gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

JUDI関西緊急セミナー −熊本地震の被害実態と復興の姿−( 7/8  大阪)

■JUDI関西緊急セミナー −熊本地震の被害実態と復興の姿−

日時:2016年7月8日(金)18:30〜
場所:大阪市立総合生涯学習センター 第5研修室
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
会費:会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:30名/申し込み先着順 終了後懇親会(場所等は未定です。お店で実費精算、4000円ぐらいまで)
詳細&申込:
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/a1607/index_k.htm

<趣旨>
4月14日から断続的に起こった熊本地震は、市街地だけでなく集落も広域的に甚大な被害を与えた。
現在も余震が続き、被災者は避難所生活や車中泊を余儀なくされている。
このような状況を広く共有し、今後の復興に向けてどのような取り組みが求められるか明らかにする必要がある。
被災地の研究者として現地の状況を見てきた、熊本県立大学の柴田が、市街地や集落の被災状況と今後の復興のあり方について報告する。
また、被災地の調査を行った大阪大学の若本からは建築の観点から、龍谷大学の石原からは災害対応の観点から、熊本地震の復興で考えるべき論点について提示する。
その後、参加者を交えて熊本地震の復興の姿について議論する。

<プログラム>
柴田 祐(熊本県立大学
熊本地震の現地報告−被災地の状況と今後の復興の姿を考える−」
若本和仁(大阪大学
「建築被害からみた熊本地震における復興の論点」
石原凌河(龍谷大学
「災害対応からみた熊本地震における復興の論点」

討論参加者 角野幸博(関西学院大学)、堀口浩司(アルパック)他

                                                                                                                                        • -

熊本県大分県で被災された学校の先生・学生の皆様へ
この度の熊本地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
学芸出版社では、大学、高専、専門学校、高校等の学校教科書として弊社書籍をご購入いただいた方で、
地震被害(汚損・破損・水濡れ等)により本が使えなくなった学生の皆さまに対し、代替品の発送を行うことといたしました。
詳細|http://www.gakugei-pub.jp/top/kumamoto/kumamotofukko.htm

【復旧・復興関連の資料を公開中】
被災地の皆さまに少しでもお役に立つことができればとの気持ちから、
当社の復旧・復興関連の書籍・資料を、著者の皆様のご協力のもと公開しています。
災害からの復旧・復興関連資料
http://www.gakugei-pub.jp/higasi/index-main.htm
末筆ながら、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

広告を非表示にする