gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会 母子世帯の住生活問題とシェアハウスの可能性(6 /15  東京)

■比較住宅都市研究会
  母子世帯の住生活問題とシェアハウスの可能性

日時:2016年6月15日(水)18時00分〜20時00分
報告者:葛西リサ氏(大阪市立大学都市研究プラザ 特別研究員)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

要旨:
 2005年、OECDが日本の母子世帯の子どもの貧困実態を取り上げたことを契機に、母
子世帯問題にようやく光が当たりはじめた。その過酷な生活実態はメディアなどでも
頻繁に取り上げられるようになり、彼女らに対する社会のまなざしは、「特殊な人々
の問題」から「身近な問題」へと徐々にシフトしてきているように感じられる。厚労
省は、「福祉から就労へ」をスローガンに、母子世帯の就労支援に力点を置き始めて
おり、如何にして、彼女らの貧困問題を解決するか、就労、所得保障、育児支援、父
の扶養義務など、多角的な視点から調査研究が実施されている。しかし、そこに「居
住」という視点は一切出てこない。この「居住」こそは、あらゆる生活の基盤であ
り、すべての生活行為が重なるプラットフォームである。むしろ、この「居住」に、
就労等、上記の要素は規定されると言っても過言ではない。つまり、現行のひとり親
向けの施策は母子世帯の自立にとって不可欠な要素(就労支援、育児支援等と住ま
い)がまばらに羅列されるに留まっており、それがゆえに、その成果も不振に終わっ
ているとも言える。
 居住保障の欠落こそが、母子世帯の生活行為を大きく制限し、結果的に、彼女らを
経済、居住の両面で貧困に貶めているメカニズムを整理し、その問題を打破する可能
性を持つ、母子世帯向けシェアハウスの可能性について報告いただき、議論する。

講師のプロフィール:
 1975年大阪府堺市生まれ。博士(学術)。神戸大学大学院自然科学研究科修了。大
阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。大阪体育大学健康福祉学部非常勤講師、神戸
松蔭女子学院大学非常勤講師。ひとり親世帯(母子、父子)、DV被害者、低所得高齢
者等の住生活問題を専門とする。主な著書に、「あたりまえの暮らしを保障する国デ
ンマーク」ドメス出版、「これからの住まいとまち」朝倉書店ほか。2016年度、(一
財)住総研の出版助成を獲得し、来春、日本経済評論社より「母子世帯の居住貧困
(仮)」を出版予定。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『近居  少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか』
 大月 敏雄 編著 住総研 編著
介護や子育て、「家族が地域に住む」時代へ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1337-5.htm
『シェアをデザインする 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場』
猪熊 純 編著 成瀬 友梨 編著 門脇 耕三 他編著
最前線の起業家・クリエイターが実践で示す
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2564-4.htm

広告を非表示にする