gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

2016 年度第4回都市環境デザインセミナーご案内 戦後日本都市における闇市と商業地区の復興〜神戸を事例に( 6/28  大阪)

■2016年度第4回都市環境デザインセミナーご案内
 戦後日本都市における闇市と商業地区の復興〜神戸を事例に

日時:2016年6月28日(火) 18時半〜
場所:大阪市立総合生涯学習センター 第6研修室
会員:500円/会員外1000円/学生500円
定員:30名/申し込み先着順
終了後懇親会(場所等は未定。お店で実費精算、4000円位まで)
詳細&参加申込
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/a1606/index.htm

太平洋戦争末期に日本の都市は米軍の空襲によって焦土と化した。
被害面積は約6万4,000ヘクタールで、全戸数の約2割にあたる約223万戸が被災したといわれる。
この焦土と化した都市の各所に闇市が発生した。
闇市は、商業復興の先駆けであると同時に、後に整備されていった都市空間に独特の痕跡を残した。
また、公共空間の商業的な利用の過度の規制の遠因ともなった。
このような戦後の日本都市において闇市が果たした役割をまず鳴海が概観し、そののちに村上しほりさんが、神戸を事例に以下のような内容で闇市の実態についてお話しする。
 A. 闇市の生成・展開過程
 B. 闇市の空間的特徴
 C.経済・交通法令の徹底、街路・広場空間の秩序化

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『神戸の震災復興事業  2段階都市計画とまちづくり提案』
中山久憲 著
今回の震災復興事業でも参考にしたい一冊
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2517-0.htm

広告を非表示にする