gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会 モロッコとアルジェリアのトラムウェイの近況(6 /24  東京)

■比較住宅都市研究会
  モロッコとアルジェリアのトラムウェイの近況
                  
日時:2016年6月24日(金)19時15分〜21時15分
報告者:西田敬氏(都市再生機構 日本路面電車同好会)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/
要旨:
 ヨーロッパから地中海を面して対岸にあるマグレブ3国のうち、モロッコのラバ
ト、カサブランカアルジェリアのアルジェ、コンスタンティーヌ、オランでは軌道
系都市交通としてトラムウェイが2011〜2013年に開業した。アルジェではこれに加え
て地下鉄も開業し、モロッコではアフリカ初となる高速鉄道TGVが建設中である。
これらの整備には、ヨーロッパ初の高速鉄道を開業させ、LRT整備がピークを越え
つつある宗主国フランスの企業が深く関与している。
 モロッコとアルジェリアのトラムウェイを訪問する機会を得たので、本報告ではこ
れらの現況を報告するとともに、新興国における都市交通整備を議論したい。

参考文献:拙稿「未知なる国アルジェリアに開業したLRTを訪ねて」(「路面電車
Ex07」所収、イカロス出版

講師のプロフィール:
 1973年東京生まれ。1996年、埼玉大学経済学部卒業。(独)都市再生機構勤務の傍
ら、海外39か国180都市を訪問、世界の路面電車・LRTに詳しく、特にフランスの
都市交通を長年にわたり研究している。「鉄道ピクトリアル」誌を中心に執筆活動も
行う。日本路面電車同好会、雷都レールとちぎ、横浜にLRTを走らせる会各会員。
学会活動では交通権学会、日本都市計画学会会員。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
LRTと持続可能なまちづくり  都市アメニティの向上と環境負荷の低減をめざして』
青山吉隆・小谷通泰 編著
なぜ今LRTなのか?効果と課題を徹底検証
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-4082-1.htm

広告を非表示にする