行政の力抜きには考えられません。
京都市も戦前から観光・文化政策に取り組み、また近年は「景観・文化・観光」を核に「京都創生」掲げて総合的な文化戦略に取り組んでいます。
ですから地方創生に文化政策から取り組まれようと考えておられる皆様に、きっと参考になると思います。
後半では建畠晢先生にコメントをいただき、お二人の議論、そして会場の皆様を交えての議論をいたしたいと思います。

◎関連書籍
『自治体文化政策 まち創生の現場から』
平竹耕三著
地域資源を最大限に活用するための手法
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2617-7.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■(2)クレーム予防の答えはすべて現場にあり
 『海外旅行クレーム予防読本』出版記念セミナー@東京
                  安田亘宏さん、菅生洋さん

日時:2016年3月24日(木曜日) 18時00分開場、18時30分〜20時30分頃まで
場所:東京/文京区シビックホール3階特別会議室1
会 費:1000円、定員50名(先着順)
    『海外旅行クレーム予防読本』ご持参の方、会場でお買い上げの方は会費500円
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1603yasuda/index.htm

本書は、あるお客様相談室で年間4000件のクレームと向きあった菅生さんの経験を凝縮した本です。
理不尽に見えるクレームにもそれなりの背景があり、きっかけがあります。
だからこそ、ちょっとした気遣いでクレームを防ぐことができるのです。
海外旅行の不振が目立ちますが、旅行業界にとっては依然大きな市場です。
衰退を座して見ていてよいのでしょうか。
「答えはすべて現場にあります」(田川博巳)。現場から生まれた本書は旅行会社、添乗員、ガイドさんから広くホスピタリティ関係者にのお役に立つでしょう。
 本セミナーでは本書の概要と、載せきれなかったいくつの話題をお話頂きます。

◎関連書籍
『事例で読み解く 海外旅行クレーム予防読本』
 安田亘宏、菅生洋 著
 旅行の現場で働く人々の必読書。研修に最適
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1356-6.htm

広告を非表示にする