gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

ソトノバ TABLE#6 「 Public Parklet Japan !道路をパークする仮設空間プロジェクト” Parklet ”とは?」(6 /27  東京)

■「Public Parklet Japan!道路をパークする仮設空間プロジェクト”Parklet”とは?」ソトノバTABLE#6
             
日 時:2016年6月27日(月)19:00-22:00
会 場:bird(東京都渋谷区代官山町9-10 Sodacco 2F)http://bird-daikanyama.com/
参加費:¥3,000円(ワンドリンク+フード付)
※ドリンク2杯目以降はキャッシュオン。
申 込:事前に申込・支払いをお願いいたします。詳細はこちら
http://sotonoba.place/20160627sotonobatable6

ソトノバによるソトやパブリックスペースを楽しく語る座談会「ソトノバTABLE」。
第6回のソトノバTABLEでは、アメリカ・サンフランシスコ発祥で世界中で広がっている「Public Parklet」を取り上げます。
「Public Parklet」は、道路空間のうち、車道の路上パーキングスペースをパーク(公園)のように使うプロジェクトで、
元々「Pavement to Parks」の取り組みの中から波及したものです。
まだ、日本では、歩道版パークレットとして、名古屋・錦2丁目と、池袋・グリーン大通りがありますが、
いずれも期間限定で、常設化までは至っていない状況です。
制約の多い道路空間活用の可能性としてのパークレット。歩道の狭い道路空間にはパークレットは効果的です。
日本でパークレットを導入するにはどんな課題があるのでしょうか。皆さんと考えていきたいと思います。

【タイムライン】
19:00- チェックイン
19:15- イントロ
19:30- トークセッション「パークレット最前線」
「サンフランシスコのパークレットの実態とケーススタディ
遠藤 新氏(工学院大学建築学部まちづくり学科教授)
「オーストラリアのパークレット」
渡邉 真理氏(名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻/
ソトノバ名古屋支部ライター)
「日本でのパークレット導入に向けたスペックと課題」
中野 竜氏(株式会社コトブキ)
コーディネータ:
泉山塁威(明治大学理工学部助教/ソトノバ編集長/
(一社)パブリック・プレイス・パートナーズ共同代表理事)
20:15- ディスカッション「日本型パークレットとは?」
21:00- ドリンクス
※フード:bird daikanyama
22:00- クローズ

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
馬場正尊/Open A 著
退屈な公共空間を面白くするアイデアブック
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm

広告を非表示にする