gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会 国際協力アクティブ・ラーニング : ワークでつかむグローバルキャリア( 3/29  東京)

■比較住宅都市研究会
  国際協力アクティブ・ラーニング : ワークでつかむグローバルキャリア
−途上国のインフラ整備および最近の国際協力の動向について
                 
日時:2016年3月29日(火)18時30分〜20時30分
会場:首都大学東京同窓会 八雲クラブ
(ニュー渋谷コーポラス10階1001号室)
報告者:佐原隆幸氏(拓殖大学国際学部学部長・教授)、
    徳永達己氏(拓殖大学国際学部教授)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

要旨:
 近年、若者やシニアの海外ボランティア希望者が増加しています。企業では途上国
との業務提携や技術輸出が日常化し、とくにアジアを中心としたビジネス最前線は日
本経済の生命線ともなっています。しかし、途上国で現地の人たちと一緒に働き、成
功を収めるには情熱だけでは足りません。次々と発生するトラブルを解決する現場力
を身に付けるためには、多くの先人の知恵を学び、事前にトレーニングする機会が必
要です。このため、ワークと呼ばれる実践的な演習形式を通じて国際協力を体感でき
る「国際協力アクティブ・ラーニング」(弘文堂)を刊行しました。本書を用いて国
際協力に必要となる現地のコミュニケーション力と実践力を身に付けるための分析方
法について概説するともに、途上国のインフラ整備やインフラ輸出など最近の国際協
力の動向について報告します。

本の紹介:http://www.koubundou.co.jp/book/b215950.html

講師のプロフィール:
(佐原氏)教授、学術博士(PH.D 開発行政)。1953年、山口県生まれ。上智大学外国
語学部英語学科卒業、筑波大学大学院地域研究科修了、マンチェスター大学大学院開
発行政研究科修了。国際協力事業団(現在は国際協力機構、JICA)、外務省経済協力
局、在チリ日本大使館技術協力担当書記官、国際大学客員教授、JICAインドネシア
務所次長、JICAアジア一部調査役を経て現職。専門は開発計画、参加型プロジェク
ト、国際協力の方法、プロジェクト計画・評価論、制度開発論
(徳永氏)博士(工学)、技術士(建設分野)。1961年、神奈川県生まれ。拓殖大学
学部貿易学科卒業、東京海洋大学大学院商船学研究科修了。青年海外協力隊(タンザ
ニア国)、(社)国際建設技術協会エイト日本技術開発(株)、拓殖大学大学院国際協
力学研究科を経て現職。専門は都市計画、交通計画などのインフラストラクチャー
(社会基盤)開発およびプロジェクトマネジメント

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『アジア・アフリカの都市コミュニティ 「手づくりのまち」の形成論理とエンパワメントの実践』
城所哲夫・志摩憲寿・柏崎梢 編著
フロンティアは、インフォーマルにあった!
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2613-9.htm
『海外で建築を仕事にする2 都市・ランドスケープ編』
福岡 孝則 編著 別所 力・戸村 英子 他著
パブリックスペースのデザインに挑む16人
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2605-4.htm

広告を非表示にする