gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

第 2 回 TFD 日台民間交流国際シンポジウム「官民協働、市参加と地方自治日本と台湾の経験を比較する」( 4/1 〜 2 京都)

■第2回TFD日台民間交流国際シンポジウム
「官民協働、市参加と地方自治 日本と台湾の経験を比較する」
           
日時:2016年4月1日(金)〜2日(土)
場所:元立誠小学校 3階 自彊室
   木屋町四条上ル西側、阪急電車河原町駅1番出口から高瀬川沿いに北へすぐ。

廃校後も住民主導のまちづくりによって歴史ある校舎が保全され、老若男女が集う文化活動の拠点として活用されている
元・立誠小学校を舞台に、「官民協働,市民参加と地方自治」をテーマに、日本と台湾の取り組みを、比較・検討し、
互いの今後のまちづくり・地方自治にいかすことを目的としております。

主催である「財団法人台湾民主基金(TFD)」は、台湾の民主化を今後も発展させ、
世界の民主国との連帯を深めるべく、各国の学会・議会・教育機関などと国際交流を進めてきました。
民主化の進むアジア諸国では、今後、住民参加・合意形成が大きなテーマになるでしょう。
京都のまちづくりが参考になれば大変光栄なことです。

主催:財団法人台湾民主基金会/NPO 法人京都景観フォーラム
企画:台湾・東海大学日本地域研究センター
共催:第30回高瀬川桜まつり実行委員会/立誠自治連合会
先斗町まちづくり協議会/京の三条まちづくり協議会
/都市環境デザイン会議(JUDI)
後援:京都市京都府
お問い合わせ:NPO法人京都景観フォーラム事務局 kkf@kyotokeikan.org

○参加無料/同時通訳あり

内容:
4月1日(金)基調講演
宗田好史(京都府立大学環境デザイン科教授)
「市民参加・公協働の到達点、日本と東南アジアの経験から」
朱景鵬(東華大学副長/元行政院研考会委員東華大学副長)
「社会参加と行政機能:台湾の経験を中心に」

4月2日(土)
・セクションI 「官民協働の仕組みと事例」
・セクションII 「市民参加の事例と発展」
・パネルディスカッション「日台の地方自治発展を考える」

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
★基調講演者・宗田好史さんご執筆★
『町家再生の論理 創造的まちづくりへの方途』
宗田好史 著
町家に新たな価値を見出し高めるまちづくり
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2451-7.htm

『創造都市のための観光振興』
宗田好史 著
市民と観光客が共振する創造都市づくりの道
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1267-5.htm

広告を非表示にする