gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会 宇都宮市もみじ通りの再生( 7/8  東京)

■比較住宅都市研究会
  宇都宮市もみじ通りの再生
                     
日時:2016年7月8日(金)18時30分〜20時30分
会場:首都大学東京同窓会 八雲クラブ
ニュー渋谷コーポラス10階 1001号室
報告者:塩田大成氏(空間プロデュース 株式会社ビルススタジオ 代表取締役)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/hikaku.htm

要旨:
 東武宇都宮駅の南西に位置する「もみじ通り」は、屋敷街であった住宅地を控えた商店街であったが、衰退して商店会も解散していた。そこに2010年に宅建業を持つ建築設計事務所ビルススタジオを開設した。歩ける範囲においしい食べ物などの店を作りたいと、コーヒー屋、ドーナツ屋、総菜屋など入ってもらう。個性のある店、共感のある店舗を誘致して、空き家の所有者との仲介をすることで、今では17件以上の店舗が事業を始めている。栃木県内の特徴のある不動産をネットで掲示して仲介業務を行い、栃木県で初めてのシェアハウスや大谷石の倉庫を改修しての店舗の事業化も行っている。どのような事業の仕組みで、改修工事などを行い、経営収支が成立してきたのかを報告いただき、議論する。

講師のプロフィール:
 1976年、栃木県宇都宮市出身。東京都立大学工学研究科建築学専攻修了。セントラル・セント・マーチンズ美術大学院(ロンドン)にて美術修士号取得。栃木県宇都宮市もみじ通りで、不動産・建築設計・地域プロデュース・グラフィックデザインなど、「空間/場所づくり」に関わる全ての業務を行う。シャッター通りだった「もみじ通り」では、出店・新規開業の相談から大家との物件交渉などを行い飲食店や雑貨店などが次々とOPENし個性的な界隈を創出。栃木県初のシェアハウス「KAMAGAWA LIVING」、観光商品をトリガーとした地域価値創造プロジェクト「OHYA UNDERGROUND」などのプロデュースを行なう。
ホームページ http://www.met.cm/

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ
馬場正尊、Open A 編著、明石卓巳、小山隆輝、加藤寛之、豊田雅子、倉石智典、嶋田洋平 著
6都市の先駆者が語る、街を変える方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2622-1.htm

広告を非表示にする