gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

早稲田大学 WBS 『ジェイン・ジェイコブズ生誕百年記念シンポジウム』のお知らせ( 7/16  東京)

早稲田大学WBS
 『ジェイン・ジェイコブズ生誕百年記念シンポジウム』のお知らせ

日時:2016年7月16日(土) 午後1時30分〜6時30分
場所:早稲田大学 11号館901教室(定員130人)
参加費:無料  申込:不要

ジェイン・ジェイコブズは、地域経済や都市経済の研究に新しい視点をもたらし、多大な影響を与えています。
今年で生誕百年を迎えます。
5月末には、『ジェイン・ジェイコブズの世界 1916-2006』という雑誌『環』別冊も発行されました。
今回、ジェイン・ジェイコブズ研究会が中心となり、地域活性や都市再生という視点から、生誕百年記念シンポジウムを開催します。

総合司会: 鈴木俊治(明治大学早稲田大学講師)
第1部 (午後1時30分〜3時)
基調講演1:「次は経済学の番だ――ジェイコブズの問題提起から」
  塩沢由典(大阪市立大学名誉教授、元中央大学教授)
基調講演2:「起業家風土の形成と都市の再生――ジェイコブズの原点」
  清成忠男(法政大学元総長、事業構想大学大学院顧問)

第2部 (午後3時20分〜4時20分)
報告1:「都市と中小企業」
  細谷祐二(経済産業省 地域政策研究官)
報告2:「イノベーション、新産業創出、産業クラスター――ジェイコブズから学ぶこと」
  吉川智教(早稲田大学大学院ビジネススクール教授)
報告3:「都市空間を巡る価値基準と経済論理――J・ジェイコブズ vs E・グレイザー」
  宮崎洋司(プラス社会計画センター所長)
第3部 (午後4時30分〜6時20分)
パネル・ディスカッション:塩沢、清成、細谷、宮崎、吉川(司会)
             会場の参加者と質疑応答、ディスカッション

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』
馬場 正尊 + OpenA 編著 木下 斉 著 松本 理寿輝 他著
新しいパブリックを切りひらく6人の方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1348-1.htm

『公共空間の活用と賑わいまちづくり オープンカフェ/朝市/屋台/イベント』
財団法人都市づくりパブリックデザインセンター 編著
現行制度でも可能な手法を各地の事例で紹介
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-4079-1.htm

広告を非表示にする